一ツ松綾乃・丹下悦子

女性作家の急須、二題。常滑の新しい時代の象徴的な二人の若い女性の作家さん。お茶を楽しもうという気持ちが伝わってきますよね。日常に変化。

常滑の懐の深さを象徴するような急須・一ツ松綾乃さん
今も、これから先も楽しみな急須作家さん
お茶を楽しむ
女性の視点、ならではの繊細さを
ダイナミックな造形は丹下悦子さん
茶葉からゆっくり、ゆとりが出て、極上の瞬間の到来
らしさ
こんな急須、今まで考えた人いなかった
黒に、抑えた、金
中も外も、刻印すらも、考え抜かれた、安土桃山のようなと表現したいな

MADE WITH LOVE STORE

らしさ

ハイクォリティ・スーパーとしての紀ノ国屋さんの存在を確固たるものにしているのにはこういうものの存在があります。洒落です洒落。紀ノ国屋オリジナルのジッパーバッグは秀作であります。それをコラボしてスイカとかENODENとか、その秀逸なるキャラ選び、それこそが紀ノ国屋さんのイケてる具合を示す、リトマス試験紙と私は思っています。企業・ブランドのブランドコントロールと何か足んない「あそび」の余裕の部分、別に無くてもよくて、でもあった方が確実にその存在を確かにさせるモノのことですね。このキャラクターを紀ノ国屋が扱うのがいいわけです。こういうことがセンス良く出来る企業って本当に少ないし、だからこそ紀ノ国屋さんはその業界のトップにあり続けて(売上でなくて)ブランドイメージや品質への信頼、使うことの満足感を維持続けていられるわけだと思います。これはやはり東京にしか出来ない都会感覚なのかも知れません。企業の風土っていいますけどね、それを。キューピーさんの渋谷のビルがすごいのもそこだと思います。

これがオリ。大ヒット商品、色もオレンジにムラサキがあります、ま、センスです。あのKINOKUNIYAバッグのプーさんコラボもいいです、「通いバッグ」としての品質はとてもいいですよ。普通にバッグとして使えます。

180 Degree South

ノース・フェイスのファウンダーであるダグ・トンプキンスとパタゴニアのファウンダーであるイヴォン・シュイナードはエル・キャピタン(ヨセミテの壁)を根城としていた頃からの盟友であった。その後二つの会社を興している。その彼らの若い頃の原点の旅とその後何十年も経ってからの再びの旅、180とは南米パタゴニア地方をカリフォルニアから見た位置付けの旅を指す。数年前にダグはアウトドアの帰途の途中に低体温症で亡くなった、イヴォンの寂しさを思うと。。。今やこの2社の影響たるや、特に日本、世界でも例を見ません。でもね、パタゴニアの一時期をモンベルさんが救ったし、ノースはゴールドウィンさんがそのクリエイティブを盤石なものにして今があると思います。2大ブランドと日本の切っても切れない関係の話です。でもzeroはアメリカから生まれている。ゼロから1にするむずかしさ。1から2、3、あるいは5には出来るんだ、あるんだな、要は何もないところ、つまりゼロから産むことのむずかしさ。それをファウンダーって言います。

伊藤 成二・甚秋陶苑

新しい表現にチャレンジし続ける伊藤 成二さん
ポスト・モダンの急須、モダンの後継者
素材やステンの曲げ、絶妙な太さ、取り付け部分の素っ気なさ、モダンそのものだ。
これでうまいお茶が飲めるんだから
常に急須の未来を切り開いて来られています。
それを意識されてるか否かは別にしても、私にとってはとてもアール・ヌーボーな曲線が随所に見られる、取っ手の上部のクルッとした曲線とその難しいであろう取り付けに。ボデイに描いたライン、蓋のつまみの反りなどヌーボーなんだなこれが。急須をロクロする過程で多分色んなことを作家は思ったと思う。まさに急須アール・ヌーボーだな。ついて行くのがやっとの急須の世界、だから急須は面白い、小さなアートの塊なんだよ。この位置からが一番好きかな、それにしても取っ手の上部の反り返りのヌーボーさと言ったらないなぁ。。。
成二さんのポスト・モダンの展開には興味が尽きない、盤のシリーズもその延長線上にある。そう理解している。常滑の多様性をもっと色んな人に知ってもらいたいのだが。。。

お父さんだってほめて欲しい。

昨日に引き続き「吉川雪堂」さんの急須のこと。常滑の急須に一目惚れ、ばかりしています。

来週は「父の日」お父さんだって、褒めて伸びるんです。褒めて欲しい。そんなお父さんに男性受けする急須を、大ぶりでたくさんお茶を飲みたいお父さんにぴったり、つるつるの表面が気持ちいい、どうしてこんなに綺麗な表面になるのでしょう、茶漉しの部分の穴は神経質なほど丁寧に一個ずつ開けた穴です、これだけでも技量の高さが見て取れます。急須を知れば知るほどこの急須が好きになる、沢山の種類が欲しくなってしまう、それが急須愛の始まりです。

この膨よかな下ぶくれのラインがいいです。こんな形、見ませんもの。
美しい。
この文章に魅了されてしまいました