Posted on 4月 03, 2021

Ko’da-style

Posted in Think., アルチザンな人たち, ディレクター私物

12月に行なった行田さんの受注会で自分用にオーダーした2点を届けていただきました。(同時期の12月にオーダー頂戴しましたお客さまのオーダーも入荷しています。順番にご連絡差し上げております、少々お待ち下さいませ。)これが実に良い、良い、良い。持ってくるくると廻ってしまった。嬉しくて。手の工芸品とはこういうように気持ちを昂らさせてくれる。いつもと違い、今年は洗いをかけたものをオーダーした。当然色は部分的に少し、落ちる、白いところにかぶってくる。でもそのオチ感は想定通りで、これがいい。赤いのがそれが出ている。洗うのだから、自然素材は落ちますよねぇ。この自然感がいい。オーダーして4ヶ月ほどだけど、あっという間だった、出来てきたことが嬉しすぎるのだ。葉山から届いた。ここは石川町の駅前。むふふ。もちろん今からでもオーダーいただけますよ。4ヶ月を楽しくお待ちいただきはしますが。じきですよ。コロナでなんか時間の感覚が早いから。楽しみを見つけません?

動画です。
これぐらい色が落ちて白い部分に付きます、洗いの都度、その落ち感は違います。自分への許容の心づもりが必要です。微妙と思うなら、洗わないものを持てばいいだけです。僕はこの洗った感じが好き。より行田さんらしいから。濃い色はわかりやすい、下のベージュはわかりませんからね。
遠目で見ると落ちた感じはわかりにくい。それぐらい。

STAY SAFE SOCIAL DISTANCE 2021 MWL

Posted on 3月 31, 2021

ちょもらんま

Posted in ディレクター私物, 開物成務

(「ちょもらんま」は私物であり、MWLで取り扱いの予定はありません。)どうしても現物を見てみたくて、それは作品展示でなくて、ミュージアムショップでの販売陳列なのだが、長らく我慢していた訪問。昨日は休みで意を決して熱海へ、静岡県だ。美術館の存在も知っていたけれど、なぜこんなすごいものが、すごい人達の作品が、ここに集まるのかが不思議でならなかった。行ってみて全体が理解できたわけではないが、その片鱗の一部を知ったように思う。昨日初めて行ったのだが、これから何度か通うことになるだろう。とにかく目的は一に「ちょもらんま」二に「仁清」であった、しかもその仁清は国宝なのだ、それが手の届く距離で一人で堪能できた。ないな。

とにもかくにも、人間国宝「室瀬 和美」さんである、今まだ70歳。添付しているTEDの時もまだ60前半、すでに人間国宝なのにである。なぜTEDに出る機会があったのかも不思議ではあったのだが。このプレゼン力の凄さ、素晴らしさである。優れた学者、名だたるトップ経済人ですら、これだけの語りが出来る人はいない、ゼロだ。人を引き込む起承転結の話がある。経営者はこれを参考にして自らを「学び」に向ける必要がある、自分の会社をさらに優れたものにしたいのならば。話がまたズレそうだからやめておきます。

TEDはダウンロードした、最近はダウンロードすることが多い、変なぶら下がりや、意図しないようなものがくっついてくるから。あえて枠の中だけに優れた資料を残していたい理由からだ。伝えたい意図がブレる。容量の関係で画像が落ちるが我慢いただきたい、探せばオリジナルにも到達できるから。容量の関係でアップロード出来ない、尺の長いものは引用コピペにとどめておく。

ここも目白だ。
うちの今年四月以降からの、これからの新しい店のテーマ「日用(常)工芸品」美術の取り扱い。を表現するに最も相応しい、私はこれを日常に使う。それでこそ意味があるからだ。だからどうしても欲しかったものである。ただの雑貨店ではない。(この作品のMWLでの取扱予定はありません。)
大と小の二つ入りのセット。山に持って行くために作られている、から、軽い。けど漆がかかり強い、漆らしく、内ははツルッと仕上げて、外はアウトドアらしく、無骨さを残す、これこそアウトドア雅の逸品だ、本当に軽くて強い、中も外もツルッではないのだ。そして使ってなんぼ。大事にしまって置かない。それが日常の工芸品の雅のシリーズになる。単に民芸でなくそこに工芸の極みを見とどける事になる。それには都会の暮らしをみてなければならないのだ。室瀬さんにはそれがある。
めし椀としる椀と考える。

