日本の冬の風物詩

大根と味噌を使ったこの時期の風物詩、寒さに効く、大根の存在が確かにある。日本のありがたい冬である、しかも2年越しの味噌であります。横浜では三浦大根が手に入る。首と先が細いやつ。思いがけずファミマで手に入ったりする、直営じゃなくてフランチャイズさんのファミマであります。三方良し、近江商人の伊藤忠であります。目先を本文としていません。

旨いんだなこれが。

丁寧にものを作ることでしか本質には届きはしない、なんでも。

大人になって初めてそれを知ることになる、大人だ。煎茶の味などと同じだ、抹茶でなくて、煎茶だ、美味しさの領域が広いことに気づいて初めて大人。それは舌のレイヤーだな、積層する部分、どれだけ美味しいを味わってきたかにある、価格じゃなくて、家でもたくさんを知れる。

経験とか知見になる。上下左右の美味しさの領域を知るにはこういうシンプルな料理が必要で、世界の他の料理にはない、繊細な日本の家庭料理ということだろう。

そして、煎茶を一杯呑んでみた。「ハイカラ」は実にうまい。わかりやすい美味しさがある。全国のお茶ファンの方に知ってもらいたい、今、完売していまして、再入荷待ちです。

日本の神話の国にしか出せない味がある、伊勢、出雲、奈良。

守られ続けられた土壌のことである。尊い、この国土、日本、日本の産品を大事にしたい。

Made With Love の原点。

 

ハイカラさんが闊歩した横濱元町、日本の洋風文化の発祥の地。ファッションとお茶だね。  
山手、山下エリアで加工され、世界へ出て行った伊勢茶
なんとも旨い、という表現が正しい。現在入荷まちです、ハイカラ