Posted on 1月 12, 2021

@コペンハーゲンのヒュッゲな暮らし。

Posted in Liberal Arts, 街物語, 開物成務
2年前の10月に行った時の一コマ、@コペンハーゲン。これだけの市民が自転車を通勤の足として使う、健康と空気に良い。ロンドンや東京、横浜に比べて車の数が少ない、コペンハーゲンの中央部、人口の数も違うのではあるが。。。意識の問題、自転車専用道や建物やいろんなところでの自転車の駐車スペースなども長い歴史において整備されてきている。25年に75%の市民に徒歩、自転車、公共交通機関を使わせるのが目的。これだけの人達が自転車を利用するということには、提示された目標とゴールズが存在するのではないか、それも強制される始まりではなかったものが、少なくとも私たちの国における個人の概念と異なる考えがあるように思えてならない。北欧と言われる諸都市にその民度の高い姿が見れる。

コペンでは急進的な対策に戸惑う市民もいるようだ。政治家は「市はCO2削減ばかり追っている」と批判する。節約やリサイクルは当たり前。新技術が投入されても、都市での生活は便利なだけでなく、我慢も強いられる。最先端の都市はそんな生みの苦しみにも直面している。日本の自治体も50年排出ゼロを目標に掲げ、デジタル技術を生かすスマートシティー導入を探る。だが、家庭とオフィスを中心にした都市での排出削減は前途多難だ。90年度と19年度のCO2排出量を比べると、業務部門(商業・サービス・事業所など)は1.3億トンから1.9億トンに、家庭部門は1.3億トンから1.6億トンに増えた。脱炭素の波の中では大都市の公共交通機関の見直しが不可欠になる、例えて横浜、いろんな整備とセットで自転車の推進(環境にも健康にも良い)昔、廃止した市電に代わる、LRT(ライトレールトランジット)を主要な幹線道に再施設するなども一案、例えば、本牧から間門などはその候補になる、桜木町から間門まで引っ張ってくること。何十年もの計で現世代と次世代が繋いで考えるべきことだと思うのだがどうだろう。市の交通財政の負担を軽減させる意味でも50年ぐらいの計になっても仕方ないと思う、一年あたりの負担を軽減しながら、展望、ヴィジョンを見せるべきだと思う。無理なくソフトランディング。運営の主体は民間で、京急などが街づくりを含めてヴィジョンを出してもいいと思う、美しい景観、三溪園などの街の資産、海岸、住宅地としての再開発はむずくもないだろうと思ってしまう。自転車、ライトレール、そして取り残すことがないための運転手のいない自動運転のEVちびバス。スマートシティを想像してみると、今とこれからあるいろんな技術がそれらの具現に貢献して、それによりマーケットが活性化され、街や財政が豊になる可能性がゴールズとして描けるのではないか。

自然災害が起こった場合は、主体たる対応・対処は自治体となっている。その要因となると言われる気候変動に対して、科学的・学術的な根拠に基づいての積極的な取り組みは住民の生命と財産を守ると共に、将来的にも自治体の負担軽減につながると思われる。自治体が率先して気候変動に対して行く取り組みが必要な根拠はそこにあります。ややもすると20年などすぐに経過していくからです。対応しているのとしていないであれば、すぐ来る20年後に大きな差となる、北欧の諸都市など見ているそう思う。バルト諸国のワルシャワなどがその例として見れる。さらに北、つまり北欧を見ながら自国の行く末を計画している。我が国にも、自転車やEVバス、ライトレールトランジットへの変換に対して積極的な大都市(横浜みたいな規模がでかい都市だからこそ)があってもいいと思うのだが。もちろん全てがそうなれはしないだろう、そうはやりたくても出来ないところもある、しかし明確な目標とゴールズを決めておかなければ事態はさらに深刻化するばかりなりとも言えないだろうか。(書きかけの文章であり、学びの過程における個人の私感ノート、時間経過により非公開)

無印良品のフィンランド・ヘルシンキでの取り組み デザインとは服やモノのデザインを示すものだけではなくなった、もう何年も前から、生きる、未来、をデザインすることが人と末端で接する小売に求めらる。おしゃれとかかっこいいだけを売り物にすることはもうできない。何をゴールズとして提示できるかを求められるし、それによってコミットされることで、事業の継続が成り立つ。街・人・社会とどう生きる、もうモノだけではない、それを具体的に提示する必要がある、わかりやすく言うと経営のヴィジョンだ、そこにヴィジョンはあるのか。

Posted on 1月 01, 2021

元旦

Posted in アルチザンな人たち, 街物語
根岸の八幡さまにお参り。この階段を一年に一度通るがきつい。
今年はLes Prairies atelier asako さん、亜紗子先生にお願いしました。素敵です。アートだな。

満足。元町の「日本料理・仁」さんのおせち。京都・吉兆で修行された基礎はいろんなところで出てきます。僕の好きな味です、さすがです。千枚漬けにやられました、まさか横浜の味でいただけるとは。。。

クリスマスからお正月、中区の次世代さん達にいろいろを作っていただき、でのんびり過ごしています。全てがMade With Love  満足度高いですどれも!ありがとうございます。

