年始は5日から営業いたします。

戌年の頭に竹籠をかぶり、笑うに見せて、笑う門には福来たる。
京都人のユーモアですね。

初売りは明後日5日の12時よりでございます。
マディさんの作品が5日夕方に初荷で到着します。年末までの作品にプラスされますので、ある程度の量になってお見せすることが出来ています。今までにない作風も揃います。
週末の3連休も含めて、是非石川町までお出かけ下さいませ。
少量の先着30個ではございますが、3千円以上お買い上げいただきましたお客さまに京都・錦市場の千波さんの山椒ちりめんをご用意させていただきました。
今年一年のご愛顧を何卒宜しくお願い申し上げます。

MWL STORE

Fika

フィーカとはスウェーデンで「お茶の時間」のことを言う。フィーカなしにスウェーデンは語れない、朝でも昼下がりでも夜でもするらしく、同僚、友達、家族、人と接する質の高い時間を確保するための方法らしいのだ。
まるで昔からある日本人の「お茶の時間」のようだ、庭師に手入れしてもらっている10時と3時には必ずお茶と一緒に何か甘いものが出ていた、昔の日本にも(今も)似た習慣があった。質の高い時間を過ごすすべという意味では共通なのだろう。
地上で読む機内誌「PAPER SKY」の特集がスウェーデンとフィーカで興味深かった。
フィーカに欠かせないシナモンパンのレシピが載っていたので、そのままに作ってみたら、これが結構に美味くって、ちょくちょく作って見ようかということになった。形はオリジナルにしてみた。

特集の中には、スウェーデン繋がりで”オスカル・ブレケルさん/日本茶伝道師の話も4ページありまして、なかなか面白く、これからがますます楽しみな日本茶インストラクターの方です。日本茶にとってとても重要な人だと思っています。

お茶のある暮らし
丁寧に暮らしてみる