本日も丁寧な一日、始まりました。

今朝です。恒例のLes Prairies atelier asako 先生のお花のワークショップ開催されました。やはり春の花に心動きますね。あなたもお花のワークショップに参加されませんか、MWL STOREのお店のSNSをご覧ください。これから数ヶ月は年中でも特に花が美しい季節、是非ワークショップへ。

横浜・根岸線、石川町駅元町口から40秒のMWL STORE 横浜のルーツオブルーツの入り口にあります。

鳥取・国造焼

鳥取の国造焼・山本佳靖さんのお皿。7寸皿(21センチほど)が入荷してまいりました。これからこのお皿をベースに大きくしたり、小さくしたり、他の用途のもののバリエーションを増やしていく予定です。まずはこのお皿から。

色白でしっかりとした肉厚のお皿、とても重宝するはずです。使いやすくて、料理が映える、日常美が美しいお皿を作っていただきました。さすがです。

資生堂GIC

長く楽しみにしていました、何を資生堂はやるの?と、嬉しいじゃありませんか、横浜に最先端を持ってきたのですよ。ソーホにCDGが出来た時のようなもの、美しい鳥が舞い降りてきました、海辺に。これがあると無いでは街の格が違います。いい街になるなぁこれからの横浜ベイエリア。SHISEIDO Global Innovation Center MM 資生堂のグローバル・イノベーション・センターなる研究施設、つまりブラックボックスをみなとみらいに持ってきてくれました、横浜すごいって言うか、林さんすごい。市庁舎だって間も無く完成のプリッカー賞受賞の槙先生ですから。戻り資生堂、化粧品の研究所として単一の施設としては世界最大級。GWは混みますから、明日か明後日に地元民は行きましょう。資生堂はやっぱりやるときはやるな。女性市長ならでは、いや多様な経験のある林さんならではの街づくりが形になってきました。

GICのコンセプト

1.都市型オープンラボ
自身の選択眼で消費を行うアクティブコンシューマーとの、直接的な交流をとおした価値づくりによる、お客さまのこころに共鳴するコトづくり
2.多様な知の融合
最先端の研究機関や、流通などの異業種との出会いによる、新たな価値の創出
3.グローバルイノベーションハブ
世界中のお客さま・技術情報の一元化と、グローバル展開による価値の発信、一階にはビューティーバー、アクティブ・ビューティー・ステーション、そして健康美に美味しい資生堂パーラーも併設。ビルの前のバス停の広告はアルティミューン 世界中で13秒に一本売れている 一本1万2千円の美容液、世界132カ国でビューティアワードに輝く、さすが一兆円企業です。モノづくりの醍醐味ってこんなところにありますよね。モデルはダンサーの菅原小春さん、この子がまたすごいんです。目ヂカラの強さ。

世界中で13秒に一本、1万2千円が売れていくー
これはこれからの横浜の100年の計になる、それぐらい大きな仕事しました林さん。
イノベーションと名乗ってますからね、ただものじゃありません。
日吉にはアップルも招聘しましたからね。
ビーガンでない7割野菜のリアリティある食べ方を美味しく、いただきましたよ。by 資生堂パーラー
ツールのデザイン力の高さが半端ない、これがクリエイティブと言う、本当に優れたオシャレと言われる会社の仕事です。
美味しくて、体にいい食事。それが美容。おそるべしGIC 。GW混みますからね、お早めに体験ください。

リーチ工房のマグ

やっぱり好きですね、持ちやすくて、紅茶を飲むのにちょうどよくて、後世にこれだけの影響を与え続ける人の窯だから、なんか飲んでる時も特別な感じがする。伝承バーナード・リーチ。

神戸・マリンデイのトート。

ここんところ、この色がお気に入りなのです。リネンの生地も、レザーのハンドルも、夏に向かう季節だから、こういうはっきりとした色もいいですね。服の色との合わせ方でバッグが引き立つ、上質なお出かけトートですね。

森林公園

桜のざわめきも去り、ふだんに戻りました。これから五月中旬までが一番気持ちいいです。空と雲の関係がおもしろかったからパチリ。
今朝の森林公園の大銀杏、あっという間に葉が出てきます、日に日に。

コウダスタイル

コウダスタイルのバッグ、お客様注文分のご紹介、いい色合わせでしょう。

ブラックにブラウンの2トーン、色んな色の掛け合わせで、一色のバッグというよりも、自分独自のオリジナルが、自分の好きな色で作れます。4ヶ月かかります。
一つ一つ丁寧にお作りします。注文の順番がありますのでお時間はいただくことに。
愛着仕様の自分のバッグ。春にオーダーして夏にやってきます。8月ですね。静かに人気が出ています。大人のためのバッグ。

ミセス5月号

5月と言えばお茶のシーズンインにあたります。流行中のワンピースの取り上げもなかなか良くて、ミセスのファッションページは素晴らしい、今月も。デジタル化せず、紙で行きますミセスも装苑も。