Posted on 1月 22, 2021

イングリッシュ・マフィン作りました。

Posted in おいしい

朝はエッグマフィンがなんか食べやすい。と言うことでイングリッシュ・マフインを作ってみた、ホットプレートでゼロから作れます。つまり粉から。見てくれはそれなりになったので、味や食感はどうなのかと心配していたら、これがまた、まんまイングリッシュ・マフィンです、それもデカイのを。美味しいね。ジュースはオーストラリアのブラッドオレンジのコールド・プレス、やばい美味さ。朝メシにパワーかけているんで、1日を動く源ですしぃ。家にいるから何でも作る、MWL基本形。そしていい食器で。

Posted on 1月 16, 2021

ブレックファースト

Posted in おいしい, お取り扱い商品

ミックスサンドイッチとスコーン作りました。クロテッドクリームとダルメインのクリスマスマーマレード。紅茶はマリアージュの月の紅茶、これがうまいです。食器は白磁の王様ピリヴィッツ。ポットはジョン・リーチ。フォークとバターナイフはコモン。ジャムスプーンは豪くんの。

食物繊維とカロチン豊富なパイナップルで免疫の要の腸をいたわります。
ほんとこの紅茶おいしいです。直営店のあるそごうさんで買いました。

Posted on 12月 31, 2020

舞鶴からの便り、支援物資。

Posted in Made With Love, おいしい, アルチザンな人たち

舞鶴の克哉さんから支援物資(笑)が送られてきました。これらがすごいです。嬉しくいただいております。

昨日の夜、お茶と、甘くて美味しい、ル・クルーゼの鍋を使うと石焼き芋〜ぉ。ほんと美味しく上がります。
オーガニックの根菜類、甘いな、オリーブオイルと塩とペッパーとくるみを。素材の旨さがあるので控えめに。美味しいいいい〜わ。
克哉作の、青が柚子胡椒、黄は柚子塩、赤が柚子タバスコとか、なんとまぁ、重宝しますこれから。ありがとうございます。
紅芯(こうしん)大根が酢につけるとより一層赤くなった。これも同梱の克哉・柚子。素材から作る、舞鶴。
米粉はお正月が一息ついたら、井ノ倉さんの抹茶を使って、ロールケーキを作ります。
里芋はグラタンにします、ゆがいてとりあえず冷凍しときます。
朝ごはんに根菜といつものヤタロウズ、村山パイセンのボウルで。

素材の味が甘い、どれも、まだまだ色々させていただきます。大晦日な1日です。

Made With Loveな全てでした!ありがとうございます。

Posted on 12月 22, 2020

アーモンド

Posted in おいしい

ヤタロウズ・グラノーラをいただくのに、選択肢を、と食品スーパーの棚をいつもくまなく見ています。これは馬車道のリンコスで。アメリカのホールフーズだとたくさんの種類が普通にありますよね、この手、アーモンド系は。

血管、コレステロール、抗酸化のビタミンEです。いちようね。
このアーモンドドリンク、砂糖入りとなしがあったのですが、このデカパックは砂糖入りしかなかったのですね、リンコスさん、たまたま在庫切れだったのかも知れません200ほどのパックは砂糖なしがありましたね。まあ朝から脳を動かすためにも、これぐらいの糖も時には良しとしましょうか。

グ・リ・コ

Posted on 12月 18, 2020

お茶の時間。

Posted in おいしい

今日は、実に美しい雅風の急須で、お茶も美味しいというものだ。左は深川製磁の湯飲み、ちょうどいっぱいになる。うおがし銘茶は食後の一杯がうまいなぁ。

粒あんパンは皮が薄くてぎりぎりまでぎっしりの、セン北の「徳多朗」さん。これこれ、これが好きなんだよ史上最高のあんぱん、自分にとって。MWLは来年も正月の初売りは常滑の選りすぐりの美しい作家さん達の急須が並びます。

あんぱんがきっかけになり、先ほどから古い徳多朗さんの本を紐解いていて、写真やレイアウトがやけに綺麗で今の本と比べてもすごいなって思いましてね、誰がアートディレクションしたのかなって、偶然裏を見てみたら、なんとなんと木村裕治さんじゃないですか、もうびっくりもびっくり、想像もしていなかったからで、、、すごい発見、そりゃ美しいはずだ!って、この仕事をやっていたのか=ってね。びっくりしまして、思わず、さらに古い資料を持ち出してきてしまいましたよ、世の中に埋もれた情報を知っている、オールドマンの知見をご紹介しましょうとね。

木村さんの偉業をご紹介したくって、師ですよ、私の。勝手にね。今も”ミセス”でご活躍中。文化出版が版元で木村裕治とくれば好きに決まってますよ、雑誌”ミセス”。これは文化出版ではありませんがね。他の構成要素と違ってアートディレクションっていうのは決定的なのですよ、それを構成する要素としてね、これらは当時に震えるような感動を覚えたものです。今見てもそうです。作りに参加された方々は今の時代のいろんな素敵を作られた錚々たる方々がライナーノーツに名を連ねておられます。紙媒体がなくなる、携帯のあの小さな画面で、斜め読みで消費されるアートディレクションが時代だと言われてしまえば、違うなぁって。。。フォントの選び、配置、写真の奥行きある立たせとか、もっともっとねあるのです。そして素晴らしい書き手がいて、出来ているのだから。。。

それはこれで、アートディレクション木村祐治
右のカフェの紹介が ”あたたかい” ね。どの店も。
20年前のヤタロウさんがいる。ステキな文章。私の貴重な資料です。

今日のあんぱんから拡がったクリエイティブでしたぁ。。。いつもこのように無限に拡がるよ。お茶が沁みる。カテキンを!

Posted on 12月 17, 2020

お茶の時間。

Posted in おいしい

茶カテキンをたっぷり摂ってます。孝幸の急須、左は深川製磁、右は源右衛門窯、山越に3キロぐらいの距離かな、源右衛門窯が松の素材を選んでくべていたのを目のあたりにして、びびりましたね、そんなことまでするのかとね。仙太郎の「渋栗まんぢう」はう・ま・い。おじいちゃんな夜。

Posted on 12月 15, 2020

生乳100

Posted in おいしい, 私が選ぶスタンダード

小岩井農場には18年ぐらい前に行きました。この生乳100が出てきてからはヨーグルトはこれにしています。もちろんヤタロウズ・グラノーラの下に敷いているのはこれです。何も足していないから。小岩井が作る最高傑作商品だと僕は思っています。麒麟グループで、どちらも出自は三菱系です。どこにでも置いているし、いつもあります。日配品のキホン系。

1日100gと書いているけど、130gぐらい摂っているなぁ、大体3回で消費する感覚でいたからなぁ、4回にしようぜぃ。。。

Posted on 11月 10, 2020

栗ご飯

Posted in おいしい

さっそく本日の夕ご飯は、丹波栗のご飯です。栗の色が違うといいますか。ほっくほっくにて、美味しい。うまく炊けましたよ。自然に感謝。