Do you have a Honda ?

先週のホンダ インターナショナル ヘッド・クォーター
Made by熊本・熊本工場で作るスーパーカブの60周年モデルが発表になりました。

「Hondaに乗るのは、みんないい人。」1960年代、こんなフレーズとともに、Hondaのアメリカ進出を支え、バイクに対するイメージを変えた「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」。当時のアメリカ向け輸出モデル「スーパーカブCA100」を思わせる、特別なカブが出来ました。誕生60周年の節目を迎えて、スーパーカブは皆さんとともに走り続けます。(カタログより)

嬉しい価格ですよ、普及価格です。製品のコンセプトをそのままに価格に具現されています。くまモン工場で作ってしかもこだわりがてんこ盛りで、です。これは行っとかないとね。

こういう周年モデルというのが作れるホンダ、それほどレジェンダリーな製品が多い、創業の志が製品になっているという物が。この製品が利益を生むとは思わない、多分見合ってない、志で作っているはず。それはお客さんやコアなファンというよりも、社内の最もそのブランドに敬意を払って、好きで入社して来ている、社員達に決定的に効く。20年だろうが30年だろうが、周年モデルの重要性はそこにある。会社の節目の歴史、過去を作って来ていただいた先輩達に重要な敬意を払う、恩返し、それが周年記念モデルの位置づけであり、今いる社員達に腹落ちさせるマインド。そこんところを今もホンダは大事にしているし、今のトップの経営がそれを熟知している。だからホンダのブランド戦略は盤石で、良い製品が生まれ続ける。経営とは敬意、リスペクトなのだから。
HONDAの出自、スーパーカブ。

こちらはアジアで生産されている現代版の125cc。ローカライズするからこそ生き続けて行ける。

誰かの役に立ちたい。次のHONDAへと繋いで行く。

MADE WITH LOVE

ATP 500 ワシントン大会

残念ながら錦織くんは敗れてベスト4に残れませんでしたが、調子は良く全米に期待が持てます、これだけレベルが高い選手が集まると勝ったり負けたりです。

さて写真はおとといのアンディー・マレー、久しぶりに強い選手との死闘の末に試合をものにしました。3時間2分の試合でした。なんと17ヶ月ぶりに高いレベルに戻って来た、今ランク838位ですから、色々あったのだと思います、ケガですから。泣いていたのです長い時間、決勝とかでもないし500ぐらいの大会で、以前のマレーからすると考えられないのですが、よほど思うことがたくさんあったのでしょうね。

コーチも驚いていましたね。

さてズベレフ兄弟、珍しい、レベルの高いところでのメンズテニスの兄弟対決、お兄ちゃんに勝って欲しかったけれど、弟が勝利しました。兄にしたら本当は心中複雑なんだろうけれど、ここのお兄ちゃんは優しい、ずっと見ていてそう思う。
年が少し離れているので、当然少し前までは兄の方がランクが上で活躍していたのです、それから徐々に弟が天才ぶりを発揮し出しまして、お兄ちゃんを超えるまでに、それでも兄は優しく弟の活躍を喜んでいる。
親から見ると複雑でしょうね、さすがに兄弟決戦はね。見るのが辛いどっちが負けても。
ズベレフ弟はフェデラーレベルまで行くかもしれないと言われていますね。そうなるにはファミリーの環境が大事なのですよね。

こう言う風に今も練習も一緒にしてたりしている。プロになるとなかなかねそう言うわけにいかないだろうしね。

終わればこうで、にいちゃんありがとう、おう、決勝まで行けよ。なんだろうなぁ。。。

雑誌「ミセス」

ミセスを読み返していて、「あまりにも美しい」、文字と写真と思って、編集後記を見てみる。
なんと、木村祐治さんの仕事だった。

木村さんの仕事で驚愕したのは2000年に発行されていた「STADIUM」というフリーペーパー、見た瞬間に頭をぶちのめされた感覚がした。このサイズ、なんと言うのだろうタブロイドの4倍ぐらいの大きさ。この写真、文字フォントの選び、全体のデザイン、記事内容もさることながら、とにかく装丁デザインに圧倒された。いまだにこれを超える紙のデザインに出会わない。
これから木村さんの存在に気づき、あぁ、翼の王国、朝日の「GLOBE」(これが始まりのころが全くSTADIUMを彷彿とさせた、その後どんどん変わってしまったが、、、)もかと、自分の好きな紙デザインは全て木村さんが手がけていた、神だ。

