才谷屋

楽しかった夏休みも終わりに近づき。
収穫の多い旅になりました、訪問各地の皆さまありがとうございましたー。
横浜に帰ります。

舞鶴

マディさん訪問。
これからのことや、少し先にはなりますが二人展開催のことなど有意義にお話することができました。楽しみです。
そして今回はいままでにない、服部さん、村山さんの大きめの作品と新作を少し買い付けさせていただきました。金曜日には店頭に並びます。

伏見の月桂冠。

「南部杜氏」は岩手県を故郷とする日本で最も規模が大きく、技術も高い杜氏集団。おそらく遠く離れた京で酒を作る杜氏は、チリンチリーンという風鈴の奏でる音で故郷の家族を想っていたのだろう。南部杜氏と南部の風鈴。こういうものを残している月桂冠さんは素敵です。

杉玉がさがるのはここが蔵のしるし、酒は日本人に神聖なる飲み物、月夜には酒である、やがて秋。

酒造りには潤沢な水が必要、京・伏見の酒造りの繁栄に欠かせない、美味い水。伏見は水の街。

昔から無添加の生にこだわり続けた、月桂冠

会社敷地横にある大倉本家入り口。