投稿日: 9月 28, 2022

No Music No Life

カテゴリー: リスペクト

この冒頭の「No Music No Life」という言葉、日本人が作った言葉、アメリカのタワレコがだめになった原因はこのドキュメンタリーでわかる。オリジナルがそれを体現できなかったからだ。簡単に言えばビジネスにしてしまって、文化じゃなくなったからで、日本のは文化としてビジネスがあり存在し続けている。こういう商売はビジネスだけじゃだめなんだ。ドトールのオーバカナルも一緒。日本人はアメリカのブランド再生や維持がうまい、セブンイレブンだっていまや日本の傘下企業、再生したのだ。タワーも日本のものになっていたら潰れてなくなってはいなかっただろう。こういう例はいくつかある。76年当時、まだ日本になかった頃のロスのタワーの規模は衝撃的だった。どんだけレコードを買ってきたことだったろう、安かったからね、日本に比べて。為替のレートが300円ほどだったけど、360円から300円に変わったドルショックの頃だ。今も反対のドルショック。200円まで行くかもしれないな、弱いから日本の今は。根拠なく弱い、政策だね。長いこと生きてるといろんなもの体験できます。

それにしてもいい言葉だ「No Music No Life」美空ひばりさんがこのような言葉をおっしゃってましたよね。たぶんそこからでしょう。日本人にとって歌ってのは大事なのだ。

この映画面白いから是非見て、アマゾンというネット通販のサイトから安くて見れます。映画創る人はこういう映画を作んなきゃねと思います。優れた企業の優れた歴史を正確に表現すること。

とにかく出てくる奴らのファッションがいい。

この映画のお題All Things Must Pass すべては過ぎ去る。はジョージの3枚組のアルバムからで高くて買えなくて、ジョージ大丈夫?独立して最初が3枚組はないだろうってね、思ったものでした。タワーには特別な思いがあります、今も渋谷のタワーには行き続けています。

投稿日: 9月 26, 2022

大人のプレミアム

カテゴリー: DESIGN RESEARCH UNIT / MWL YOKOHAMA, リスペクト, 街物語

リヴ・ゴーシュのサン・ジェルマン・デ・プレから少し行ったところにあるボン・ポワンという子供服を大成功させて、その権利を売却して。自分たちがやりたいのはこれ、と、そのご夫婦が始めたのがこの店だ。もうかなり経つと言っても13年ほど前のこと。大人のプレミアムな店である。陶磁器を本気でやっている、お洋服を本気でやっている、ライフスタイルを本気でやっている。いいものしか置かない。リアル店舗で接客がしっかりしている。成功しますよね、そんな店だ。とにかく創業者たちのセンスがいいのと余計なことをしていない、商品つまり作家(陶磁器や服)コンシャスな店、つまりクリエイティビティを大事にする”F2F”な店であります。日本にこういうお店はありません。

投稿日: 9月 25, 2022

静岡の水害

カテゴリー: Think.

この2週の台風からの大規模降雨の水害が静岡県で発生しているようです。茶産地の茶畑が大きな被害を受けているようです。日本一の産地。山にあるこだわりの産地ほど深刻的に被害がひどいようにも感じます。美味しいお茶の産地の皆様の被害がとても心配です。お見舞い申し上げます。

投稿日: 9月 24, 2022

ダルメイン・マンション、クリスマスのマーマレード 22

カテゴリー: アルチザンな人たち

毎年お馴染みのクリスマスのマーマレード残り在庫がわずかになりました。

今日のスコーン、フランスの粉から国産の粉に変えました。見映えとか色はいいのですが、味に深みのあるコクがなくなり、プレーンなものに、結局そこなのかなフランス生地を使うってのは。嫌いではありませんが、感想を聞かれればそういうことになります。

おいしいで