「ホタル」のワインカップ

春から夏、白山陶器のホワイトモダニズムが入荷です。MWL STOREの今年春夏のテーマはホワイトモダニズム。

普段使いに適していて、それでいて美しく、デザイン的に自立した特徴があり普遍性もある、手に馴染み、ちょうど良い量、ワインカップ、こういう飲み方があっても良いと思うのです、もちろんワイン以外でも夏・冷たい煎茶(磁器を薄く仕上げています、熱伝導が早いため熱い煎茶には適しておりません)を飲むのにも使えます。もちろんお客様に出しても、おもてなしの気持ちはとても伝わりますねきっと。

おそらく元々の技法は大陸からの影響なのでしょうが、デザインは佐賀や長崎の里山の小川に飛ぶ「蛍」それらの夏の光の印象的な美しさ、それらも発想の原点のひとつだろうと僕は勝手に思っています。九州のホタル。

デザインは白山陶器デザイン室の富永和弘さん、森正洋さんからも直接指導を受けられた今や数少ない人のお一人です。この作品は2012年度のグッドデザイン賞を受賞。これをワインカップとして提案しているところが素敵で、ワインを入れてその薄いホタルの光の部分に映るワインの色が光にかざすととてもロマンティック。飲み物を入れた内側からの模様や光の変化が、安らぎや楽しさを与えてくれ、独特の世界観を演出してくれます。伝統的な技法を現代の感覚に上手く適応させて、高い品質にまとめ、そして求め易い価格で提供できている点も評価されるところ、そこが一番難しいところです。
実はこの作品、ホタルの穴を一個一個を手で開けているのですよ、そして光が透過するのは釉薬の透明感をかけて。一個一個の穴を手であけることがどれだけ大変な事かと、それが完成するとこんなアートになる。僕は基本ここで価格のことを言うことはありません、店頭にお越しいただきたいですし、そこにある物語、お話をお聞きいただきたいからです、それが僕らの周りにいる作り手さんたちの作品を取り扱っている使命、ミッションだからです。縁あって繋がっています、その縁、大事に丁寧にします。品質、デザイン、思想、価格が高い次元である作品(この時の価格が高い低いでいうと低いとなります)バランスの高い作品とも言えます。かなり少ないです世の中に。白山陶器の伝統的な真骨頂です。

Falk Art by Hand
Made With Love
MWL STORE

ホタル

白山陶器のホタルが店頭に並ぶ時に必ず聞きたいとずーっと思っていました。店で聴くじゃなく自分でですよ。
この曲を聴くたびに、初夏から始める、ハクサン・ホタルやるぞって思ってました。1年以上前。
意味がよくわかんないですが、だいたい発想ってのはそんなところにあリマス。

ー闇の途中でやっと気づいた、すぐに消えそで悲しいほどささやかな光ー

マイ ホーム タウン

長らく工事中でありました、石川町駅のリセンヌ小路側の出口、いよいよ、いよいよ明日、オープン。
リセンヌ小路側を使っていた人たちが本当に長く待っていました、この日。

浜松

出張で浜松へ一泊二日。

生茶ボトルデザイン変わりました、どうなんでしょ、僕は前の方が好きですね。

美味いとの情報があり。「とん兵衛」さん

鹿児島の黒豚を使われています。柔らかくて、味に深みがあって、味噌汁も出汁がよく効いて美味しかった、写真にないですが、キャベツの刻みとサザンアイランド風のドレッシングも美味しいです。満足。
そうそう、お店で出されている煎茶が美味しかったのですね、さすが静岡だと思いました。

浜松の銘品と聞きつけまして買いに、まだ食べてませんが。キルフェボンもここの出身ですよね確か。お城のある街は文化が育つ、これも洋菓子ですが、本来、茶と茶菓子の発展系と読み解くべきで、多様性のクリエイティブが進化してビジネスになっていくということで、神戸などでも見れる、ケーキ屋さん、パン屋さんの切磋琢磨っていうんでしょうかね。素晴らしい現象です。

フルアタックではありませんが、浜松駅がカーブの中に存在していますので、でもかなりのスピードです。
のぞみで行くからねー

ヤマハ → 楽器、ヤマハ ↓ 発動機。語尾の発音のことです、そのまま真っ直ぐの発音と、語尾が下がる発音らしいです。
お父さんがヤマハ発動機におられるお嬢さんからお聞きしました。ホンダ、ヤマハ、スズキの故郷 遠州。
すごい街ですね。