ホテル


サンジェルマン裏の小さなホテル。初めて泊まったのは15年ほど前、女性オ-ナ-はその頃からずっとフロントにいます。顔なじみに、治安の悪化を受けてパリは控えていましたが、それを覚えておられました。一年半ぶりだっけ?と。

サヴォワ邸

今回の目的の一つ、パリから1時間ほどの閑静な住宅地にありますル・コルビュジエの作品であり、近年世界遺産認定を受けたサヴォワ邸に行きました。寒い冬には人もまばら、世界遺産好きな(自分も)日本人も少なめでした。フランスの郊外の暮らしってこうあるのですねって感じ、別々のお2人のとても親切なフランス人の方と出会って、感謝の旅になりました。フランスがまた好きになりました。うちの店に来られている、どういうわけかとりわけ多いフランスからのお客様に、更なる丁寧でココロからお応えせねばと深く思いました。文化大使ですから、ある意味で僕たちも。

長く夢みた場所でした、その存在を知ってからは。

私たちはフランス紅茶を扱い、こうして長く計画し、そして来たフランスとパリ。
新しいこれからの表現につながる旅、丁寧に表現して行くことを心新たに、まだ旅の途中ですが今思っています。

メルシー

今やライフスタイルストアのトップとなった「メルシー」もともと、サンジェルマンにある上質な子供服のショップ「ボンポワン」の創業者夫婦が、皆がびっくりした、ボンポワンの権利を売却しそれで得た資金で始めた。自分たちがやりたかったライフスタイルストアを始めたのがきっかけ。
経営を安定させるための服の販売が軸で、家具、雑貨、文房具、スタイル家電、本、カフェ、最近はレストランなど、自分たちが思うセンスの良い、ありたい「暮らし」を二人の目で具現化してきている、パリ故に世界中から人が集まる、ボンポワンの頃とは異なり、場所もマレ地区から抜け切ったところなので、価格的に手が届く商品が多いのです。そういう意味でセレクトショップが本来持たなければいけないもののすべて、つまり「ライフスタイル」の具現を持っています。食の素材だけはほぼ扱っていません、難しいからですね。その必要もないでしょう。
一つ、言えることはセンスが際立っているということ、特に内装や家具インテリアの選びが、経験値がないと誰にでもできることではございませんね。

ボンマルシェ

ボンマルシェに着きました。

日本のデパートみたいにインショップ単独というクリスマスムードでなく、ちゃんと「私たちはボンマルシェ」という意気込みを全体で感じます、まとめています。スタッフは親切で声がけも徹底して、みんなお洒落して、食品売り場も、それが付加価値の高いものを売るということ、食品売り場も。催事スタッフは全員セントジェームスに発注した今年のクリスマス限定のボーダ-を着用という、館全体での盛り上がり感が違う、特に上質な食文化への取り組みにおいて完全に。服も大事だけど、食べること、暮らすこと生きることが大事、が並列化していて、これは世界でもボンマルシェだけに言えることです。そういう意味で日本のデパートにはまだまだ食や暮らすという視点での伸び代があります、センスアップするというか。こちらの人は服も食も暮らしも大事ってのがちゃんと根付いています。なんかそう感じてしまいます。今生きているんだから、今楽しまなくってどうするのって、そんな感じです。日本人って心配ばかりをしすぎているのかもです。

ノエル、ノ-エル、ノ-エル

クリスマスの盛り上がりがある。

パン

世界で一番美味しいパン屋さんが集まる街はパリ。で、パリの朝はパン屋さん。

サンジェルマンの裏からボンマルシェに向かう途中にある「ポワラーヌ」すでに日本人には馴染みのお店。パリが最後の滞在地の場合は夜のフライトに向けて帰国日にいつもここでパンを買って帰るということに、持って帰ってもやはり美味しい、麦とか酵母のオリジンが違うのでしょうね。

ボンマルシェに向かう途中の道の真ん中の歩道にマルシェが立つ、それも大きな規模、お約束のものや野菜など多種多様で新鮮そうなものが多い。
この市でもフランス語以外で言葉が書かれている唯一は日本語、いかにこの界隈への日本人出没率が高いかを示す。

