Posted on 8月 05, 2020

ポール

Posted in Liberal Arts

カメラマンの長女が撮ったPaul 。構図がさすがです。古いレンジでしょうかサファリ仕様かな。色がいいですね。ポールがこういうクルマに乗っているとよく似合ってますよね。いやぁいいなぁ。

Posted on 8月 05, 2020

朝定

Posted in Liberal Arts
昨日の夜作ったベーグルと先生トマトスープ(これがやみつきに)で。お皿はサンフランシスコのヒース、カトラリーはデヴィッド・メラー、ボウルはピリヴィッツ、このアップルジュースはオールナチュラルでうまいです、大昔からね。
フリスコの伝説の地、サウサリートを代表するミッドセンチュリーから「ヒース・セラミックス」であります。行きまくっていたから、もういつ買ったものか忘れた。ただ自分にとっては印象深いリマインドの対象、ロクロではなく鋳込みだけれど、生産性と雇用、街への貢献を考えると十分だね。クリエイティブとの両立はそこが大事なんだ。波佐見と同じだね。ストーンウエアだから比較的強いよ、これも。

Posted on 8月 03, 2020

高山寺画

Posted in Liberal Arts
高山寺画うさぎ 8,000円(税別)
高山寺画変形八寸皿(約24cm)25,000円(税別)

高山寺(こうさんじ)さんのインスタグラムより。秋になり出かけられるようになればいいですけどね。祈るばかりです。

Posted on 8月 03, 2020

Pillivuyt

Posted in お取り扱い商品

お気に入りのオービエのプレート、料理が主役で表情も作れます。大きさも16.5 、21 、26.5 cm と揃っています。MWLのオンラインショップで買えます。白磁にこだわりたい、まず基本から。スペシャリストたちがおすすめするピリヴィッツ。フランス製 美味しいをもう一段上げて行こう。

Posted on 8月 02, 2020

トマトのスープ

Posted in Liberal Arts

朝ごはん、先生のレセピから。昨日の夜仕込み、スープも器も冷え冷えにしておいたもの。美味しいトマトがあるこの時期だからいいですね。ドライトマトも美味しく添えて。スープボウルはピリヴィッツ、スプーンはデヴィッド・メラー。トマトスープには真っ白なピリヴィッツのカフェオレボウルが適してます。サイズ的にも雰囲気も、朝の場所も大きくとりませんからね。(先生がおっしゃるように、トマトを皮ごとオーブンで焼いて甘味を引き出してスープにしています。セミドライトマトも作りました。)一手間一手間が味になっていきますね。

この子は北海道の桃太郎トマト、これは大きくて二人分が十分に取れましたよ。美味しくてコスパもよく、リコピンを。

野村綋子先生のレセピで作る②

Posted on 8月 02, 2020

陶泉窯展 期間延長です。

Posted in お取り扱い商品

清水焼の陶泉窯展はご好評により、夏休み前の来週月曜日(祭日)まで継続させていただきます。全体像が見れるうちに、是非リマインドしておいて下さいませ。全体が見れることにより、類まれなる創作と京都ならではの造りを感じていただけると思います。

インディゴデニムのような表情を魅せます。
京都の野菜シリーズ、単品から集めることできます。楽しみになります。

宗達、光悦、光琳、織部が歩いたであろう、同じ街並みにクリエイティブが残る。その環境で創られるものが今もあるということを、八坂さんから清水寺、五条まで、たかだか一条下がるだけなのに、その左右の歴史の見事さはどうだろう。東大路をずっと歩いて見つけた、五条坂の陶泉窯。そしてその東大路通は九条まで続き、河井寛次郎舘、やがて東福寺、泉涌寺に辿り着く。

Posted on 8月 01, 2020

風神雷神

Posted in Liberal Arts

風神雷神は風神を風や雨、雷神を稲光や雷鳴の自然現象を神格化したことが由来です。そこから江戸時代初期の画家である俵屋宗達著「風神雷神図」を書いたことが有名で、風袋から風をもたらす風神のお姿や太鼓をたたいて稲光と雷鳴をならす雷神の姿はとても迫力あるものです。

花器 18,000円(税別)
抹茶碗 30,000円(税別)

風神・雷神は、古代インドの自然現象を神格化した原初的な神々で、後に仏教に取り入れられて、仏法の守護や勧善懲悪を行い、風雨を調え、五穀豊穣をもたらす神と信じられるようになりました。

このイメージの原型となったのが、三十三間堂(京都市)の千体千手観音の守護神二十八部衆と共に安置されている風神・雷神像だといわれます。古来の自然信仰や伝説に基づいて造られた日本独自の像容で、鎌倉期、本堂の再建時に像造を統括した湛慶がその作成に深く拘わったとされます。この像の姿形が、江戸期になって、有名な俵屋宗達の風神雷神図(屏風絵)に採り入れられ、宗達の図を尾形光琳が写すなど、後世の風神・雷神の像容として定着したものといえましょう。三十三間堂さんのホームページ

宗達の図のもとになった三十三間堂の風神・雷神像

京都ならではの創作が生まれるところ、絵を描く前にオリジナルをすぐ見に行ける環境がある。ありがたく日常づかいに。

Posted on 8月 01, 2020

New Kid in Town

Posted in Liberal Arts

先日クルマの中でインターFMを聴いていましたら、それしか聴かないですけどね。この曲が流れて、あら、イーグルスじゃないけど、、うまく歌ってるなぁ、いったいだれーとShazamで調べてみたら、JDサウザーですよ、なんとなんと。確かにイーグルスとは仲が良かったけれど、その時代のほとんどにJDが関わっていたのです。この曲も、ONE OF THESE NIGHTS(ちなみに僕のwritten nameのOOTNはこの曲の頭文字)の次に好きな曲でしたのですけどね。そしてこのYOU TUBEをみつけ、まだびっくり、あのハンサムさんの甘い声のJDが特徴で、それが故に当時あまり好きでもなかったのが、今やこんなにカッコよくなって、いい年の取り方だなと、細いし、ギター持って細身のグレースーツもこの手の西海岸系にはあまりいないし、何より顔がダ・ヴィンチみたいなローマ人風になって、とてもいい、マダ甘い声も出てるしね、容姿とのギャップがいいですね。久しぶりにいい曲を聴かされて、とても嬉しかった。