Posted on 8月 06, 2019

松屋銀座地下道

Posted in 街物語, 開物成務

伊東屋さんに用事があり4丁目へ、月に1〜2回は松銀に行っているのですが。いつも、特に最近は工事中だったので三越横の出口から出て、三越さんのウィンドウを見て、松屋さんへというのがパターンだったのです、地上が暑くて、おっ、工事も終わっていると、工事前のように松屋横から地上に出よう、松屋の小窓を見て行こうと地下道を行くと、あらら、何、これ、かわいいですねェ、(カッコいいというよりもやり過ぎていないという点で私にはかわいいが適切かとおもい)と、新しくなった支柱とか壁面に初めて遭遇しました。端から端まで3回ほど行き来して、見惚れていました、一個一個を詳細に見ていて、よくぞこれを!具現されました。広告支柱だったころを思うと100倍ほどの価値が私にはあると思うのですが、、、確かNYのグランドセントラル駅に通じるところにも似たような地下パッセージがありまして、壁面一帯をティファニーがとてもレベルの高いグラフィック広告をしていた記憶があり、そこも興奮するスペースだったのですが、いや、それ以上だとも言えて。。。素晴らしい。こういうところってドカーンとした表現は日本各所で見られるのですが、この抑えたセンスの良さと美意識の高さは、さすがに松屋さんです。この二つ並ぶ素晴らしいデパートさんの大きな役割の下の、この表現は松屋さんにしかできないし、デザインという言葉にふさわしい。東京地下鉄の中でも特別な沿線の銀座線の通路、そして4丁目という特別なポイント、そして三越さんの隣、三越の伝統という側面と、デザインという側面で松屋は「デザイン」と宣言した。

ゆかたの表現も素晴らしい、銀座にはゆかたが似合う
どうしてもっと大人がゆかたを着ないのだろうと僕なんか思っています。丁寧な生き方の代表で本当に素晴らしい日本の文化だし、女性にしか似合わないと思うのですが、そう思うのは僕だけかなぁ、花火の衣装ではないですからね、ゆかたに傳の日傘ね。いやね、時代が違うと言ったらそれまでですけど、おふくろが夏はゆかた姿だったのを記憶しています。簡単に着れるゆかたもあるだろうと、まぁ、年中よく着物を着ていたのは確かですけど。男の子供心に残る記憶、だからゆかたは特別だと思うのですね自分は。高校の頃かな学校帰りの線路の向こうで待つ、日傘に端が上がったサングラスの女性の記憶が鮮明にありましてね、誰なのかは遠目にはわかってなくて、すれ違う時に気づいた、お帰り!と、不意をつかれ、あぁ、、、驚いた記憶がある。
美しいなぁ
なんという緻密な貼り込み、ポスターの左下のアルファベットもさすがだなと
唸りました、うーっ。定期的に洗いを通路全体にかけて、意地で維持してください、コストはかかるでしょうが、一年に一度ぐらいですかね、価値あります。松屋のデザイン宣言。
ゴールドの手すりも、バランス感覚にたけていて、右下のアルファベット、スペース・インベーダーのようでかわいい。
ゆかたの横にはもう秋冬が立ち上がって

Posted on 7月 31, 2019

ダルメインのマーマレードはおいしい。

Posted in 街物語
Home of The World’s Original Marmalade Awards を主催しているダルメイン、マーマレードへの思い入れが違います。そこの製品が美味しくないはずがありません。

一度知ったらやみつきになるダルメインのマーマレード、マーマレードの世界を知らしめるべく、マーマレードアワードなるものを主催されています。日本からの出展者も多く、過去には賞を取られたところもあります。そのアワード今年は日本で開催され、好評に盛り上がっていました。

光栄にもMWL でお取り扱いさせていただいています。

Posted on 7月 30, 2019

晴れたら湘南

Posted in THE 神奈川, 街物語
葉山への目的はこれです、葉山マリーナから車で5分の逗子・シネマ・アミーゴさんで上映されています、We Margielaです。
とても興味深い映画でした、ファッション業界のドキュメンタリーで、やはりこういうことがこんなブランドにも起こっているんだなぁと思ってしまいした。とても感慨深い映画でございました。
時間は前後しましたが、映画を見る前に葉山マリーナに新しく出来ていたプリンのマーロウさんへ立ち寄り、ゆっくりと海を見つめていた午後。いいですね、葉山町。
晴れたら湘南江ノ島が遠くに見える〜
シネマ・アミーゴ
現在上映中の4本です。

