KOYA BAR

すでに本日帰国してまして、時系列で前後しますロンドンの話しが続くと思います。
噂を聞きつけまして、SOHOで一番美味しいという日本食のお店。そこの噂のうどん。この写真にある通りにまだ時節柄ギリギリの”お雑煮うどん”ってのを注文しまして、出てくるまで時間は少し待ちましたが、店中に香るのが鰹節の出汁の香り、日本の店でもこれほど鰹の香りが漂う店はあまりないでしょう。期待が高まります。出てきたお雑煮うどん、カブラや人参、ねぎ、もちと入ってまして、見た目ではカブラが硬いのじゃないかな、と余計な心配をしてました、食べてみると、これがしっかり熱が入ってまして、硬くなく、でも新鮮さも残していて、時間がかかっていたのもこだわりの一つで、火が通りすぎていない感触であっさりと丁度いい感じ、出汁がこれまた薄味で思った通り鰹が効きすぎぐらい効いていて、なんかこの出汁どこかに似てるなと思ったら、京都の仁王門のうね乃に近い。出汁の際立ち方が似ていると。
うどんは讃岐うどんで、茹で時間や水での晒しなどにこだわっているように見えました。当然うどんも美味しいですよ、なんか一気に食べてしまったので、うまかったのでなんかよくわかりません、とにかくうまい。お客さんは大半がイギリスの方、上手に箸を使っています。
朝は早くからやってますね、そのメニューになんとイングリッシュブレックファーストうどんってのがあって、ベーコンと目玉焼きが載ってでてくる、これがうまいと評判、うどんの概念が変わるとか。
とにかく、基本の出汁とうどん玉がうまいから応用が効くのでしょうね、何でも一緒だ。隣で食べていたイギリス人女性、お馴染みさんらしくスタッフと話していて頼んだのが、鍋焼きうどんと鳥の唐揚げ、えーそれ昼から一人食べかい、、と突っ込みたくなる美しい人でした。
鳥の唐揚げがポン酢がけで美味そうではありました、また来ようと思った瞬間でした。ロンドンで日本食食べたくなったら是非、お勧めですよ。

DESIGN MUSEUM 2

テレンス・コンラン氏の数々の偉大なる功績には、ハビタ、ヒールズというモダンインテリアストアの立ち上げ、そして数々のレストラン群、それらの集大成としてのコンランショップがあるのですが、私は他の何よりも、テムズ川沿いにあった頃からこのDESIGN MUSEUMこそが彼の最大の偉業だと思うのです。デザインの系統や思想や国の背景、規模は異なりますが柳宗悦の日本民藝館に匹敵するもので、パトロンを説得させる、それは柳も同じ。社会に対するデザインの重要性を納得させる、圧倒的なプレゼン力とプレゼンス、役割があるのです。

で、本題、ミヤケイッセイ先生の作品をリスペクトしまくる、コンラン先生なのです。そういやあスティーヴ・ジョブスもそうでしたね、ISSEY MIYAKE それしか着なかった、デザインを突き詰めるとこうなるのですよきっと。このワンピースやBAOBAOのデザインソースは日本の折り紙で。言えば簡単ですが、よくもまあこんなワンピースやバッグに落とし込むことができるものですね、世界を驚かせ続ける日本のデザイナーと匠の成せる技です。

DESIGN MUSEUM

出発までの僅かな時間を利用し駆け込む。新しくなってからこれてなかったもので、喜びもひとしお。

デザインを志している若い人は早い段階でここに触れておく必要があります。
では帰国です。

JW ANDERSON

ショーディッチの真ん中に出来てました。これからのロンドンファッション界の中心を生きて行く類い稀な人で若い。それにしてもいい場所でした。

ナイキのラボもショーディッチにひっそりと気付かれないところにある、わかりにくい一本裏手にひっそりと、がこちらのはやりでもある、石川町と一緒だねそこんところ…

THIS IS SOHO

ロンドンのソーホーはやはり面白い、カオスだ。RAPHAのショップとカフェを見つけた。歴史を重ねて支持を獲得しています。
始まった当時はかなり尖っていましたけれど、自転車とファッションというジャンルを進化させました。やはりロンドンでは人気者なのですねー。
カフェを併設というのはもう当たり前の事象であって、その環境に何を盛り込んでコミットさせるかにあります。ロンドンはNYや東京に比べてあまり景気はよくないとはいうものの、新しいムーブメントへの活気はあるように思える。
ま、それはいつものことですけどね。直近の今、世界を牽引しているのは米国と日本ですね。中国はもとより、別格ですが。

