Posted on 3月 04, 2017

伊藤雅風の本朱泥

Posted in お取り扱い商品

伊藤雅風さんは急須の土作りを地元知多半島の土を使い、半年かけて行います。かたくななまでに、明治の頃から続く本朱泥の急須の作り方を守っています。この磨きのタイプの素地表面の絹のような滑らかさは土にこだわる常滑ならではのもの。
土でありながら、絹のようである、これは手にとっていただかないと解り得ないですね、土の性質と共に、どれだけ指先の繊細な技術が伴なうものか、ということでございます。小さな急須に魂が宿るという言葉がなんか解るように思います。
本朱泥・磨き茶壺(酸化焼成)