建仁寺

祇園の花見小路の喧騒を抜けると建仁寺(けんにんじ)の境内にあたる。今回の出張の目的の一つはここにお参りすることにありました。建仁寺は臨済宗建仁寺派大本山、京都五山の一つ、創立者は源頼家、開山は臨済宗の開祖・栄西禅師。創建は1202年日本で最古の禅寺の一つ。寺格の現れとしての類い稀な文化財を多数所有していて、もっとも有名なのは俵屋宗達の国宝・風神雷神図(現在は京都国立博物院に寄託中)、また、栄西禅師は日本に茶の種子を当時の中国・宋より持ち帰られて、日本では廃れていた喫茶の習慣を再び伝えたことでも知られています。そういう意味で日本の茶の祖と言われています。「喫茶養生記」上下2巻を著しました、上巻では茶の種類や抹茶の製法、下巻では身体を壮健にする茶の効用が説かれています。

5月初旬に初摘みで6月5日にお供えされるための覆い下茶園がある、なんと、ひっそりとである、抹茶用茶園。まさに新茶の季節であります。

茶室・東陽坊

風神雷神図 これは複製、本物は京都国立博物院に寄託

中庭の青紅葉は今が盛り。

PHOTOS:MWL STORE

箸勝本店の客箸

勝烈庵大かつの日という日が毎月設定されています。
棟方志功の作品の数々や書かれた文字、テーブルや調度品、店舗内装やインテリア、ランプに到るまで、飾っている大皿などなど、勝烈庵本店さんは民藝精神の極まった店舗です、ほとんどの人は知らずに過ごして出て行く、もちろんです、それでいいのです、そのこだわりがメニューやものづくりに現れています。だから美味しい。
関内駅の天吉、カツレツの勝烈庵本店、馬車道あ〜たりで待っているぅ です。

ほんでもって、勝烈庵さんのお箸は、箸勝製、一膳で終える役目にしてはあまりにもったいなくて、私はいつもいただいて帰ります。吉野杉ですからね、なんせ、そこにも創業者の民藝への思いが現れています。選ぶものはなんでもいいはずがありません、長く続くお店には必ずそういうへそになるような、ものづくり以外の部分の精神が入っています。

ということで本題、MWL STOREの右の取り箸と丸い箸置きは京都・公長齋小菅の竹製品、そして左のお客様様箸は外神田の箸勝本店の吉野杉の利休箸、おもてなしの箸、凛とする。

舞鶴の真泥(マディ)

京都・舞鶴:真泥さまから窯が開いたとご連絡いただきました。
待ちわびていたものがとうとう出てきました。
よって、今週の日曜日はお店はお休みいただきまして、京都から関西の産地さんの訪問に行ってまいります。GWの代休も兼ねています。。。
そして裏の目的は、実は青もみじが好きでしてね、これからのしばらくは京都のお寺さんは青もみじが美しいところが多いのです、特には、、、また、ここで報告させていただきます。
桜も、紅葉も美しいのですが、GWの喧騒も過ぎて、静かな青もみじ、これがいいのですねー。私はこの時期が気持ちよくて好きな京都です、青もみじを堪能してまいります。来週の末には「マディ」さんの作品のご案内ができると思います、そして販売をさせていただく予定でございます、その後の詳細もまたここでご案内させていただきます。

石川町1丁目 MWL STOREです。

ercol

ercol のアンティーク・ダイニングセット、お店の什器のお話です。これはロイズ・アンティークスさんがイギリスでアンティークスを買い付けて自らの工場で修理・補修し再販する製品の証明としてのロイズの焼印入りアーコール・ダイニングセット。アンティーク・アーコールを店に使うということが一番最初に決まっていました、まだ内装も最終決定していないというのに、店を開けるまで半年以上倉庫で眠っていました、アンティークでアーコールというのが自分の中で絶対条件でありました、まずアーコール、それにロイズのお墨付きがあれば、言うことはないし、、、
一見何の変哲も無いものですが自分にとってはとても大事な象徴です、アーコール。
イギリスに行くたびに色んなアンティークショップを見て回っていましたが、日本のロイズさんほどイギリスものアンティークを正しく復元されているところは見かけません、日本人の几帳面さとブランドの誇りです、だから焼印が入る、それによって品質も価値も上がるというもの、ロイズの目が通っているからですね。この焼印の意味を知らずに購入される人も多いのじゃないでしょうか。
自分の編集の考え方ですけどね、古いものと新しいもの、あるいは最新のものを混ぜる、古いだけでも新しいだけでもなくて、自分が経験してきた頭のファイルでミックスする、引き算しながら、どうしても足して、足してになってしまうので、引き算することを念頭に置く、品揃えも、製造元の製品は多い、多い中からMWLはこれを選ぶということ、その他の世界で膨大な色んなを見てきてこれを選んでいる、という主張ですね、これでいいじゃなくて、これがいいです、ということ、私どもでお買い求めいただく意味ですね、好きなものは多くない、せめて自分たちの店はそうありたい。

 

ものには旬というものがあります。
上旬、中旬、下旬がそれです、10日間のこと、
桜も10日です、開花し散るまで
日本人のもののあはれはそれに由来する
旬を大事にするというのは、日本人が忘れては
ならないもの、日本の四季は美しい
じゃ、今は何が旬か、
山の緑です、若葉です、萌える若葉
お茶を大事にしてきた日本人の心は、お茶に
凝縮されていると思うのです。

中区石川町一丁目 MWL STORE

颯爽とした新茶でした

試飲しました、とても爽やかで、奥深い味わいはリーフ茶ならでは。上質な急須で淹れることによって、さらにその風味が引き立てられます。素材、道具、シチュエーションの関係。選ばれし地・南勢のお茶。
間も無く店頭に。お茶にとって新年の始まりを意味して、この時期にしか飲めない味わいを楽しみましょう。美味しいお茶は上質な急須でいただきましょう。

Made With Love

あてなよる

「あて」とは酒の肴のことを言う。
京都料理界の女神にして「あて」の求道者・大原千鶴さんと酒のセンスの人、ソムリエ・若林英司さんの番組、料理は言わずもがな、酒を合わせる選びのセンスやグラス、酒器に仕事柄目が行ってしまいます。どんどん呑み続ける千鶴さんの呑みっぷりも素敵です。人を次の日や次の目的に向かわせるのは、美味しいものや、気持ちのいい酒、楽しい話の出来る時間、なのでしょうね。
NHK BSプレミアム 春編がもう終わるのかなぁ、常盤さんと団さんの出演が嬉しくって。

自由な風

ただその存在だけで、その人が会社にいるだけで人を育てるという人がいます。
直接何を聞くとか話すでなくても時々出会うということだけであっても、
何をしてきた人ってことはみんな知っているわけで、社内で、いいものが生まれて繋がっていく、それが風土とも言えるのかも知れないが、そんな自由な風がその人から吹いている。