Posted on 9月 22, 2021

肉ねぎうどん。

Posted in 開物成務

私が心酔していた、仁王門のうね乃さんが閉店していました。しばらく京都に行けていない間に…..それは自分に、とても悲しいことです。自分にとって日本一うまかった”肉ねぎうどん”が食べれなくなった。肉ねぎうどんは関西のうどん店では定番です。やっているところは多い、しかし、自分の好みに合うのはここでした。うどん、だし、ねぎ、この場合のねぎは九条ねぎになります。絶妙なのです、ねぎの種類が勝負です、関東でも気にすれば手に入ります、わけねぎ、とか分葱に近い感じですが、先日、家の近くのスーパーで’讃岐ねぎ’発見してこれまた小躍りですわ、九条ネギはよく見かけるのです、ブランドねぎとして、でも今まで見たのはサイズとかが微妙に違っているか、刻んだもので、私が欲しいのは1.5から2cmに斜めに切れるもので、だから自分で1束買って切るという、それが、細切れの中価格ぐらいの肉と(あまりいい肉だと、関西で食べ慣れたあの食感に近くなく、ゆるく、旨味が出過ぎている脂が)ネギがかもす、絶妙なもの、そして出汁は限りなくうすいもので、濃いのはだめで、色はすけるうすさでしかし、味はしっかりある白だし系ですな。これら関西には普通にある。こちらでは自分で作るしかないなと、うね乃の味を思い出し自分で作った、我ながらしてやったりである。写真は綺麗に見えないが、味はうまい。

でも新しい形態のお店をされるようです、やはりコロナの関係で時期はのびているようですが、お待ちします。期待値マックス
これが、伝説「うね乃の肉ねぎうどん」昼の定食でかやくご飯(炊き込みご飯のこと)付き、最強の昼。ね、ねぎ長いでしょ、切り方、これですよ、この切り方がねぎの旨味がでます、肉にからむ、すき焼きでねぎ使う京都もそこですからね、いいねぎがあっての日本一のすき焼きの里、京都ですから。九条あたりで栽培ですわ。香物のレベルの高さは小さくとも、そこがないと、京都ですからね。そして、この当時は知らなかった、気づいてなかった、見てなかった。どんぶりは陶泉窯の鳥獣戯画のものですわ、後で陶泉窯の奥様に教えていただき、えエェーーーーの絶叫しました。老舗が老舗に入るんが京都や!って。
うちにはこれが常時保管、冷凍専用冷凍庫には、細切れ肉を一人分ずつラップした量のものと。このネギはさぬきネギ、これも素晴らしい、よく見つけたものです。ネギは味も変わらずにきれいに冷凍でけます。
こういうふうに細切れ肉を一回ずつにラップしてます。
決してきれいには見えませんが味はとても近い、やはりねぎの種類と大きさですな、してやったりですわ。この場合うどんは讃岐の冷凍うどん、これも種類は色々あるのですが、必ず讃岐で生産しているものを選びます、しかも瞬間冷凍のがいい、生めんよりも、産地としての水が違うのでしょうな、小麦と水の相性がさぬきがいいのでしょう。うどんはかなりの種類を試しましたが、到達したものがあります。もちろん陶泉窯さんのどんぶりです。
後日ですが、私の欲しい種類の九条ねぎが手に入りました。
これ以上細くても太くでもダメでちょうどいい太さ。これを年中出荷するのは大変なことです。
香川で作る、カトキチはかときっちゃんである。昔から有名なブランド特に関西では。それが今やテーブルマークというブランドになっている。うどんに対する特に讃岐の技法に対しては思い入れが深いと思う。そういう味やコシにはなっていると感じる。いろんなものを食べる中でもレベルの高い仕上がりだと感じる、どこにでも売っているものでもない、バイヤーとの感性が合致すれば棚に並ぶ、これは横浜天神橋のフードストアあおきで見つけている。駿河湾系のスーパーである。豊洲に1店舗神奈川に2店舗後は静岡に8店舗、面白い品揃えをされている。
やはりある程度炊き込んでもコシがあり、湯通しするだけのうどんではない旨さが家では作れる。ま、それは何をもってうまいとするかの感性であり、当然である諸説あるわけだ。嗜好品である、うどんは。全国各地にその地の美味しいは存在するからだ。しかし、これはうまい、でもまだまだ美味しさへの旅は続いてはいる。大阪発祥のキンレイという鍋焼きうどんで一躍有名になったブランドがある、水も要りませんというやつである。これも昔から知っていて、私が知った当時は確か大丸系のスーパー、ピーコックっていうのがありました。今は確かもう事業譲渡されたように思う。そこでの出会いで当時そのうどんの美味しさに驚いた記憶がある、そこからしばらくファンになった。キンレイは、やはり瞬間冷凍技術に長けていて、うどんもそれである、瞬間冷凍することでコシや旨さを凝縮させるのだ、そこに微妙な味や食感の存在が発生している。マグロの瞬間冷凍の技術の話もあるでしょう?その場の作りたて、以外で美味しさを封じ込める技術だ。キンレイに戻り、キンレイとは近畿冷熱と言って、大阪ガスの100%子会社で始まった。うどんの冷凍化技術にガスでの冷媒技術をつぎこんで成功した。大阪ガスみたいな真面目な企業がうどんを造っているというところも味への信頼につながった。その技術力に今までに色んな会社からの資本投入やM&Aにさらされている、可能性のある事業だった故にである。その当時はまだコンビニの冷食は主力品ではなかったが、そこに活路と成長性を見るセンスある人がどこかにいたのだろう、これは化けると、その通り化た。今や全国のセブンのオリジナル商品として入っている、毎日そこにある、うどんは生活習慣商品であり、特にこのキンレイの鍋焼きは、これでなければならない人たちが常にいて、棚が回り続けるということだ。ラーメンのように常にツラが変わり続けるのではなくて、鍋焼きはキンレイ一本である。何よりもとても厳しいセブンの目を通り、そのオリジナルとして存在するところにある。そのキンレイは今や伏見の銘酒、月桂冠の100%子会社である。京都人の老舗の舌によってその味を守られるキンレイであり、月桂冠にも先見の明ありである。写真のカトキチの話と全く違う展開、いつもそうです、これからも。もっともっと長くなるんでこれぐらいにしておきますわ。
2016年秋にそれまでのカフェ主体だった店から今のハイ・グロサリーストアに業態変更した時からスタートしたのが、この陶泉窯作のディーン&デリューカの鳥獣戯画・京都店限定のシリーズである。私がうどんバチに使うのはこれです。オープン直後に購入です。ワレずに今まできております。お気に入りのうどんバチ。老舗が老舗に入る、京都ならではの話ですな。デルーカに違和感あって私はデリューカですな、まあ読めば同じなのですけどね。ニューヨークソーホの店が懐かしい。

