Posted on 9月 23, 2019

信楽焼(しがらきやき)

Posted in Made With Love, お取り扱い商品

信楽焼(滋賀県甲賀市)の特徴は素朴さを生かして、日本的な風情を表現することにあります。このため無釉の焼締めが得意で、土の中にある鉄分が赤く発色する緋色、火色(スカーレット)自然釉、松灰に長石をほんの少しを加えたビードロ釉薬などが特色です。焼締めは陶磁器の分類上では拓器(せっき・半磁器、焼締めと呼ばれ、陶器と磁器の中間の要素を持ちます)であり、古墳時代の須恵器(焼締め)を基に発展してきた技術です。一般的に陶器は素地に吸水性があるので日常生活での用途が限定されるため、釉薬をかけることが一般的です(陶王子の旅でも語られています)。焼締めも広義には陶器の一種ですが、高温で焼成させる為、硬質で吸水性が少なく仕上がるため施釉しません。常滑などで見られる急須がそれにあたります。このことから、自ずと土その物の特徴を生かした素朴で味わい深い出来上がりとなるのです。

信楽六寸織部皿(約18cm) ¥3,200-
私の大好きな織部、織部は追いかけますこれから、産地そのものを。
信楽六寸白皿(約18cm)¥3,200-
信楽五寸鉢・白 (約15cm) ¥3,200-

10月からの今年後半の朝ドラ「スカーレット」は信楽を舞台にした焼き物作りに生きる人たちのドラマです。作品の説明でもしましたが、スカーレットは燃える炎の赤の色、窯の中にある炎の色のことです。信楽にスポットがあたり、間違いなく訪ねる人も多くなりますね。焼き物がフィーチャーされる、嬉しい限りです。

NHK 10月からの朝の連ドラ「スカーレット」より
私がなぜこの信楽焼きの半磁器をずっと取り扱ってきたか、それはひとえにその考え方にあります、陶器と磁器の間にあって両方の良いところを形にしたモノだからです。特にこの作品は素朴さとモダンさが共存していて、和にも洋にも似合い、お料理が際立ち、たった一枚で存在感を示す、稀有な作品性があるからに他なりません。日本にはまだまだ、至る処にいいものが存在しています。日本探しの旅。

Posted on 9月 21, 2019

森正洋が白山陶器に残した優れたデザインと確立された波佐見ならではのモダン。

Posted in Made With Love, 私が選ぶスタンダード
表にも裏にも、施される、森正洋ならではのデザイン、そのモダンさはいつも新しい。シンプルでいて普遍、ごはんが楽しくなる茶碗。
高い品質とクリエイティビティーの具現を、一つの形の茶碗に100種類以上のデザインがある。
茶碗は重要な器なんでもいいはずはない
なんと美しく、センスの良い色なのだろう、惚れ惚れするごはんが確実に美味しくなる。
作られた時代を遥か超えていたその思想は今もこれからも変わらない。ごはんが残るからであります、やがて日本人はごはんに帰す。
共通するのはモダンであるということ。
私と森さんの出会いはこのミニカップだから扱い続けます。
陶器のことだけではなく、モノづくり、産地、産地を生かす、産地の雇用を守る、生産性と付加価値の共存の現代的思想、ライフスタイルは変遷するということ、そんな中のデザインの普遍性、品質管理の重要性、そして尚、先端性のさらに先を行くデザインであること。などを沢山のお話をした中で教えていただきました。その思想は私が表現してきたことの中に生きて、花開いています。

Posted on 9月 13, 2019

お知らせです。

Posted in Made With Love, お知らせ

モリデザインコネクション展石川町ストアーにて昨日より開催中です。この土日も店開けます。

青山の国連大学にてのお茶の平和祭典「Tea For Peace」は明日、明後日の、この土日です。明日はまだ天気は良さそうです、是非とも、そしてMWLの出展場所は屋内です、是非ともお越しくださいませ、よろしくお願い申し上げます!ファーマーズマーケットとお茶の祭典をお楽しみ下さい。ちょっと涼しくなりましたから、お出かけ日和の明日です。美味しいお茶と、それを美味しく飲むために必要な茶器があります。

リセンヌ通りのMWL STORE

Posted on 8月 19, 2019

TAMPICO / France

Posted in Made With Love, お取り扱い商品

南仏のエスプリと言えばタンピコ、全ての工程をフランスで作っています。南仏カジュアルと共に歴史を刻んできた代表的バッグです。

写真はイメージです、形は他にもありますので店頭にてご確認お願いします。MWLがMade With Loveを具現した定番バッグとしてお奨めを続ける南仏カジュアル、タンピコのバッグ。