Posted on 7月 24, 2019

ヤオヤスイカ

Posted in Liberal Arts, THE 神奈川, おいしい, 街物語

スイカとは西瓜のことではなく瑞花のことである。八百屋として西瓜ともかけたと解釈します。単価の高いくだものが主体でなくあくまでも野菜が主である品揃えに非常に好感が持てています。新しい時代の新しい八百屋さんであります。神楽坂の店から始まり、横浜駅ジョイナスの地下に2号店。(株)三越伊勢丹が場所を借り上げ、(株)三越伊勢丹プロパティ・デザインが運営管理する商業施設にあります。時代を変えるビジネスとは、やはりいいものを見ている、目利きしている人の発想から、熱い出店の招聘を受けて出店され、ユーザーに知らされて、ユーザーがじわじわと日々体験して、そのレベルの高さに共感し、顧客になって、いいものを教えたいとシェアされ拡散浸透されていきます。体験→共感→顧客→SNSでシェアの時代。でも一番に素晴らしいのはそのセレクトと販売手法、丁寧に店頭で商品を解説、説明、商品・産地のことだけでなく、その応用、食べ方、調理、料理に至るプロセスを店頭にいる若い人たちが一生懸命に今時の食べ方を研究し実践して説明し続けてくれている、ここが大事。そこに産地の農家さんのこだわりが乗ってくるから、これはすごい、大きな総合店に出来ないことをやっておられる、そして無農薬なのに、美味しいであります。新時代を作る新しいビジネスがすぐそばにあります。美味しい野菜の食べ方の本質がここにあります。これが横浜駅の地下にあるということに意味があります。品揃えのセンスや表現が素晴らしいし、そしてただデザインや表現手法だけでなく、内容が優れているから、尚響くのです。

何気にありますが「すごいお店」さん、時代を変える力があると僕は思います。
「ほんの一例として
トウモロコシ・種類ピュアホワイト。今年の二期作の一期目の収穫物、全国的に見て温暖地と分類される横須賀で生産されている。「Pure・White=純白」という品種にふさわしく、光沢のある粒が敷き詰められた、白一色の非常に美しいトウモロコシです。バツグンに高い糖度があり、多い時では約19度もあり、その数値はメロンなどに代表される甘味を含んだ果実と同等かそれ以上の値で、果物と比べてもなんら遜色ないほど、質の高い甘味を持っています。また、栽培が非常に困難であり、生産に高いリスクをともなうことから生産者・生産量が少なく、希少価値の高い品種として「幻のトウモロコシ」と言われてきました。近年はメディアでの紹介から大変な人気になり、生産者も徐々に増えてきましたが、いまだに絶大な人気を誇るトウモロコシです。それがなんと横須賀で栽培されているという、生産者さんがむつかしいことに取り組まれていることに感慨深いものを感じます。食べられてこその農産物、美味しい地元産。昨日の店頭の写真です。
昨日買った人参とトマト、いずれも長野、トマトが裏まで真っ赤だ、きっと美味しいよ。生産者さんからダイレクトに入荷するのも多いからセンター経由でくる物とは根本的に鮮度が異なる。だから価格も抑えられる。つまりレベルがかなり高いものがリーズナブルというか安い。トレーは尾池さん、こういうものを置いても似合いますね。
横須賀の減農薬西瓜、買いました、まだ食べていません冷やしています。この日照時間の少ない今年の7月にこれだけ育ってくれました。神奈川は豊かです。LOVE神奈川
ビーツも横須賀
この時期ならではの茄子の多様性よ。それを店頭に持ってくる努力に。
とても美味しそうでしたよ。写真では表現できてないなぁ。リアルに限ります、写真は写真。
お客さんに丁寧に扱うことも指導する。これです!みんなが買う食べ物です、それを生産者から預っているのが小売の役目、それが小売の原点。
よくもまぁ、いろんなとろに目が行き届いた品揃えです、いいもの買い付けられてます。
大きかったな
八百屋さんにとってトマトはリトマス試験紙、どれだけ優れたものを集められるか、リコピン。

どこからでも学びにつなげる、すぐそこにあるリアルを見つける。

Posted on 7月 23, 2019

祇園祭 2019

Posted in Made With Love, 街物語, 開物成務

ちまき、扇、手拭い。今年も頂戴しました、本当にありがとうございます。嬉しくて、手に入れるのが大変なのです。僕が先日の京都行った時にはすでに売っていませんでした。月鉾町にお住いのお家ですから、そりゃそうですよね。すごいところにお家があります。

八坂さんからの神のお使い、また一年よろしくお願いします。
素敵な扇
祇園祭と書いてはります
なんと、今年は鳥獣戯人画です!これまた、なんで、鳥獣戯画が集まり来る?

ご縁に感謝とお礼。

Posted on 7月 16, 2019

こんこん ちきちん

Posted in Liberal Arts, Made With Love, 街物語, 開物成務

本日。何は無くともまずは、大変お世話になっております徳力詣で。ご商談。

祇園さん一色の京都でございました。
そして何は無くとも仁王門「うね乃」さん、晴れました京都、らしい暑さに。
助六寿司添えて
肉カレーうどん、辛さからスパイシー感まで好きな味です。
うどん食べてはりますえ
五条坂・陶泉窯の別注のうどん鉢
手描きでございます。
帰る頃には激しい夕立が、そして雷が鳴っていました、梅雨が明けますね京都。

Posted on 7月 14, 2019

去年に続き「ウルクスト」受注会18日より開催します。

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA, THE 神奈川, 街物語
一生物として愛着を持って育てていく、しっかりとした、手に馴染む、シンプルバッグのデザインと用途に愚直な作り手の姿勢、使いながら仕上げていくレザーバッグ。
あまたあるバッグの中から自分らしい逸品を。
MWLはあえて地元で作っている作り手さま達をフィチャーします。何故って同じ地元だから、地元の作り手をご紹介したい。いいものだから。それが可能な物は地元のものを選びます私達は。優れた作り手がいないと出来ないことなんで。私たちが選ばせていただきご紹介、販売させていただくということはそういうことです。
横浜・神奈川で作るということ、そこが大事。私たちはそう思う。

Made With Love YOKOHAMA