Posted on 8月 21, 2021

国宝・曜変天目茶碗

Posted in 開物成務

なんとまぁ、鑑賞券をいただいてしまいました。。。お好きでしょと。。もうね、この三菱の至宝が見たくて、やっていることは随分と前から承知していて、、、中でも曜変天目茶碗の宇宙的な美しさに、、、出所は中国ですが日本で華開いた曜変天目、窯変の極み、鑑賞券がやってきたご縁に震えが止まらん。それぐらいに驚き、嬉しい、なんでやねん、の曜変天目です。東京への仕事がある折り(おり・過ぎゆく時の中の、区切られたある時点のこと)の帰りに様子見ていきたいです。ご縁を誠にありがとうございます。これほど驚き嬉しいことはありません。

ヤタロウ

Posted on 7月 30, 2021

Modernist

Posted in 開物成務

イギリス好きが遥昔からイギリスに学んでいること。最近じゃないB-O-A-Cの時代からね。

Litter bin by David Mellor England

Small Shops Modernist

Modernist なフォント
ほんとうにバーナード・リーチって人はすごい人です、デザインが。それを超える人はいないな。
湯町窯のあれですよ。
Watney Beer デザインが優れている。
イギリスの大学建築、オックスフォードやケンブリッジへの反発で街中にあるミッドセンチュリーの頃の大学建築にモダニストな優れたものは多い
これはイギリスの高架橋、いいデザイン、日本にも宗理が残したものに優れたものがある、もう景色と化してはいるが、親父さんの宗悦が残せなかったジャンルである、無論時代の違いがある。
いいね、街中でこういう風に一人でデザインとストーリーを売りたいな。規制大国日本じゃ自転車にも、街中でやるにもオーケーは出ない。変えなきゃね世の中を。
これを水素で走らせたいね、いいデザイン、色も横浜市バスって白に浅いブルーでいいんじゃないのって、思ったりします。こういうの見ると。思いっきりモダンにして、もっとも高架橋とかで日本の街中はどこも走れませんがね。ロンドンは不思議にどこでも走れるんだなぁ、席数が多い自動化された2階バスの生産性は高いですからねぇ。。。

