Posted on 12月 07, 2019

Drake’s

Posted in Liberal Arts

ドレイクスと読みます。設立から今までネクタイとシャツを作り続ける、今や英国に残る希少なファクトリーブランドです。現在ではアウターからジャケット、パンツまでフルラインナップのブランドです。BRITISH MADE ドレイクス

 

イラストレーターの反町さんを起用したルックブックが素敵ですね。スーツがとても似合う方です。
日本の民藝ショップのルーツ、鳥取の「たくみ」さん銀座店です。民藝はここからです。
いい色合いです。
スーツがよくお似合いです。

Posted on 12月 07, 2019

渋谷PARCO

Posted in Liberal Arts

そして渋谷エリアの真打の登場。やはりパルコですよ、本当にすごいな、もうほんと。シャンゼリゼのギャラリーラファイエットとかニューヨークのハドソンベイ、ロンドンのコールドロップスヤード(CDY)などの先端な商業施設を見てきてますが、渋谷パルコが圧倒しましたね。やっぱり東京すごい。そのコンテンツの豊かさと人を集める力と、新しさ、文化発信性、ファッション、食、シネマ、全てが最先端でした。さすがなパルコです。あのパルコが輝いていた時代が再びです。これはパルコにしか、渋谷にしか出来ません。3階4階のファッションの集積は素晴らしいものがあります。東京のスピードに吹き飛ばされそうになるぐらい、街が競い、ブランドが競い合っている。

公園通りの真打が復活の狼煙。
これは嬉しい配置、WAVEをビルの角に配置しました。すごいなよくやりました。社長の思いのぶっ込みですかねぇ。また時代進化しているから面白い。
公園通りに燦然と輝くPARCOマーク
ディスクユニオンのレコード店、ユニオンレコード、まだコンパクトディスクすら無かった時代はディスクユニオンはユニオンレコードって言ってました。そしてアナログレコードが再度復活しているこの時代にユニオンレコードとして復活、洒落ですよ洒落。いいですね。でもちゃんとビジネスする計算が働いている。
いい壁面
入りたかったけど今日は時間なくて入れませんでした。クアトロですよ!
クアトロラボは、クラブクアトロがプロデュースするミュージックカフェ&バーです。店の顔となるハンドメイドの大型スピーカーと、
5,000枚を超えるアナログレコード・CDのコレクションに囲まれた空間で、音楽と飲食をお楽しみいただけます。昼はカジュアルなカフェ、夜はこだわりのミュージックバーとして、アナログレコードのあたたかい響きに包まれながら、ゆったりとお寛ぎください。
とのこと素晴らしい。
いいキャッチのポスターです。シンプルでいいです。
サブカル感満載です。
ここに入っている飲食はかなり厳選されております。なんせ渋谷パルコなんで。
なんかいいでしょ?
これうまそーだったな。
私のご贔屓、「たかお」さんがなんとなんとパルコにしかも渋谷、いい目利きですパルコさん、他の飲食のリアルでレベル高い、つまり中庸のプレミアムな集積が感じ取れますね。
これまた普通に美味しそうですね、ギラギラしすぎてなくて。
デジタルな売り場はお約束です。
私の好きなサタディズ
駐車場じゃございません、パルコの昔からの色でマーク。
西部流通グループといえば昔はこの左の方でした。今日は見れずまた来ます。
公園通りの入り口すぐに。
アッシュペーさんのセンス、本当素敵、東京って感じがする。日本にアッシュペーあり。

Posted on 12月 06, 2019

表参道、光のイルミ。

Posted in Liberal Arts
大忘年会があり、渋谷から光のイルミネーションがとても美しい表参道へ。さすが東京な風景、横浜とはまた異なる都会感。
表参道ヒルズの中央真前の夜景を見るに最高の場所でありました。楽しかった。

Posted on 12月 06, 2019

東急プラザ渋谷

Posted in Liberal Arts

渋谷の圧倒的な進化が止まらない。スクランブルスクエアからJR渋谷駅を挟んで反対側のこの東急プラザ渋谷。周辺の施設の中でも特に大人が利用できるものになっています。まずは入り口の2階にBEAMES JAPAN そしてその隣に大人の女性に人気のサザビーが運営する食品、雑貨、和食カジュアルダイニングのAKOMEYA TOKYO、3階には公長斎小菅やMADU、特に大人の女性を意識したと思われる4階には、その健康をテーマとしたショップを配置、ウォーキングやコスメ、インナービューティ、アロマ、ヘアサロン、漢方まで、そこにその世代の方達にはお約束の自由が丘を引っ張ってきた、私の部屋にキャトルセゾンという、痒い所に手が届く布陣。いずれも従来の店舗構成をブランドリニューアルをして時代対応した。5階にはそのスペースの半分を三井信託銀行が占め富裕層個人のデジタル投資を見越した配置。6、7回は食でありなかなかの集積となっています。大人の女性が結構時間を費やせる場所ではないでしょうか。しかし、スクランブルスクエアといい、この辺り渋谷には大人の男性のスペースは全くなく、全て女性にターゲットを絞った編集というのも、リアルなのでしょうが、少し寂しい、進化が止まらない渋谷なのでした。

ビームスさんはすでに今様の百貨店を運営できる唯一の最近の企業だと思う。一棟全てを編集したものを見てみたい、動物園的な混ぜ混ぜをね。よくぞここまで進化しましたね。進化したら老舗。
デパートが独占してきたこのコンテンツを渋谷の最先端でできるとは。
ビームスさんレジはすごい大判のタッチパネルにカウンター置き読み取りのRFIDと、このかっこいいSIIセイコーインスツルのモバイルプリンター、コストを抑えるレジシステムの構築とIOTデジダルを着々と導入って感じですね。普段は服が中心の売りになるので十分なのです。キャッシュレスへ。

Posted on 12月 05, 2019

原弘

Posted in Liberal Arts

アマゾンにも古本としてあったのですが、現物を見たくて中野まで買いに。

DESIGN IS EVERYWHERE

Posted on 12月 05, 2019

Interlubke

Posted in Liberal Arts
ジャーマンデザインアワードのゴールドとりました。インターリュプケ
昔からインターリュプケのこういう内装が好きです。
こうあるべきだと思う。

Posted on 12月 05, 2019

Copenhagen 2019 Oct.

Posted in Liberal Arts

10月に行った時のコペンハーゲン、それにつけてもこの自転車の多さ、夕方の帰宅時間です。自転車がラッシュ、自転車専用のスピード路線などがあってそこに間違って立っていると、自転車の人からとても怒られる。当然のことながら車が少ない、結構な距離も自転車で通う。自ずから駐輪場とか歩車分離とか、車との住み分けはもう長い歴史の中で積み上げられている。環境にいいのはもちろん、体にいい、だから乗っている。世界で一番幸せ度の高い国というのは国民の意識そのものがとても高いように思います。

Posted on 12月 04, 2019

安土さんの個展、会期延長のお知らせ。

Posted in Liberal Arts

安土さんの個展、会期前半のご好評により、作品の追加と期間の延長を行います。写真は全て本日届いたものです。この機会に是非お越し下さいませ。切れていたかわいい”丸”のランプが入荷しています。12月15日(日)までの延長です。この機会に是非、ご来店をお待ち申し上げております。

持った感じの底の重さの感じがとてもいい、厚底のウィスキーグラスが2個入っていました。
切れていたショットグラスも追加に。
この平丸はかわいいですよね。
人気の丸が再入荷
実はとてもかわいい バボー

飛騨高山ゆらぎの吹きガラス・安土 草多 個展 2019 MWL STORE