Posted on 8月 11, 2019

URBANEARS

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
ヘッドホンはさすがに暑くて、これはね布なのですよ、生地を巻いてる、色がネイビーで、10年以上前のもの、でも気に入っていて、インディゴブルーの布や全体の色、布のコードって絡みにくくってストレスありません。耳の穴にかけるだけなので装着感も涼しさも。今はもう廃番で新世代に変わっていますけど。

Posted on 8月 08, 2019

BMWのデザイン

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA

このNew 8シリーズは美しい。最近で言いますとこの8のクーペの美しさは際立っています。NEW Z4もそうですが最近のBMW DESIGN いい仕事しています。

この角度から最高の美しさ、いいです。
美しいデザインで言えば、LEXUSのLC500とか、初めて街中で遭遇した時にはやはり唸りましたね、テスラのSUVのガルウィングもそうでした。フューチャリスティックというか。素晴らしくカッコいいのです、ほんと。青一あたりじゃ普通に見かけるのです、先端を、世界で一番そういう系を見かける場所なのかも知れません、ユーザーのクルマ民度が高い国日本、何せ世界でランボルギーニをアメリカに次いで2番目に売るお国がらです、アメリカ、日本、イギリス、ドイツ、中国、中東と続きます。結構意外ですよね。クルマ民度の高い国に人気のあるランボ。商人・コーンズさんの販売力もそうですけどね。
BMW DESIGNの素晴らしさは頑張りすぎないトップデザインと言いますか、乗ってる自分に違和感がないであろうと思わせる、行きすぎていないデザインがあるように思う。つまりフューチャリスティックでないリアルなデザインと私は定義し、好きですね。あくまでも過去の延長線上にある、つまりトラッドマインドって言いますけどね私は。そう思ってきた、突然変わらない全然違うものに、気づいたら変わっていたというほどのもの。デザインとはね。
この横から美しさはなんなのでしょうか。未来すぎていないところが、そしてやはりスポーツカーなのですBMWは、 ラグジュアリーだけじゃなくて。
スワロフスキーのシフトレバーという、こういう洒落たことをやってしまう、やがて追随されるでしょうね。日本に入る850は全て標準のようです。ゼロから1を生み出すデザイン力。スティーブ・ジョブスがアップルのデザインは、毎日乗るBMWのバイクやAUDIの内装と手触り、タッチから学んだと言い切ったぐらいですから、それもかなり前ですから、まだ登りつめていない頃の話です。車の総合デザイン、エクステリアだけでなくインテリアを含めて、それらをまとめるデザイン力が高いのはやはりドイツ車、今のロールスロイスが美しいのはBMWが作っているからだし、ランボルギーニが美しいのも、ドゥカッティが美しいのもAUDIが作っているからだと言える。作っているというのは会社を所有しているということ、そこに自動車企業経営の意思(デザイン&品質)を経営が注入しているからです。つまりそれぞれの昔のブランドイメージや会社ではすでになく、名前だけがそうであるということで、そうでなければとっくになくなっていて、リブランディングできる精鋭たちが経営するからこそできるものであり、トップのセンスや優れた人材に任せる力量が問われるわけですね。1人じゃ何もできないことを知っている人たちです。自分に出来ないことを人に任せることができる勇気が経営に生きる。ジョナサン・アイヴみたいな人にね。
なんともま美しいまとめ、全てのラインが行き過ぎず、かつ美しさの頂点にある。

Posted on 8月 01, 2019

NEW Z4 のデザインの意味

Posted in Car & Motor Cycle, DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
今年出たばかりのNEW Z4、 基本的にバイクとクルマを作っている会社を信用するという。世界で見ると現在、真の意味ではBMWとHONDAのみ、BMWは飛行機を作っていてバイクとクルマ屋に、HONDAはバイクからクルマを通り越して飛行機屋に。安全性や品質に対する信頼はわたし的には高い。飛行機は飛び上がると無力だから、重ね上げた信頼性のみで飛んでいるからさ。
この握りの太さはハンパない、FUN TO DRIVEのために。握ってごらんそう思う。
ディテールのどの部分にも手を抜かない、BAUHAUSの精神の伝承が現代に。神は細部に宿るから。
この後ろからの美しさは完成されている。LIKE NO OTHERだね。

DESIGN RESEARCH UNIT / MWL STORE

Posted on 8月 01, 2019

松屋はデザイン

Posted in DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA
定点観測の対象 松屋のリビング ここがあるからデザインは救われる。
森正洋は美しい、MWL開業から一度も在庫を欠かしたことのない商品って、これだけだろう。
森さんのしょうゆ差し
造形デザインで最も尊敬するのはこの子です。
有斐閣の昔からのデザインも好きだけれど、やはりこれが売れる、デザインってそこですよね。
田中一光っていう人です神だな
キタトシユキさんのランプ。喜多さんのカッシーナのウィンクチェアは今また斬新な感じがするなぁ。カッシーナ、おかっしーなって

DESIGN RESEARCH UNIT / MWL STORE