Posted on 7月 22, 2021

月鉾町

Posted in リスペクト, 街物語, 開物成務

今年もお届けいただきました。嬉しすぎます、なんという。嬉しさのあまりにフルアップ。今年は鉾を立てただけで巡行もなく、月鉾町ではお囃子も上がらなかったといいます。長い祇園祭の歴史の中でも異例な年が過ぎています。そんな中を、ありがとうございます。

こんな時節だからこそのお気持ちが嬉し過ぎます。
なんという、、、言葉がないわ。。。

ヒマラヤン・ムーンもそうですが、とにかく月好きな私でございます。

Posted on 7月 14, 2021

下京区月鉾町は四条通り沿い。

Posted in 開物成務

どんなに大変な時代においても歴史を繋ぐ、紡ぐ人たちがいる。それこそが今までに続いていることとも言えて、まさにこのような今の大変さの、お祈りのために執り行われている行事です。祈りを未来へ。

開物成務とは「開成」の語源、進学校開成の歴史のことばの中にも出ています。私は京都の老舗のご主人からお話を聞きました。京都は町(街じゃなくて) そのものが開物成務の歴史。

Posted on 7月 11, 2021

この時期のUSブルーベリーは美味い。

Posted in 開物成務

粒が大きい、味がしっかりしている、うすくない。ナチュラル。価格が適価である、量に対して。まず味ではありますが、選ぶ理由。ブルーベリーUSA 滋養な果物。

コモンのアイススプーンで小さく食べる、むふふ。草ちゃんグラス。ブルーベリーだけの味を味わうためにこれぐらいはそのままいただきます。
また、読んだ。何度読んでも切ないなぁ。。。。。日本人にしかわからない感性じゃないのかなって思ったりするけれど。

Posted on 7月 09, 2021

2005

Posted in 開物成務

どうしてもこの本を発行したかった、言い出したのは私だ、それを貫き通した。系統だったスタンダードデザインのプロダクトを作品としての目線でなくて商品としての目線で紹介していた本はなくて。これから何年か経った後に、雑誌とか書籍とかの特集が出ることになる。始まりはこの本だった。今思ってもこれを具現させてくれた人々に感謝したい。

Posted on 7月 09, 2021

森正洋との出会いによって私の中の中庸のプレミアムは確立した。

Posted in 開物成務

工場で作ることによって量産が可能になり、山の中の産地に雇用が生まれる、村に税収が入る。そしてデザイナーとしの矜持(きょうじ・きんじ)とは焼き上げる前の型に対する絵付けはハンドであること、そこには熟練を要することになり、描き手はその後の自分の未来につながっていく。そして規模の大きな消費地の都会で周知し販売することにより、冒頭の役目としての産業の推進を行なった、人も地元も育っていった。そういう思想をデザインというツールを武器に持ち合わせていた人は森さんただ一人だった。こんな遥かな昔にSDG’sだった人。たくさんの話をして、私の中の中庸のプレミアムという思想は確信に変わった。産地にとっては1000円の器であるよりも3000円の器である方がいいに決まっている、量産と手作りの創作のバランスと価格のバランス、地元の振興である。

Posted on 7月 09, 2021

私の師はバウハウスである。

Posted in 開物成務
なぜヴィッツゥを使い続けるのか、バウハウスそのものであるからだ。今、バウハウス、その思想に影響を受けながら作られているモノはVW GOLF だけだと私は思う。ブラウンの音響や家電がなくなってしまった今、その思想をベースにしながら、残しながらプロダクトとして存在するのはVW、中でもゴルフ。モデルチェンジしたゴルフ8 には、デジタルがどの大衆車よりもてんこ盛り状態なのだが、バウハウスの息吹が脈々と残っていると感じる。ヴィッツゥはイギリスで作られていても、そこで思想を守られていても、そこはバウハウスなのだ。