Posted on 8月 19, 2019

Mary McCartney ②

Posted in Made With Love, ジャムおじさんのジャム日記

さらに次の日アスパラが残ったので、オーブントースターでやってみる、前のはパイ生地をオーブンでしっかり焼いたものでしたが、もっと簡単にと考え食パンで実践した。下ごしらえとして下に敷いたブリッツのスモークチキンとアスパラはオリーブオイルでソテーして、特にアスパラは細いと言えどしっかり火を通した方が、また茹でを使うよりもソテーした方が野菜の旨味が残るように感じました。火をしっかり通すということですね、強火じゃなく弱火で通す、残る色が綺麗だから、そしてブレッドはユニオンさんで売っている紀ノ国屋イングリッシュブレッド、これでなくてはならない。2分半ほど先にトーストして軽く火を入れる、そして具を載せて本焼き、この本焼きの時はアルミホイルを下に敷いた方がパンそのものが焼けすぎなくて良い、まぁ好みです。手間がかかっているように見えますがリズムでやっちゃうと別にそんな大したことじゃない、美味しさに近道はありません。ピザトーストのように見えますが、違う、下ごしらえしている分、旨味がしっかりと乗っていて芳醇ですよ。

アスパラはミニアスパラガス、夏はアスパラだね。オリーブオイルを少々。

Posted on 8月 19, 2019

Mary McCartney

Posted in Made With Love, ジャムおじさんのジャム日記

作ってみました。我ながら美味しいです。結構食べた感じがします。パイ生地の上に乗せていますだからパイですね正確には。本の方はヴェジタリアンですがこれはベーコンを下にひきました。チーズも二種混ぜ。アスパラは下ごしらえして乗せてます、熱々が美味くて結構お腹にも十分です、よく焼いたチーズが好きなんで、焼きいれてます。これで二人分かな。

元ネタはこちら、こちらはタルト。

Posted on 8月 19, 2019

Margaret Fulton⑤

Posted in Made With Love

Slow Cooking for Better Life ! スロークッキングを!

アメリカに注文していた本が届きました。素敵です。
これからの秋の北海道のキタアカリを使ってやりたいな。

Posted on 8月 17, 2019

明日の夕飯はこれに。

Posted in Made With Love
なぜ明日か、今日は食事会があるからです。メアリーのレシピから、スモールアスパラのタルティーン風オーブンですね、これ作ります。美味しそうです。
これはビートルズ後のポールの2枚目のアルバムRAM ビートルズでいることに疲れたポールは愛妻リンダの強いすすめでスコットランドに農場を持ち、ロンドンを離れ、暮らすことになる。ロックジャイアントたちのカメラマンだった、アメリカ人、リンダ・イーストマン(kodakとは無縁)はビートルズ晩年の彼らの素敵な写真を撮っている、そういう縁もありポールと再婚することになる、そして、ポールとリンダの間にメアリーが生まれて、ステラも生まれ、弟も生まれる。この農場暮らしはメアリーやステラに決定的な母からの影響を与えることになった、メアリーはカメラマンであると同時にフーディストでもあり、母からの影響の料理をたくさん作っている、ステラが動物由来の素材を頑なに使わない精神を問い続けるのも母の影響。リンダ・マッカートニーの影響。彼女たちにとって、おそらくこの時代が一番思い出に残っている時代なのだろうと思うのです。ポール、馬乗るのうまいです。

かっこいいばかりじゃだめで、自分たちがリアルにどう作れるかであって、仕事に追われる日々で、せめて作れる日はこういう風に、ヒントをもらった本からのその背景も含めて、思いを込めて自分で作った料理を盛って食べたいものですね。難しくなくていいし、かっこよくなくていい、そういうことで日々の暮らしがちょっと楽しくなるのかなぁ。。。

Posted on 8月 08, 2019

アンシャン・テ・ジャポン

Posted in Made With Love, おいしい, 私が選ぶスタンダード

アンシャン・テ・ジャポンのフランス紅茶は美味しさ、香りの豊かさが特徴です。有能でヨーロッパで活躍するティーブレンダーが豊かな経験と世界からたくさんの素材が集まるヨーロッパで仕上げています。ここでいうヨーロッパとは主にフランス、ドイツ、イギリスのことを言います。そこが上質と他にない美味しさの理由です。

製品そのものが美しいもの、そして美味しさを選び抜いています。美味しいお茶ならMWL STORE

MWLはアンシャン・テ・ジャポンの紅茶