2019年・新年のご挨拶。

とても清々しい朝を迎えた2019年・元旦でございます。

早いもので三年目を迎えさせていただきました。去年の後半はいくつもの新しいことにチャレンジし、結果を出すことも出来ました。
私たちはそれを「何よりも」「とても」嬉しく思っています。

一年目よりも二年目、二年目よりも三年目
だんだんといろんな結果が伴ってくることの嬉しさを実感しています。

三年目にふさわしいチャレンジを続けてまいりますので。
今年もみなさまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

MWL STORE

葉山のコウダスタイル

コウダスタイルのオーダーバッグを受け付けています。
海の町、神奈川こそのバッグだと思います。帆布と色の鮮やかさ。
じわじわとオーダーいただける機会が増えてまいりました。
一人の作り手が作るので、4ヶ月お待ちいただくことになるのですが、そこはそれ、色とか仕上げ方を自分仕様に作り上げることができます。春から夏の仕様と思えば、今オーダーして19春の始まり、桜の頃に手元に届くわけです。そこをご理解いただける方が増えてきました。
自分の本当に気に入ったものを丁寧に作ることを試されては如何でしょう。きっと気に入っていただけると思いますよ。
思えば自分は洋服はほぼその買い方、先物を予約して購入していますね。
何故なんでしょうね、きっとモチベや楽しみになるからです。

これは女性が持つと特別かわいい、名作「スワン」っていいます、大と小があります。店頭には型のサンプルと生地サンプルがあります、じっくりとお考えくださいませ。

じっくりと、良いものを見つめ続けさせていただきます。
MWL STORE

新港埠頭にあるMARINE & WALK のクリスマスマーケットに出展します。

小さなブースでの催しです、ミナトヨコハマの絶景ポイントのMARINE & WALKにちょこっと出展します。
12月8日(土)9日(日) 12時から18時までです。
寒いんでめずらしく男の僕一人のブースです。茶器、お茶など & 食べ物の新作を販売します。とはいえ、マリンウオークは開業した頃から、横浜でも大好きなモール、なぜって海っぺりが暗くなってから横浜らしいから。マーガレット・ハウエルにロン・ハーマンとお店も素敵で今の時代の横浜に相応しいから、スティーヴン・アランが無くなったのは本当に惜しかった、これからなのに。

http://www.marineandwalk-events.jp/xmas-market-2018/

次へ
MWL STORE

Ko’da style のバッグが入荷します。

New Arrival Item Ko’da style
葉山のコウダスタイルさんの帆布バッグのお取り扱いがスタートしました。コウダさんとはもう15年以上かな、ぐらいのお知り合いですね。
時期が来ればお願いしたく思っていたのですよ、その時期が来ました。嬉しいです。そして素敵なバッグです、神奈川の名作を一つずつじっくりとお取り扱いさせていただきますので、お付き合いくださいませね。まずは私達がお客さまのことを思い、コウダスタイルさんの作品の中から3型、私達のお客さまに今までの店頭経験で、きっと気に入っていただける形、色を選ばせていただいています。神奈川の豊かな海のスタイルを想像した本当の神奈川らしい作品と申しましょうか、一つ一つの丁寧なLOVEを込めたモノ作りの経験とセンスが光り、葉山の海の町の香りがします。店頭にてご覧くださいませ。

これ可愛い形のバッグなのですよ、丸底のトートの周りに、花が咲いた様にちょっと大きめなポケットをぐるりと取り付けています。また内側には、携帯や定期などを入れるのに丁度いいサイズの内ポケットも付いています。少し時間を頂戴はしますが、沢山の色の中からオーダーすることが出来ます。生地のサンプルをご用意しています。店頭でご確認くださいませ。うちのお薦めです。

MADE WITH LOVE
MWL STORE

元町通りの伊東屋さん。

オープンされて、行きたくて行きたくてだったのですが、青山から帰って来る頃には営業が終了されてますので、そしてこの2ヶ月ほどは結構多忙だったものですから、本日初めて行かせていただくことに。素晴らしいですね品揃えが。出て来る頃には両手が衝動買いの嵐に。モノ好きな僕にはうなるものばかりでした。
本当に元町に出店していただいてよかったです。この流れでNEXT、TALBOT跡の大箱の空き店舗にいいお店に来ていただきたいものです。

商品を見てまして、ボールペンのところで特に買う目的もなく、104年の歴史のある伊東屋さんのオリジナルの万年筆ROMEOのシリーズのボールペンで目が止まり見ていましたら担当の方が来られて、詳しく説明いただいてしまい、そして書いてみて、そのあまりの滑らかさや持った時の感触の良さとか、マーブルの色、真鍮にメッキを施した金具の素材や質感などがとてもよく。肝心のペンインクの部分もドイツ製を使っています、だから滑らかなのです。納得。適材を適所に持ってきてます。Bodyの全てが日本製でほとんどの工程が手作業だとおっしゃってました。惚れましたね。
衝動買いしてしまいました。この品質、この面(ツラ)にてこの価格を全うされていますね、税込みで9,180円です。私、価格を超える本質一本で目利きしますので、オリジナルで開発されたこういう商品のレベルの高い製品には目がありません。すごい商品です。

牡蠣そば。

牡蠣のシーズン到来で関内の利休庵さんへ。
関内には、天ぷらの天吉さん、カツの勝烈庵さん、そして利休庵さんというレベルの高い老舗が多うございます。
お客様もそれぞれ大人ばかりです。横濱の地元中の地元に愛され続ける銘店。

待ちに待った牡蠣そば、牡蠣は北海道からのもの。たっぷりと大粒の牡蠣が入っています。

これが好きでしてね、蕎麦巻き寿司、いなりもあるのです、そちらも好き、今日はこちらで。

蕎麦湯も鉄瓶に入って出てくる、老舗ならではスタイルでございます。取手に添えた掴み布も。老舗は気遣い。

MADE WITH LOVE

土曜日の夜は。

久しぶりに集まって呑もうということになり。食事は軽く済ませた上で、それぞれの手作りを持ち寄るということで集まりました。
とは言え自家製スモークされたものから始まりみんなが作った入魂ものが色々集まりました、ありがとうございます。とても美味しかった。

お酒は僕が今夢中になってる、サントリージンの「六」これが本当に美味いんだ、香りが良くって。
みんな美味しいと言ってました。

美味しいはずです、サントリーの魂が込められていました。

https://www.instagram.com/suntory_rokugin/

URUKUSTの革製品

他でなく、神奈川・横浜で造られているということに、横浜に住むものには意味があると思っている。それでしか出せないものはあると常日頃から思っていますね。「THE神奈川」それを石川町で売る。素敵な製品で、その条件が合う作品を取り扱うという趣旨が僕らにはあります。だから、少しずつしか増えてい行かないですよ、年内にもう一つの作り手が登場します。好きなものは多くはない。LIKE NO OTHER
売れるものじゃなくて、好きなものしかやらないから。人であり物、というか作品。

この秋の新色グレーが良い革小物。

二周年のお祝いにと。

親しい友人からいただきました。
なんとなんと、可愛いくて素敵じゃありませんか。
オール手作りですよ、旗も、、、泣けます。
横浜の色、横浜の船、この旗に意味があります。
そして手描きで描いてもらった文字。
ありがとうございます、感謝としか言葉がありません。

沢山の方々に二周年のお祝いをいただいております。
もう、こちらがお渡ししなきゃいけないのに。
ほんとうにありがとうございます。
お陰様です。
この場をお借りしまして、感謝と御礼を改めて申し上げます。

いつもありがとうございます。
MWL STORE