とらや

とても素敵な生菓子いただきました。

「水仙妹が袖」すいせんいもがそで                           

若い女性のしぐさを思わせる優美な意匠 (とらやhpより引用)

古く「妹(いも)」は、男性から見た妻や恋人を指す場合に使われた言葉です。
餡を紅と白に染め分けた『水仙妹が袖』は、袖をくるくると腕(かいな)に巻く、若い女性のしぐさを思わせます。江戸時代からあった、きんとん製『妹が袖』を、夏向きに葛製でおつくりしました。

「木陰の水」こかげのみず。

静かな木陰を表しました

夏の強い日差しをさえぎる、木の蔭の静けさには心休まります。青い琥珀羹と白の道明寺羹の涼やかな色合いが、木蔭を流れる冷たい清流を思わせます。

丸も四角も常滑の盤プロジェクトのもの、とってもとっても素敵でしょ、こういう時に平たいお皿のこういう品のある皿は効きます、お客さまのお茶受けに、お茶は「気宇」でいきましょうか。
これはいつものチビ羊羹、もう売ってないですね、食べるのがもったいなくて。。。