Posted on 8月 04, 2021

この夏の人③

Posted in 気になるもの。
涼しくて簡単でいいですね、この長さぐらいの風に吹かれた感が良いデス。ローカットでも良かったのでしょうが、ハイカットのデータ量多い感じの見えがよろしくて。
なんでもないのですが、やはりバッグとかシューズが洒落てます。写真としては後ろのオールド・コークが絶妙。
足元の真逆のブーツ、カゴに手に持ったバッグ、アクセの数々、サングラスのデザインと、完璧ですね。センスいい。

こういう形が今気になります。
なんという組み合わせ、夏というより秋の立ち上げですが、立秋だ。ビームス・ボーイ(ボーイと言っても子供服ではございません)もそうだったのですが、男の人がディレクションして立ち上げた女性ブランドのこのニュアンスを表現できるのはやはりこれが東京ならではのことでしょう。つまりオンブレにマルジェラとかを組み合わせるコトですよ。以前からずっとやってますよね。しかもそれはセレクトショップであること。これを世界各都市にあるセンスの良いショップもなかなか真似れないところ、東京に住んで出てくる感性かもしれません。東京が東京たる、デパートでもないし、神戸でもないんだなこれは、綺麗すぎるからね。

Posted on 8月 04, 2021

晴れたら湘南

Posted in THE 神奈川

関西の親戚筋から、どうしてもあの大きな西瓜が欲しい、おいしそうで、食べてみたいというオーダーが入り。休みを利用して、またも三浦へ。三上農園さんちへ。一番でかいのを送った、巨大だった、びっくらするだろう。子供も多いし、楽しい夏の風物詩となるでしょう。ムフフ

当然自分用にもまた、これは真ん中ぐらいの大きさだけど、今日は7.8kだった。前回より300g 大きい。西瓜模様がかわいいね。8月中旬ぐらいまでの販売だって、あと一回行くかなぁ、、、夏の体に良い西瓜だから。それが終わると大根を植えるんだって。三浦大根じゃなくて、青首大根って言ってられましたよ。それは全部市場に出すとのこと。何千本という単位だって、すごいねー。
三浦の西瓜は、大きくなるほど甘いんだって三上さんが言ってました。カット写真は前回の時のものですピカピカピカーな気持ちを。
本当は、三浦のスイカのあとは葉山ステーションという洒落た、そこのご当地産直に行きたかったのですが、水曜定休と行ってわかり….近くのサフランカレーとなり。珊瑚礁さんと比べるとまだ地元民比率がありますね。このビオのサイダーが美味しくて。
ムフフ

石川町元町から横浜首都高→横横(横浜横須賀道路)衣笠の出口から連絡道でまたすぐ海、30分少しほどで三上農園さん。近いねー神奈川、そこには首都への出荷を担う「野菜」ばかりさ。三浦半島の美味しい野菜たち。シュトコウヨコヨコこの響きが好き。

Posted on 8月 04, 2021

大船駅のバスターナルにSCが開業

Posted in Liberal Arts

大船駅のバスターミナルのところにグランシップというSC(ショッピンセンター)が開業、キーテナントにスーパーのライフ、1階2階に伊勢丹編集のフードに関連したショップを集積しています。2階は化粧品や眼鏡屋さんなど。港南台のバースとは棲み分けしているようにも…スーパーずきなので見とかないと気が済みません。

クイーンズ伊勢丹などはなくて、インショップのカフェ、和菓子、パン屋さん、ケーキショップなどが中心、それが故のフード&タイム
LIFE スーパーが運営するBIO-RAL というナチュラルスーパーが一階に、グロサリー系。

新しい小売のリサーチを続けています。そこから見えてくるものがあります。

Posted on 8月 03, 2021

デイリーズ

Posted in ムッシュの朝定

硝子の少年

いただいた、美味しいハート型のワッフルと。草ちゃんのグラスは使い良い、強いし。ヤタロウさんちのグラノーラは美味しいよ。
オリーブオイルを少し垂らしてます。草ちゃんのボウル。

小さな店ですが、店内の全ての隅々の商品・作品まで、造り手の気持ちがこもったものしかありません。最後の一つまで大切に使い手さんに届けています。造り手の言葉も添えて、小さな地元の小売店。私たちの使命、ストーリーズの伝搬。いつもありがとうございます。

Posted on 8月 03, 2021

産業史に残る歴史的な「変化」への予兆。

Posted in Think.

とても面白い号であった。章男社長の顔が載るが、トヨタの話ではなくてほぼVWの話だった。-この雑誌からの記事の引用ではありません-

ドイツで売れているEVの今年1〜5月の実績、1位 VW e-UP 2位 VW iD3 3位 テスラ その背景には4万ユーロ以下のEV車に9000ユーロの補助金がつく、なんと100万円を超える金額の補助。さらに2030年までの自動車税の免除。都市部においては公共の駐車料金は無料化、さらに優先レーン、バスレーンの走行許可などもついてくる。その積極的なEV普及の恩恵もあって、市場におけるEVの販売比率は10%を超えた。やる時はやるドイツの政府のこわいぐらいの徹底ぶり。日本は1%未満、ドイツがなぜやるか、脱炭素、地球温暖化による早急な気候変調に対するためと京都で最初に決められたもとに基づくのと、SDG’sである。が実は表面的、実際は産業構造の変化への対応、トヨタが究極まで高めたハイブリッド技術潰しとも見える次世代の覇権争いがあり、政府・国家をあげてEVへのシフトを行っている。EV化それはユーロ圏全体(イギリスを含めて)に及ぶ、イギリス、フランスが同様である。が、イタリア、スペインは遅れて日本程度でしかない。これらを言い出すとキリがなくなる、面白くもあるのだが。