この街で生きて行こう。

Posted on 12月 16, 2020

My City by The Bay

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA, THE 神奈川, 街物語
映画が終わるとこんなの、終わって、湘南Tサイトまでドライブ、休みの1日でした。
ツタヤの前のビル 見覚えありますよね、この入り口の感じは、、、
映画見る前に撮った
開業当初から湘南Tサイトは好きなもので、ドライブがてらの息抜きでいきます。そしてここが好き。買い物したくてね。今日も素敵でしたよ。さっき戻りました。

Posted on 12月 16, 2020

ロンドンの街が美しい映画。

Posted in 街物語

ロンドンの街をとても美しく撮っている映画でした。1時間半ちょっと、面白い映画でした。お勧めですね。僕らが店を始めようとして準備していた頃、自分たちで壁を塗ったことなど、色々と思い出してしまいました。

ノッティングヒルのオットレンギが全面的に協力したようです。2002年にできていたのは覚えています。その時からケーキの見せ方がウィンドウ越しに上手だった。近くにはトムズというコンランの息子さんのカフェがバス停の前にあり、このあたりに来た時は必ず立ち寄っていましたね。でもなくなってます。このあたり最近ではブティックのセザンヌのロンドン店があり、また近くにはTOASTがあります。とても高級住宅地ですね、周辺は。

Posted on 12月 12, 2020

元町通り商店街

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA, 街物語

いいですよね。うちの店が終わり、いろんなメンテナンスをしているとすぐに9時ごろになるわけです。それでもこの時期は、終わってクルマで帰る時には必ず、誰もいないこのキラキラの元町をクリスマスソングをかけながら、谷戸坂を登り、海の見える丘から、教会群を抜けて帰るのです。山手教会もさすがに今年はライトアップはありませんが、だから遅くまで点灯してくださっている元町通りの灯りは貴重なのです。元町のみなさまありがとうございます。灯り、ひかり、ランプは人のココロを支えてくれる。明かりを灯そう。

アメリカの子供たちだと思うのですが、ちっちゃな子達が光のベンチの前で、ママと一緒に一生懸命写真を何枚も撮っていました。かわいくて。元町らしいなって。
ミラノのモンテナポレオーネの通りの裏一本入ると、このような灯りの道があると思います。昔の記憶にあります。この時期に。

Posted on 12月 01, 2020

ハンマーヘッド

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA, 街物語

横浜らしい海の美しさ、海の見える丘、から山下公園、ハンマーヘッド。休みの日にのんびりとピザを食べにきました。いつも見ている風景なのですが、天気がよくって格別ですね。昨日です。

良いデザイン
美味しいと評判でやってきました。
ブラッドオレンジとこれ、美味しい。
美しい内装、好きですね。
レストランから見える景色がこれ。ベイサイドをもっと街の活性化に使えると思う。この美しさを知らずに帰る人、あるいはスルーする人が多いと思う。ほんとに美しいんだから。海の見える丘を見てず〜っとここにまでやって来るのは横浜の美しさを堪能できます。日本にベイエリアの美しいところは多々ありますが、ここはまた格別です。なんでもありますから楽しめるものが横浜には。海が近い横浜です。

Posted on 11月 26, 2020

今年も「とり」をつとめていただきます。Ko’da style

Posted in THE 神奈川, アルチザンな人たち, 私が選ぶスタンダード, 街物語
今年も作家さんに在展いただく最終年末の華。コウダスタイルのソングス、うたっていただきます。(リアルな歌は歌いはしませんが☺️また別なところで。。。)
去年同様に色々セミオーダーも可能ですし、何より四日間、行田さんが在展していただけます。

自分のためのものを選びましょう。葉山のスタイルある暮らし。

Posted on 11月 24, 2020

PORTLAND ACE 2012

Posted in 街物語

今はポートランドも大変なことになってますが。これは2012年に訪ねた時のこと。

まだ創業者もご存命だった頃で、エィスのロゴも定まっていなかった頃、ここだけにしかなかった頃だったかな。ホテルという文字の上のAがエィスということ。
入り口前、ニューヨークからくると着くのは夜遅くなる、オヘア空港で長い乗り換えがあって着いた。この当時は静かな街だった、たった8年なのに。
有名なロビー いろんなところで紹介された。真似もね。
びっくりする部屋でした、勝ち組ってこと?この頃はパソコンまだSONYを使っていたなぁ。
始まった時からの伝統のターンテーブルと音楽コンシャスな部屋
北へ帰ろう、ここも北なのに
リノベだから金はかかってない センスかかってる
お約束の自転車、どこだっけ名前が出てこないな、ロンドンはTOKYO BIKEだった。レンタルむりょー
切り株タウンの仲間のスタンプタウン、ココから一緒に世界へ出た。
とにかくコーヒーは安いのよ、地元の人が飲むからね、観光名物コーヒーじゃないのよ
自転車借りて近くのパタゴニアまで、世界で一番素敵だったパタゴニア・ポートランドストア
これが当時の中身、当然リノベ物件。何らかの理由でエィスの近くに数年前に移転して、普通のアパレルストアになってました。これは惜しいなぁ、家賃の更新で高騰して、出たのかな。。。