京野菜のようなかぶら系が多い、どれも新鮮で美味しそうですね。野菜やくだものの多様性では最近の日本もなかなかのものだと思いますが。

フロマージュとはチーズ、ワインにはチーズ、これは多様性が比較にならない。

街に面白いものがありすぎてなかなかボンマルシェに辿り着けない。パリは豊かでありまする。

パリに来ています。

リヴ・ゴーシュへ渡る。ホテルへ向かうコンコルド広場からエッフェル塔を望むパリらしい一枚がお出迎え。

お店のオープン以来、2年ほど休みなく過ごしてきた慰労と、この時期にしか買えないパリを仕入れに来ています。
そして、私たちにとって憧れのトップにある街、「パリ」のこの時期の美を心に残しに。お店づくりのいろんな参考になるように、それはまだ店も持たずに見ているのと、店を持って具体的な課題を持ちながら見ているのとでは随分と違うように思っています。しかしそれは単純な模倣ではなく一旦受けとめて、自分たちのオリジナルに消化するということに他なりません。
パリはいつだって最高なので、今一度自分たちには視点を同じくする必要がありました。他にはないお店を目指し続けるためにも。。。

横浜とは上で10度、下で5度違う気温、雪混じりの雨になりました。フランスの伝統色フレンチグレーが空を覆う。

サンジェルマン・デ・プレ教会とパリに出た月。ノエルの市が立ちます、明日からかな、準備に大忙しそうでした。今年はシャンゼリゼのノエルの市が中止になりました。明日以降にまたきます。屋台からしてかわいいのです。やはりこちらはクリスマスが本格化するのはこの頃からなのです、そして年明けまでしています。こちらでは宗教行事ですからね、いろんなタイミングにいろんな意味があります。

いろんな文化人が集った伝説のカフェ。ル・ドゥ・マゴ、オニグラスープが美味しいです。これから50年経っても同じでしょうね、それがヨーロッパ、パリ。

サンジェルマン・デ・プレから裏の通りをしばらく散策です。

安井かずみがいた時代。

とにかくセンスの良い方なのです。
「よろしく哀愁」という歌があります、作詞は安井さん、これが秀逸です。よろしく・哀愁ですからね、こんな言葉は安井さんにしか書けなかった。ひときわ異彩を放つ。よしだたくろうさんが歌っているのがいいです脱力していて。
そして私にとって安井作品の一番は加藤和彦さんのアルバム「うたかたのオペラ」の中の「ルムバ・アメリカン」ルムバ、ンじゃなくてムですからね、並々ならぬ思いが込められています。
「ストローで飲むcoca-cola」の立ち上げ「ショートカットのブロンド」「赤いゼルダのハイヒール」「踊るルムバはアメリカン」と来て「彼はゼルダのフィアンセ」と、とにかく一節一節が絞り出された言葉なのでした。メトロポリスのルムバ、ルムバ、地下のクラブでルムバ、ルムバ。
ベルリンで録音されたアルバム3部作の一つ。ファーストアルバムはベルリンで、ベルリン。
安井さんは横浜生まれ、横浜育ち、フェリスの方。京都生まれ京都育ちの加藤さんが、唯一京都にない感性を安井さんに見出したのでした。

秋の急須展、ご来場お礼。

いつも本当にありがとうございます。
本日にて秋の急須展はつつがなく終了いたしました。
沢山のお客さま、お馴染みさまに最終日にまでご来店いただきましたこと、深く御礼申し上げます。
次回の急須展は、春、さくらの頃を予定しております、それまでに学びを積んで、また新しい急須展でありたいと思っております。今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。
さて、来週はお休みを頂戴しまして、次回の営業は12月7日(木)より、クリスマスの装いになって開店いたします。
新しい商品も入ってまいります、みなさまのまたのお越しをお待ちいたしております。

MWL STORE 店主敬白

吹く風も 冬ざれの街 十二月
PHOTO:MWL STORE

MUSIC MAGAZINE

湘南 T-SIGHTに用事があり、行ったついでに発売なったMM12月号を買おうと見て見たらなんと特集がハリー細野氏そして、表紙裏のページには なんと・なんと・なんと、シリア・ポール/夢で逢えたらVOXがちょっと先ですが来年3月に発売になると言う。
ルーツオブオリジナルが限定生産とか、、かなりマニアックではありますが。。。
そしてレコード会社の垣根を超えて、古今東西に存在する「夢で逢えたら」を3枚組のSONG BOOKで発売すると言う。。。
んー凄い、知らんかった。

昔はね、ニューミュージッックマガジンって言っていたのですよ、「ニュー」がついていた。推測の域を超えませんが、「中村とうよう」が当時の「ニューミュージック」と言うジャンルの音と分けておきたかったのと、すでにニューでもないだろう、って言う思いなのだろうと思ったのですよ。教科書ですよ僕の。