EVに究極に求められるべきは、その電源はどっから持ってきた? である、化石燃料の石油や天然ガスでは意味がなくなるわけで、走るための充電、その電気は何で持ってきたのかが、アウトプットとしてのEV車よりも問題なのです。太陽?水力?風力?そういう視点からすると、産油国のアメリカ、中東、ロシアの意向はどうあるかがある、あまりにもビジネスが巨大で隅々まで浸透し尽くしている構造であり、そこがどうなるか、40年で枯渇すると言われていた化石燃料、シェール油田の開発が進み、それも伸びたとも言われるし、ロシアなどのシェールはまだ手を付ける必要のない産出量だ、しかしそこにも必ずシェール油田は存在する。アメリカがその採掘コストを下げたからその技術的な恩恵はロシアにもやがて届く。石油関連ビジネスの売り上げの喪失は国家基盤をも揺るがす。そうなると、民主党と共和党の政権掌握する時代との関係もある、共和党政権の地盤は化石燃料系だからだ。政権が次に変われば、その対応もまた変わる、脱炭素の背景には大きな矛盾が流れる。社会はまだ石油が売れないと困るのだ。

でも水素だろうと思う。これをどう脱炭素で生産し、配給できるかが日本の命運を左右する。中国やアメリカがEVへのシフトを早めた背景は空気環境汚染、自動車の排ガスの、それはひどかった差し迫る問題があった。日本はかなり前に克服、ハイブリッドの圧倒的な普及で東京の空気は結果的に綺麗になったのだ。ロサンゼルスの空気はまだひどい状態だろう。その背景があってEV化を官が主導してきた、実はとてもわかりやすい。その究極は水素燃料だろう、燃費が良い、最終水しか排出しないなどである。トヨタがハイブリッドの覇権を取ったように、水素をその次の覇権に行かせないための圧倒的なスピードのEV化のドイツ、欧州にしか見えないのである。しかし、EVと水素は脱炭素の目指すゴールの目標に含まれている。問題はアメリカには潤沢な化石燃料があって、水素を生産する必要はあるのか?ならばテスラの再生可能エネルギー仕様のEVが主役だろうと思っているところ、大気汚染と環境と、持っている資源としての石油の関係のバランスが崩れると問題になる、ある程度まではいいが、それ以上はアメリカの国家を支えてきた石油、そこが問題になる。それが売れまくったプリウスの時代と異なる、その梯子が外れた場合水素カーはアメリカでは難しいと想像できる。アメリカで主役でないものは世界戦略で難しくなる。そうなると、水素とEVの一体化による電気作り、家や街を含めて。そこに視点を持つべきで、富士で始まった実験がどうなるかがとても重要になる。どんな絵を描くかが。産業史に残る歴史的変化の今後9年だと言える。

個人の主観であり、メモ、感想、なんでもそうですが、諸説あります、やがて削除します。

Posted on 8月 02, 2021

ルブレフ 金

Posted in Liberal Arts

7個も上だと、さすがに弟ですよね、パブリュチェンコワがルブレフと組んだのが嬉しかったのでしょう。デレデレです。普通反対ですからね。彼女にとっては一生の思い出でしょう、ルブレフはまだまだこれからレジェンドになるページを描き続けますからね。ミックスダブルスは面白いです、スクールではずっとそれでしたね。早いサーブを間違って打ち込むとものすごく怒られたものでした、誰に打ち込んでるのー加減しろよってね。

これはフェデラーが奥さんのミルカとミックスダブルスを組んだ時のもの貴重、フェデラーのデレデレっぷりがかいま見えますし、めちゃくちゃミルカを守りに行ってややこしい球は打たせていない、7割ぐらいの守備位置をカバーしてる?>< 大げさか、、、ミルカさんが可愛いですね少女です。2002年のホップマンカップですからまだ結婚してない。付き合っていた頃。相手はよく見ないとわからないぐらいの小僧っぷりがとてもかわいいヒューイットです。サーブがやはりかっこいいですね、右足を寄せてきて肘が重いっきり却っているところ。ミックスダブルスはみんな表情が柔らかくていいですね。

Posted on 8月 01, 2021

技術と叡智(えいち)

Posted in Liberal Arts

最高にクールな宣伝ですな、イシハリ。日本電産とともに日本の強みの根幹なる企業ツートップであります。ここら辺に世界は追いつけない。歴史ですから。

いくつかありますがこれが一番ですね。のっけのこの女性の上げがいい。どこが作ったのだろう代理店、今から大賞差し上げますよ。カタイ企業がカタイことしてても仕方ないすからね。特に宣伝。夢を持たせてやらねば。

自分の身は自分で守るしかない。