Posted on 6月 22, 2018

Outdoor 2019 Friedrichshafen

Posted in Liberal Arts

フリードリッヒスハーフェンのアウトドアショー

メッセ会場に行くまでのシャトルバスの車窓から。色んな作物の畑が広がる、本当に色んな種類、それもビオ(有機栽培農産物)と書いた畑が多い。国策で補助金があったりするヨーロッパ。

これも何?不思議な形。

覆い下の畑、果たして?

メッセ会場

ストーブを入れたテントの提案が何社か見受けられた。こちらは滞在が長いですからねキャンピングの。

アウトドアインダストリーアワードを取ったグレゴリーとブラックダイアモンドの製品。

クリーンカンティーン
1%フォーザプラネットの会場オリジナルを特別価格で、思わず買っちゃいまして。パタのイヴォンやノースのダン、レジェンド・ファウンダー オブ アウトドアな人達が設立した運動、売り上げの1%を地球環境を守ることに活躍する個人や団体に寄付することで活動を支援することを旨にする団体。この方はクリーンカンテティーンのCEOでファウンダーの方、色々お話しましたよ、昨日はイヴォンも来ていたよと言ってました。

バッハ 

日本に入っていないフォルクスワーゲンでいいのがいっぱいある、最近ワールドプレミアした新型トウァレグも日本ではドロップした?との噂。

わん、とは吠えない、おとなしい子。

ノースの新しいライン、日本のナナミカの影響は大きいつまりGW

 

雲の上を走るという意味で、ソールから受ける感覚はそういう感覚のようです。IT用語のクラウドとかけているのでしょうね。