ミセスを隅から隅まで読んでいて、神が宿っとるやんか、と思い、後ろを見たらこうだったのだ。
今月号の宮本浩次(ひろじ)のインタビューもいい、写真も、スタイリングも伊賀さんだったね、いい。
なんかずっと読んでいるのに、記事ばかりに目が行っていて、知らなかった。
表現する言葉、見つからない。オレは今日から「ミセス」あらためて、、、

さすが文化出版局

で、ミレニアムの頃の「STADIUM」。出でよ、こういう感性。

りべらるあーつ

セブンアイス パイン

セブンのオリジナルはメーカーと共創した作品(これは製品というより作品クラス)なのだが、なんともまぁレベルが半端なく高いのであります。私、正直パインに目がない、そのパイン好きがこれはうまいと申し上げます。期間限定だろうと思われる。セブンの店頭には”学び”が多い。製品のコピー、フォト、パッケージデザインともにメーカー品を凌駕しています。高収益の秘訣とはこれですよ。誰も気づいていないものだが、すぐ傍にあるものをサクッと具現、他のコンビニと違うセブンの高収益はこれらです。本当に美味しい(美味しいぐらいじゃダメ)とデザインの両立。これは世の全ての製品に言えて、やはりディレクション出来る人の能力、まとめる人のね、点ではバラバラでいくら高いレベルやっていてもダメでトータルでブランドを構成しなければここまで到達しない。その過程では経営の忍耐も必要ですよね。自分に出来ないことを人に任せるという優れた経済人が系譜的に持っている能力とも言いますね。自分が自分を超えなきゃいけないということですね。

松任谷正隆

これは中納良恵さんが歌っているのですが。曲は荒井由実のデビューアルバム「ひこうき雲」に収録されている曲「曇り空」このアルバムの中でも詩が優れすぎていて、このアルバムは名曲だらけで、ベルベット・イースター、雨の街を、そして、ひこうき雲。この時19歳の荒井由実がそれまでに書き溜めていた曲が一気に開いた。どれもこれも詩が、すごくって、僕的に特にこの「曇り空」、少女の感受性の、針のようなツンツンする感情の表現がなされていて、”昨日は曇り空、外に出たくなかったの、気まぐれだって怒らないでね、本気で好きになりそうだから、、、約束だけは気にしてたけど、急にやぶって見たくなったの、、、昨日は曇り空、外に出たくなかったのぉ、、、” 曇り空だったから外に出たくなかったというところ、別に尖った表現じゃないのだけれど、やはり普通の人には書けない、日常視点のこの世代だけが持つ感受性のキレが極まっている。その年齢時代にしか書けないセンテンスの連続が歌になっています。そしてそのバックと質の高い演奏を受け持った、当時キャラメルママの正隆さんや細野さんを始めとした面々、今聞いてもバックの質の高さが聴いて取れます。
演奏が上手いというだけではだめで、やはりセンスなのです、テクニックとクリエイティビティってのは芸術性においてはどうも別物のように感じている私であります。芸術系全般に言えることです。
荒井由実のオリジナル「曇り空」でのボサノバ風バックコーラスでかぶせてくる男ボーカルは正隆さんです。
荒井由実は音源として、初期作品にボサノバの影響を受けている、代表作は「あの日に帰りたい」。このエゴラッピンいいですね。でも松任谷由実さんは「雨の街を」が自分史上最も好きな曲らしいです。ま、あのピアノのイントロがね。