I LIKE LONDON

ショーディッチ・ハイ ストリート

ロンドンに入りました。LONDON CITY AIRPORTに着きましたから根城にしているショーディッチまではヒースローからよりも半分くらいの距離、時間もタクシー代も節約出来るのです。ランディングして2分でゲートだし、イミグレーションも国内線みたいな空港だから早い早い、質問も簡単、ヒースローだとこういうわけには行きません、ストレスがホテル着くまで上がり続けますから。タクシーがロンドン中央部を抜けて来ないのがいいですよ。もっともフライトはEU圏からがその殆どですけどね、便利な空港です。

ホテル着いて荷物解いてすぐに街中をリサーチ、GOOODHOOD ステキな店が多いロンドンの中でも現在際立って良いショップ、ハイブランド過ぎない品揃え、スニーカーの選びのセンスはロンドンでもピカイチでしょう、今の時代こういうお店のレベルはスニーカーの選びでそのセンスが計れますから。リトマス試験紙です。
地下の雑貨も面白い、世界の雑貨ショップが日本のKITTEビルの雑貨みたいになりがちなところを、独自性がありますね。バランスがいいです。

洋服プラス雑貨は重要なファクターですね。

今年行いたいと思っていますこと。

いつも本当にありがとうございます。
新しい年が動き出しました。私たちにとっても2年目の春を迎えようとしております。そろそろ新しい事にも取り組んで参りたい気持ち、環境が整えばと、かねてよりの考えでございました。
セカンドステージですね。
お店は月~水お休みを頂いておりますが、そのいずれかの日を利用しワークショップを開催させていただこうと考えています。いくつか候補が挙がっており、只今内容を詰めています。決まりましたら発表させていただきます。
何よりもその内容が私たちらしいことを。
楽しく、美しい、有意義なひとときをご一緒に過ごせればと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
丁寧を一つずつ

FOLK ART by HAND
MWL STORE

 

アメリゴ・ヴェスプッチ

アメリゴ・ヴェスプッチ空港へ夜遅く着きました。こじんまりとした国内線空港。
街の名前はイタリア語でフィレンツェ、英語だとフローレンスの空港の名称、アメリゴ・ヴェスプッチとは偉人の名前から。
アメリゴ・ヴェスプッチとは、アメリカを発見した人と言われる、諸説あるようですが一般的にはコロンブスが西インド諸島として発見したのが定説ですがこちらではヴェスプッチが4番目の新大陸としてアメリカを発見したと言われています。いずれにせよ数年違いのことのようです。なにせ中世の話ですからいつものことで諸説あり。ヴェスプッチ家とはこの辺りの蜂に由来する姓のヴェスパ(VESPA)蜂の意味の紋章持つ、スクーターのVESPAもフィレンツェ郊外50キロ程のポンテデーラというところトスカーナ州PISA県(斜塔がある)に工場がありますね。ヴェスパは蜂の意味ですね、ブーンと走る、いい語呂ですアメリゴ・ヴェスプッチ。ヴェスパも好きなのです。

維新の傑物たち

ここ数年は真夏に必ず鹿児島を訪問することもありまして、お付き合いのある方達もとても「せごどん」みたいな人ばかりで、薩摩隼人ってのはかっこいいなぁ、が鹿児島の印象になっています。とても気になっていました西郷(せご)どん。第一回を見ました、いい立ち上がりであったと思います。楽しみでとても期待できる一年ですね。

https://www.nhk.or.jp/fukuoka/ishin/001.html