以下は人間国宝たるゆえんの「蒔絵・まきえ」漆芸(しつげい)この上下セットの動画で、少し漆芸のかかりにつけるのかなぁ。金の蒔絵は日本の象徴である。上の動画はダウンロードしてる。

蒔絵 室瀬和美 時を超える美 本編 これはユーチューブ

ミュージアムカフェのメニュー、食器類はなんと室瀬さんのデザインによる、いいね。ケーキは、かのパティシェ・鎧塚さん、これは訪問する理由の三つ目に上がったコンテンツ。大事だよね。おいしかったですよ。紅茶しか飲まない。芸術性が高いから。

Posted on 9月 09, 2020

ANGLEPOISE

Posted in ディレクター私物

うちで売っているわけじゃないのですが、好きで家で使ってます。ピクサーの元ネタのあのランプですよ。順次増やします。

ブリティッシュレイル インターシティのデザイナー 結局、自分の好きなVITSOE もアーコールもアングルポイズもイギリス由来のもの。

Posted on 3月 02, 2020

ディレクター私物

Posted in ディレクター私物
毎日使う、家でのセットだ。草ちゃんのグラスは本当に丁寧に使っている、神経質に自分で洗うし絶対に割らないところに別に置く。必ずmujina工房のコースターも必須だ必ずこれを敷く。この彫り、最高だね。そしてfog linen work のlinenの丸盆、これも大好き、ハードに使えて清潔で主張しないから、牛乳とジュースのセットです。このセットでないとダメなんだ朝。

Posted on 3月 02, 2020

ディレクター私物

Posted in ディレクター私物

500ccのKINTOのトラベルタンブラー500には毎朝これで入れた60度の白湯が入っている。それを水として飲む。鉄分が程よく良い。350のタンブラーは緑茶と紅茶で使い分ける、毎日三本持ち歩きたいけど流石に重いから二本にしている。お茶はどっちかを選んで毎日出る。においというか香りが付くからだ。茶にとって最も大事な部分だから神経質になる。この鉄瓶、鈴木盛久工房ので、3年前に日本茶への決意とともに買った。注文して一年くらい待った。数ある盛久の中でも最もモードなデザインだと思ったからで、あまりにクラシックなものには興味なかった、自分のものだからだ、なんかCDGっぽいなぁと思った瞬間に決めた。3年くらい経ってようやく鉄瓶らしく落ち着いてきたなぁ。

圧倒的に「茶」だね

Posted on 2月 29, 2020

ディレクター私物

Posted in ディレクター私物

オーストラリアのご出身、益子で経験を積んで30年。ハイブリッドな表情がとても魅力的、昨年出会い一目惚れです。Euan Craig ユアン・クレイグさん。

禅の表情がありますよね。
裏が美しいですね、と、ご本人に申し上げると、「葉っぱは裏も美しいでしょ」、返す言葉がなかった。
唸るほど素敵だな、このとびかんなも。
へうげもの、の表情を見てしまった。高いレベルが到達するとこうなるのかな、みどりって色が好きでして全般に、だからうちの店は緑の一種を採用していますね。緑はへうげものを代表する日本の色。
実はへちかんでいるんです、でもそれが良いな。
和だけじゃないもんね、そこにあるのは。

Posted on 2月 24, 2020

ディレクター私物 ①

Posted in ディレクター私物
お気に入りの我が道具。京都に行けば四条で必ず寄る店「やまと民芸店」であります。そこで常設展示の「白雲窯」村山光生・むらやまみつお」さんの作品。ぱいせんであります。釉薬ののり方が違う、美しい。やはりこだわりの焼きでしょうね。鎬(しのぎ)の丁寧さも、表面をへらなどで削る技法なのですが削るという分、あとが残るわけで、ずっと見ていられる、境目の稜線を際立たせる美しさが私は好きなのです。丁寧に創られています。初期の牛ノ戸焼に見れるような詳細の丁寧さがあります。