Posted on 8月 18, 2019

陶泉窯

Posted in Liberal Arts
先月のことですが、納品された商品の箱の一番上に、このようなものが入っていました。ハガキとほおずきを描いた香りの紙とそしてハガキに書いているのじゃなくて、PPの袋に白い字で印刷されていて、これを選んでいるということがすごいなと。印刷一枚で済むものをそれぞれが立っているのですよ。なんかこれを見ただけでほっとした気分になって、とても嬉しく感じました。やはり京都の老舗の心意気ですよね。クリエイティブ尊敬しています。

Posted on 8月 18, 2019

横浜美術館

Posted in Liberal Arts
ご本人、とても毛筆のお上手な方で、その描かれた文字そのものがアートだと思いました。毛筆系が特に素晴らしいです。びっくりです。フォントと言える、やっぱり美的造形的なセンスが卓越してらっしゃったのですね、そうとしか言いようがない、この毛筆系の美術的価値。色々みてますけれど現代でもこれほどのデザイン的に美しい毛筆は見ませんね。

Posted on 8月 17, 2019

Likes the Beatles

Posted in Liberal Arts
Sexy Sadie って題名がいいですよね、さすが詩人ジョン
なんと、ジョージ・マーチンがレコーディングに付き合ってピアノ弾いてます。
ビートルズの曲で好きなのを一曲上げろと言われたら、僕は迷わずにこれ、a day in the life ですね。いい曲ですね。

Posted on 8月 15, 2019

変わるものと変わらないもの

Posted in Liberal Arts
こういう書斎でモノ書きをしたいね。
ヴェンタイルのコート、撥水性にすぐれブレサブルである。
二十年以上メンズファッションを真剣に見てきた、変わるものと変わらないものが如実にある。
同じようなものでもセンスある人が作ると違う。
写真の構図、ポーズ、表情、魂を入れる。
ブリテンはメンズファッションの全てのルーツ、これもヴェンタイルだね。
メンズシューズだってそうだ。
イタリアンのようだけど、そもそもブリティッシュ。
らしく着ること

夏休みなんで