Posted on 1月 16, 2021

食の文化

Posted in ジャムおじさんのジャム日記

まだまだ日本で表現できていないコトがたくさんあるし、そこに市場があると確信している。今の時代はいろんなものをミックスすることをユーザーはのぞむし、無いもの、見たことないものをのぞんでいる。雑多でなくて、綺麗にスッキリと表現したいものである。

棚の管理はIOT 、デジタルで。本部で複数店舗まとめて棚を管理、監視して、店頭の負担を減らして効率を上げることでしか食品ストアの収益は上がらない。ニーズに応えるのと先の提示、そして自ら効率をあげていく、それでしか素敵な店は継続できない。扱っている製品を使ったワークショップは行う。ワークショップはとても重要なことだ、お花や金継ぎ、お茶の淹れ方などで得たお客さまからのフィードバッグが強い店を作ると確信できているからだ。そう昔、東急がやっていたウィリアムズソノマのあのスタイル、おしゃれ家電とそれを使った食品の食べ方はあの頃はまだ定着できなかったが、いいなぁと思っていた。今はそれができる可能性が出てきた、提示する仕方だろう。あの当時と今は時代が違い、成熟してきていてニーズも多い、ましてや今この時である、家で作るが、あるいはキャンプで作るが基本となったから。体を作る、食べることに意識は自ずからと向かう。そんなものをニューノーマルとは言わない、もっと本質的なものだろうと理解している。そして簡単でもないと。
雑多に積まれた価格売りの、集積されたものだけでなくて、カテゴリーキラーが扱えないような、本当に優れたもの、それは生産者の方々の意思の強い製品、国産であり、輸入であればブランド管理されている製品。まだまだいっぱいあるし、産地の意識高い系と一緒に食の未来の提案と育てて行くという毅然とした姿勢がいる、都会の役割はそれだろう。遥、遠い産地と一緒になる。知らない人達に正しい姿をお伝え、お見せすることだろう。何もジャムだけを売りたいのではない、その先にある文化を売りたい。日本で生まれた特有の、ただ珍しい食品をセレクトしたという時代は終わった。それをどう使うの?でなきゃなんども足を運んでいただけないだろう。

書きかけの文章であり個人の私感メモ、いつかに備えた.

 

Posted on 1月 13, 2021

セヴィルオレンジの季節が来た。

Posted in ジャムおじさんのジャム日記

こういう渦中であっても植物は育ってくれて、果実を実らせてくれます、ありがたいですよね。それはロンドンでも同じ、ロンドンのバラ・マーケットでもこの時期からセヴィルオレンジが出回り始めたようです。オレンジの食用だと思って買うと違っていて、種は多いし、とても酸っぱいしということに、、、マーマレード用のスペイン・セヴィル(セヴィリア)地方のオレンジなのですね、イギリスの人はとにかくマーマレード、中でもこのセヴィル産のオレンジを使った、皮も酸っぱいこの時期のマーマーレードを好まれるようです。そうですMWL STOREでも人気が続くダルメインのマーマレードはそれにあたります。人の気持ち(Made With Love)の入った作りのとても美味しいマーマレード、僕の好きなダルメイン x フォートナムズの名前を冠した別注品ももうしばらくするとフォートナムズの店頭に出てまいります。ロンドンのね、日本にはどういうわけかお店はあるのに入って来ないように思うのですが、どうなのでしょうか。  Waitroseのレシピ ここまでぬらないでしょうって感じではあります><。。。

キロで400円か大体大きなものでオレンジは200gぐらいだから一個80円ね、安いですよね、もぎった口見てると新鮮だし。皮も日本でもあまり見ないぐらいのオレンジの新鮮さがありますね、これはマーマレードの素材としていいですね、みんな家で作るおばあちゃまの味。
Waitroseのレシピより、セヴィルオレンジはないけど、贅沢なデコポンで作ってみましょうかね。家で楽しく。

