葉山の近代美術館

7月13日からだけど、これは行きたい。柚木氏による解釈、なぜ今、鳥獣戯人画なのか。そして「雨ニモマケズ」どちらもうちの店にある、気になって。。

絵本『雨ニモマケズ』原画
(作:宮沢賢治 絵:柚木沙弥郎)2016年
水彩、紙 公益財団法人泉美術館蔵

ART IS HIGHEST HOPE

清水寺に向かう五条坂の陶泉窯

清水寺への参道である五条坂界隈を発祥とする。今もその地で焼かれている陶磁器「京焼・清水(きよみず)焼」国道1号線に沿って五条坂はあります。つまり絵柄は世界遺産の高山寺を元として、陶芸の創作は世界遺産・清水寺の参道で行われているという、京都ならではの貴重なものがさらっとあります。(日本の世界遺産に登録されている寺社の30いくつの内の7割ほどが京都・奈良に集中)大事な物を見逃していたと心から思う気づきでありました。この可愛さは尊いのであります。日本の真に大事で、誠に美しい創作を日常に使えたり、飾れるわけです。その創作は強くて美しいのです。すべての部分は手描き、面も蓋裏も、なんと手の届きにくく描きにくい、急須のその中にも、簡単なことではありません、プリントではありませんので、手描きですからやはり一つ一つの個性があります。「むつかしいことをさらっとしている京都」を代表する大事な創作と言えますでしょう。

人気の独特でかわいい急須のセットが再入荷しました。日本の絵描写のうまさの原点です鳥獣戯画図。うさぎ、ねこ、きつね。ご自分への、先さまへのおもてなしに喜ばれています。これで飲むお茶の味も格別というものです。

MADE WITH LOVE 

リセンヌ小径のMWL STORE

リセンヌ小径(こみち・女学生通り)と言われる由縁はこの地図でわかります。また私どものお店の前に立っていただくとその女学生さんたちの朝な夕なの通りの多さにも驚かれると思います。そう彼女たちが入学から卒業まで、育つ路、だからリセンヌなのです。フランス語で女学生の意味です。

根岸線、石川町駅の元町口から40秒のMWL STOREです。

MADE WITH LOVE

創業の初日から時を刻んでくれていたIBMの壁掛け時計、修理に出しておりました。ありがたいことに復活、修理していただくことができました、ほんとうに嬉しいです。ありがとうございます。トーマス・ワトソンの想いの、学校や工場用の時計、昔、IBMが作っていたのですよ。この透明な部分はアーチのあるガラスで出来ています、まずこのような製品でアーチのガラスはありません。だいたいまっすぐです。出来ないことは全くないでしょうが、とても高額になってしまうからですね、今や。そのIBMの始まりの魂みたいな時計が治ってきて、また時を刻んでくれます、間も無く三年目の紫陽花の季節。

MADE IN USA

MADE WITH LOVE MWL STORE

2019年・新年のご挨拶。

とても清々しい朝を迎えた2019年・元旦でございます。

早いもので三年目を迎えさせていただきました。去年の後半はいくつもの新しいことにチャレンジし、結果を出すことも出来ました。
私たちはそれを「何よりも」「とても」嬉しく思っています。

一年目よりも二年目、二年目よりも三年目
だんだんといろんな結果が伴ってくることの嬉しさを実感しています。

三年目にふさわしいチャレンジを続けてまいりますので。
今年もみなさまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

MWL STORE

最近の三冊

生まれは開港記念館のあたり、 日本大通りのあのレンガの時計塔の辺りという、生粋の横浜人。茶を商いとする人間がしかも横浜でこの人の内容を知らずしては、、、という気持ちで読む。東京藝大設立に大きな貢献のあった人物と言われている。

京都の中華の特殊性、京都で食べるべきは中華なり。かなりオモロイ本です。

寺町の一保堂はん。

お寺さんが多いから寺町。本日も締めは一保堂さんで。

呑んだのは焙じ茶をお湯で淹れ、オンザロックに注ぐ、アイス焙じ茶。香りが立ちやすいのですが、旨味は水か氷だしが良いと思います、でも時間かかるから店頭では無理ですね。湯で淹れると香りが立ちます。老舗から学び続けます。もちろん自分達の視点を持ちながら。
一保堂さんは老舗なのに今の視点を持ちながらの道具使いは素敵。このお皿、出西ブルーの出西窯です、どこにも書いてはいませんがね。別にマドラー無くても成立するのに、マドラーが形良いし。ただ古いだけでは今の一保堂さんはありません。京都の老舗が持つ開物成務の心、いわゆる「開成」です。
進学校「開成」のHP見てみてください、開物成務の由来が載っています。

山笑う茶摘み。

昨日、奈良・月ヶ瀬の「ティーファーム井ノ倉」さんで、三年ぶりに行われました「山笑う茶摘み2018」の茶摘み体験に行ってまいりました。早朝から天候に恵まれまして、とても貴重な体験をさせていただきました。

碾茶(てんちゃ)工場の入り口、一帯は茶農園ばかりの山の中に突然と現れる。

俄然、ワクワク感は高まります。

いよいよ稼働を始める碾茶工場を畑から。どうです、最高の天気でしょう。

三年ぶりの開催に意味があります、参加させて頂きましてよかったです。

最初に井ノ倉当主より一芯二葉の摘み方のオリエンテーション。これ良かったなぁ。
当主の「茶」への愛がひしひしと来ました。

製品「気宇」になる畑、葉っぱたちが上に伸びたくてウズウズしている感じ、一年一度この日だけ、夏も近づく90夜。

とても、とても柔らかい「ベビーリーフ」という表現が正しい。

参加された方は各地から来られています。

エコ・ファーマー認定法人 ティーファーム井ノ倉

最後には井ノ倉さんの奥様と、大学生になられたばかりの次男さんが前で、しっかりと、初摘み「玉響の荒茶」の淹れ方の説明。
畑でいただく「玉響の荒茶」格別のものがありましたよ。
井ノ倉さんは家族が自ら動く経営、次世代となる息子さん二人もキビキビと畑の中を飛び回って、とてもとても感じの良い案内や説明が、
この新茶の葉のように気持ちが良かったです。育っています。

工場内で、ティーファーム井ノ倉ネームも新しい、フォークリフトに目が行って、名前入りのところがこだわり、かっこいいですね。
トヨタです。まだ稼働してませんが素敵。どうしてもこういうところに目が行ってしまって。。。

楽しい時間はあっとういう間に過ぎてしまいました。素晴らしい体験でした。ありがとうございました。
さぁ、この素晴らしく、素敵で、美味しいお茶を、ありがたく売らせて頂きます。
ご縁に感謝、お陰さまで。

Life with Teas & Made with Love
MWL STORE