Posted on 11月 30, 2019

安土 草多 個展

Posted in Liberal Arts

ゆらぎ・ぬくもりのガラス展は続きます。

スタンダードとも言える、光はたった10ワットなのに効果は大きい。
いろんな種類を持つと、こういうのも欲しくはなる、バブル。
緑のガラス、色付きのガラスは個展の時に出てきます。
上と同じ、残り少なくなりました。透明と並べると存在に目がいくようになります。
クラックの入ったランプ
上のもの、寄ってみるとこんな感じ、光の拡がりに意外性があります。
長いランプ、あるようでなかなかない。クリスマス。

Posted on 11月 30, 2019

HONDA CB1000R

Posted in Liberal Arts
実に美しいバイクですね、最近見た中では最も。1年半ほど前の発売ですが、それぐらい経ってきてちょうどよくなってきた、服でもありますね、1年寝かすってこと、買った時のシーズンじゃなくて次のシーズンにずらして着るってことです。デザインってそんなこと、その時だけの価値じゃなくてね。コンパクトなボディと運転姿勢の楽さがツーリングに向いています。とにかくあらゆる部分のパーツデザインと性能にバイク好きな開発者の思いが詰まっている、バイクが売れない時代、乗らない時代に稀有な存在であります。こういうネイキッドでありながらCBR1000RRのエンジンを搭載しています。バイクが売れない時代の価格政策のたまものでしょう。価値に対しての相対的な価格が安すぎる。ETCを組み込んだのもあります。これは工芸であり民藝だな。日本人はこんな優れた製品を造っている。

Posted on 11月 30, 2019

Le Paris des surréalistes

Posted in Liberal Arts

シュルレアリストのパリ・ガイド こういう視点のパリ・ガイドはおもしろい、出た時から気になっていて。単なる観光のガイドなどではなく、幻視のパリ散歩へ読者を誘おうというわけである。「その発祥地であるパリなくしては、シュルレアリスムは、理解されることも、感知されることもない」というアンリ・ベアールの言葉どおり、日々、パリの街を歩き、生活していた彼らシュルレアリストの感性のありかは、パリの街の風景とそこに醸成された《息づかい》と切っても切れぬ関係にあることをテーマにした本です。シュルレアリストにとって、パリの風景、歴史、地形、そこに流露する《息づかい》が何ゆえに誘惑の対象であったのか、彼らの感性と思考をたどった本と言えるでしょう。

シュルレアリスムとデカダンス 100年前のパリ。

Posted on 11月 29, 2019

京都鳩居堂本店

Posted in Liberal Arts
12代当主の素晴らしい文言でございます。
いつもの本店は改修工事中なのですが、お向かいでしっかり営業されてます。
権太呂さんの冬の定番の一つ、今日は餡掛けじゃなくて鍋焼き、美味いんだなこれが。京都に冬が来ました。

Posted on 11月 29, 2019

お正月の準備。

Posted in Liberal Arts
何はなくとも離世詣で。
聖護院の琵琶湖からの疏水、京の豊かの根源。この写真綺麗、最後の京の秋に間に合った。
川端渡ると鴨川、左はリッツ。これも綺麗。
オ-ガニック煎茶もろうてます。生は道明寺、雪ノ華どす。さて、京都鳩居堂本店に向かいます。

Posted on 11月 29, 2019

京都入り。

Posted in Liberal Arts
おめでとう新横! マイ・ホ-ム・タウン
嬉しいね車内誌の特集が常滑だった、縁があるね〜常滑に!
とこなめ陶の森、この建築は本当にすごいんだ、心がふるえた。そんな建築は今まで一度もなかった。専門家しか知らないけどね。街物語なんだよ。
京都にはイ-ジ-なダウンウェアじゃなくて布帛で行きませう。今回はこれ持って、なかなか良かったですよこの特集。ま、でも行くとこは決まってはいるのですが、情報はリバイスドしておかないとですね。