Made With Love

Posted on 8月 22, 2019

ダルメインのマーマレード 味の追加

Posted in ジャムおじさんのジャム日記
日本に入ってきているフルラインが揃いました。ジャム好きの私を魅了し続ける、本物の中の本物の味、ダルメイン。横浜では今のところMWLでだけ取り扱い。ラベルの上品な佇まい。
左・りんごとグレープフルーツとレモンのマーマレードにお酒のブランデーを加えています。なんと、ブランデーを加えるとこんなに深みが出るのですね、味わったことのない美味しさ、美味しいを知るダルメインならではの追求したもの作りはさすがです。右・マルメロとレモンのマーマレード。マルメロとは西洋カリンの一種のこと、カリンですので独特のカリカリとした食感があり、またジャムのような美しいレッドが特徴、ダルメインマーマレード五つの中でも一番甘みが強くなっています。
マルメロ はバラ科マルメロ属の1種である落葉高木。マルメロ属はマルメロのみの1属1種である。 ポルトガル語本来ではマルメロは果実の名で、樹はマルメレイロ という。英語名はクインス 別名「セイヨウカリン」。栽培が盛んな長野県諏訪市など一部の地域では「カリン」と呼ばれる。また、「木瓜」の字を当てられることもある。ウィキより。

Posted on 8月 19, 2019

Mary McCartney ②

Posted in Made With Love, ジャムおじさんのジャム日記

さらに次の日アスパラが残ったので、オーブントースターでやってみる、前のはパイ生地をオーブンでしっかり焼いたものでしたが、もっと簡単にと考え食パンで実践した。下ごしらえとして下に敷いたブリッツのスモークチキンとアスパラはオリーブオイルでソテーして、特にアスパラは細いと言えどしっかり火を通した方が、また茹でを使うよりもソテーした方が野菜の旨味が残るように感じました。火をしっかり通すということですね、強火じゃなく弱火で通す、残る色が綺麗だから、そしてブレッドはユニオンさんで売っている紀ノ国屋イングリッシュブレッド、これでなくてはならない。2分半ほど先にトーストして軽く火を入れる、そして具を載せて本焼き、この本焼きの時はアルミホイルを下に敷いた方がパンそのものが焼けすぎなくて良い、まぁ好みです。手間がかかっているように見えますがリズムでやっちゃうと別にそんな大したことじゃない、美味しさに近道はありません。ピザトーストのように見えますが、違う、下ごしらえしている分、旨味がしっかりと乗っていて芳醇ですよ。

アスパラはミニアスパラガス、夏はアスパラだね。オリーブオイルを少々。

Posted on 8月 19, 2019

Mary McCartney

Posted in Made With Love, ジャムおじさんのジャム日記

作ってみました。我ながら美味しいです。結構食べた感じがします。パイ生地の上に乗せていますだからパイですね正確には。本の方はヴェジタリアンですがこれはベーコンを下にひきました。チーズも二種混ぜ。アスパラは下ごしらえして乗せてます、熱々が美味くて結構お腹にも十分です、よく焼いたチーズが好きなんで、焼きいれてます。これで二人分かな。

元ネタはこちら、こちらはタルト。

Posted on 8月 13, 2019

Margaret Fulton

Posted in ジャムおじさんのジャム日記

オーストラリア国民に料理の楽しさを伝えた先駆者

7月24日に料理の楽しさを伝えたクックブックの著者、マーガレット・フルトンさんが亡くなりました。94歳でした。スコットランド生まれのオーストラリア人でした。1968年に「マーガレット・フルトンのクックブック」を出版し、その後も旅行と料理の文章で活躍を続け、1983年にはオーストラリア勲章(OA)を授かっています。7月24日に家族が「本日早朝、素晴らしい母、祖母、祖祖母が亡くなった」と発表しました。フルトンさんは世界中を旅して得たものを自分の料理やクックブックに注いだ。そのおかげでオーストラリア国民はセレブ・シェフが現れるより何十年も前に「肉とジャガイモ、ニンジン、グリーンピースだけ」の食生活からイタリア、フランス、ギリシア、スペイン、中華など多彩な料理の作り方と味わい方に触れることができるようになりました。フルトンさんは長年「オーストラリアの家庭の女神」と呼ばれさえしています。
1998年には、ナショナル・トラストの「100人の無形文化財」に選ばれ、2006年にはブレティン誌が、「オーストラリアでもっとも影響力のある人物」の一人に選んでいます。

私は特に彼女のベーキング・クラシックスというハウスメイドのケーキや、クッキーやパンが好きです。とても素晴らしいレシピブックです。スコットランド、つまり英連邦の影響があるその見慣れたものは普通に美味しいものとして家庭に入り込んでいるからですよね。

