投稿日: 5月 23, 2022

マニアック

カテゴリー: Liberal Arts

千葉光広さんの急須とカップが入ってきました。これ、窯変です。すごい、びっくりに素敵な見たことない表情しています。2個入ってます、オンラインに先ほどあげました。新茶が今週から始まるMWL それに合わせて、新しい常滑をご紹介してまいります。まず千葉さん、この窯変はありませんね他には。詳細が丁寧です。常滑の特徴ですね。仕事が綺麗目。ですが、マニアックな表情がとても素敵。2個のみです。新茶「遥」をこれで!

投稿日: 5月 23, 2022

ハイカラ 明日再入荷致します。

カテゴリー: おいしい

本日18時まで営業しています。

ハイカラ指定のご購入が増えてまいりました。伊勢茶の2種と宇治の抹茶を合組したお茶「ハイカラ」今朝改めて、水出しで飲みましたが、この色の如く、水色、清涼なるものに仕上がり、格別でございます。

投稿日: 5月 23, 2022

クラッシックカー

カテゴリー: アルチザンな人たち

僕的に今回の一番はこれでした。ランチアというイタリアの車、アウレリアのスパイダー、50年から約8年の生産でこれは54年のもので中期のものにあたります、8年ほどのモデル歴史の中でもデザイン的にも熟成されたモデル中期の製造年であると言えます。最も美しい造形だった頃ですね。

ランチアというイタリアの車、昔は松田が輸入代行して販売店まで展開していまして、都市には大体ありまして、オートザムという系列の販売店でした。神戸にも裏六甲に販売店があり、そこでランチア・テーマという、ゴルフをデザインしたイタリア人のジウジアーロというデザイナーのデザインの車がありました。これが欲しくて、新車で無理して買いました。松田がディーラーなら大丈夫だろうって。本当に欲しかったのはこのシリーズにどういうわけかフェラーリのエンジンを積んだグレードがありましてね、これがすごかった、顔がセダンなのにフェラーリのエンジンを積んでいて、内装もポルトローナ・フラウというソファメーカーが担当、ソファーのロールス・ロイスといわれたところがシート張りを担当していた。布張りではゼニアの生地を使ったモデルもあって、いかにもイタリア的なてんこ盛り状態。でもそれが当時は大変魅力的で、当時イタリア好きだった自分、でも高くて買えない、から、V6の2850ccのエルメネジルド・ゼニアの生地のシートのテーマを買ったのです。V6ってのは当時初めて乗ったのですが、想像していた感じとはおよそ違っていた、フワフワした感じ、サスも含めて、スポーツを思っていたのに、そんな感じだった。神戸から宝塚の実家に帰る途中の山越えで甲山から右へ宝塚カントリークラブの手前あたりで、まだ半年ぐらいの新車なのに、エンジンから煙が出てきて、びっくりした記憶が鮮明にあります。どうするよこれってことに、単純なオーバーヒートだったのですが、冷ますとなんとか走れて修理に出したのを覚えていて、それがランチアの記憶になっています。色がネイビーでした、いい色でしたね。

投稿日: 5月 23, 2022

ボーイズレーサー

カテゴリー: アルチザンな人たち

クラッシックって言ったって、頑張っても僕らに手の届くのは、そんなクラッシックじゃなくて、GTIとか、サンクアルピーヌ、205GTI、アウトビアンキA112 とかだった、それ以上のクルマなんてとんでもないし。そもそもボーイズレーサーという動きでなくて、ゴージャスだったように思う。デザインもそれぞれの国のお国柄ってのを背負ってましてね。いい時代だったように思うなぁ。加藤さんよく編集していただけましたね。

投稿日: 5月 22, 2022

夏の上質服

カテゴリー: アルチザンな人たち

日本製の高品質刺繍の生地の部分は綿生地・布帛、袖と肩の部分は日本製の肌に気持ちいい、綿ニット。(ベージュは完売しました)

サイズも今時のワイドシルエット、それがまた涼しい、色はダークネイビーです。刺繍の白い糸色がキチンと見えして、ちょっとしたお出かけなどに適していて、スカートでもパンツでも対応し、後ろから見たシルエットも布帛が故に奇麗目です。
背中の部分も布帛・コットン生地 肩と背中は薄手のコットンニット とても着やすく気持ちいい
シャリ感の、薄い夏カーデガンで合わせると夏寒に適応、カーデガンもワイドシルエットでまとわりつきがなく、暑苦しさもなくて、ほどよい温度調整に適しています。国内生地を国内で製造、日本の匠

避暑地の朝夕や海辺の風よけで着たい服 大人はシーンを特定する

投稿日: 5月 21, 2022

イベント「あたらしい横浜みやげ探訪」出店します。

カテゴリー: Liberal Arts

2022年5月29日(日) 東横線・妙蓮寺からすぐの、素敵な古民家HUGさまでのイベントに出店します。一軒家でのこじんまりとした小さなイベントです。個性的な5つのブースとプラスアルファです。MWLからは来週発売になる新茶とかいつもの雑貨を少しと、村山光生さんのかわいい一輪挿しが新たに入ってきていますのでその提案を行いたいと思っています。この日、石川町の店は店でオープンしていますので。

投稿日: 5月 21, 2022

To Victory 勝ち続けるために

カテゴリー: リスペクト
イガ・シフィオンテク 20歳の#NEXTGENにとってレジェンドが気にしてくれているというのはモチベーションになり続けているのだろう。勝ち続ける意味を教えてくれるからだ。指導をうけているわけではないが、ちょっとした時の声がけなどは、彼女が気持ちの拠り所にするものだろうと思う。似たテニスする、それはずっとナダルを見て育ってきたからだろう。
若くして頂点に立った人の多くはモチベーションの維持に苦労することになる。先日のオードリーとジバンシーの話とて同じで、同じ目的を遂行している到達点の高い人との出会いが大きい。