投稿日: 2月 12, 2024

真知子巻き ③

カテゴリー: ファッション講座

今日、お店に真知子巻きがとても素敵な女性が来られました。若い女性で、とても上手くコーデされていて、似合ってらっしゃいました。よくね外人だから似合うのよって、言われるのですけれど、どうしてどうして、日本の方にもとても素敵ですよ。これ本当にいいなって確信した次第です。

 

 
 
ここからは真知子巻きにせず、普通に首に巻いた状態、でもどれも素敵、やはり一つ上質に仕上がります。元町は是非スカーフで、しかもシルクですよ、この港からお茶とともに世界に行った由縁のあるシルクです、シルクをもっとお洒落にデザインしたいものです。センスのいい柄が欲しいものです。フランスはさすがです、さすがエルメスのお国柄。
ハイカラさんが通る街、元町。元町から再度流行らせましょう、日本全国へ。
どなたにもお似合い。
 
 
今回の好きコーデの二番目、なんか持ってるもの含めて全ていい、デニム、シューズ、ブルゾンと笑顔も。オーバーサイズブルゾンってこう着こなすのですよ。
 
今回一番のマフラーというか、この巻き方、ロックな表情がいいですね。

投稿日: 2月 12, 2024

私は一人の商人

カテゴリー: ディレクター私物

茶器と茶を扱う、ティーマーチャント。

ソコにあるのはこだわりだけ。

茶は奈良と伊勢と出雲しかない(8年間)茶器は常滑と長崎だけ。

呑んで美味しく、使って美味しいから。

私は茶商であります。

今日も好きなものしか身につけていない。Les Prairies atelier asako のフランスのリネンエプロンこの一点の色がずっと大好きで中心にある。コウダスタイル、オクトーバーのニットのボーダー、ユニオンメイドのスカーフ、プラスのボトムス。国連大のイベントで知り合った静岡の茶商さんのキャップ。一番好きなものだけ置いた、生涯これらだけでもいいと思う、毎日。。。