孫と出演、マーガレットさんのDNAが継承されます。この食べ方がやはり基本です。

Posted on 6月 13, 2019

London Borough of Jam

Posted in Made With Love, ジャムおじさんのジャム日記

フルーツとスパイスから生まれる、出会ったことのないフレーバー

良質の素材とスモールバッチ(少量生産)にこだわったロンドンのジャムブランド、London Borough of Jam。季節のフルーツとスパイスやハーブの絶妙なコンビネーションから生まれるその味は、たくさんのおいしい可能性を秘めています。

Made In Small Batches
イーストロンドンから生まれるジャム
ショップがあるのはロンドンの下町イーストエンド。伝統をふまえつつ、枠にとらわれない素材使いのセンスからは、さまざまな文化が入り交じり、個性的な店が立ち並ぶイーストロンドン特有の自由な空気が感じられます。
Respectful Combinations

スパイスで引き立つ、フルーツの味や香り

LBJのジャムの魅力は、フルーツとスパイスの絶妙なコンビネーション。 季節の果物に少し意外性のあるスパイスやハーブを組み合わせることで、 果物本来の味や香りがいっそう引き立って、魔法のようなフレーバーが生まれます。

イギリスらしさにモダンなセンスを加えた極上の味。

London Borough of Jam
「グリーンゲージプラムとフェンネルポーレンのジャム」
.
グリーンゲージプラムは甘みのある緑色のプラムで、
ヨーロッパではジャムやデザートによく使われます。
フェンネルポーレンはフェンネルの花粉を使った
希少なスパイスで、甘く清涼感のある香り。
滋味深いプラムにほんのりスパイシーな
風味が加わったオリジナリティー溢れるジャムです。
パンやスコーン、ヨーグルトなどに。
チーズと相性がよいのでクリームチーズと
合わせたサンドイッチなどに。
.
製造国:イギリス
価格:1944円税込
内容量:220g
原材料:グリーンゲージプラム、砂糖、
レモン果汁、フェンネルポーレン
※ ペクチンや保存料等の添加物は加えておりません。

London Borough of Jam
「アプリコットとヴェルジュースのジャム」
.
色鮮やかなアプリコットに
希少なヴェルジュースを合わせた甘酸っぱいジャム。
ヴェルジュースは未熟なぶどうを絞った果汁で
フランス料理などで使われる古典的な調味料。
さわやかな酸味と高貴な香りが特徴です。
フレッシュチーズとあわせたり、
タルトの仕上げなどの菓子作りにも。
.
製造国:イギリス
価格:1944円税込
内容量:220g
原材料:アプリコット、砂糖、ヴェルジュース、レモン果汁
※ ペクチンや保存料等の添加物は加えておりません。

London Borough of Jam
「セビルオレンジとカモミールのマーマレード」
.
オレンジの皮の食感をほどよく残し
やさしい香りのカモミールフラワーを加えた
LBJらしさが光るチャーミングなマーマレード。
そのままでは強い苦味のあるセビルオレンジですが
マーマレードにすると甘さとほろ苦さの
バランスが素晴らしくイギリスでとても人気があります。
トーストやスコーン、パウンドケーキに添えるなど
オールマイティーに楽しめる一品です。
.
製造国:イギリス
価格:1944円税込
内容量:220g
原材料:砂糖、セビルオレンジ、カモミールフラワー、塩
※ペクチンや保存料等の添加物は加えておりません。

London Borough of Jam
「レモンとバニラのマーマレード」
.
レモンの皮のほろ苦い酸味にバニラの甘い香りが
加わったとても贅沢な味のマーマレード。
ジャムの中にはサヤごと刻んだバニラビーンズが
入っています。
一番のオススメはカリカリに焼いた
薄切りのイギリスパンにたっぷりのせて朝食に!
お砂糖の代わりにストレートの紅茶に添えても。
.
製造国:イギリス
価格:1944円税込
内容量:220g
原材料:レモン、砂糖、レモン果汁、バニラビーンズ、塩
※ペクチンや保存料等の添加物は
加えておりません。
※中の黒い粒はバニラビーンズです。
サヤごと細かく刻んだ状態で入っています。