Posted on 1月 24, 2021

谷川 仁の金色に輝く絞り出し。

Posted in アルチザンな人たち

時代は煎茶であります。先日の若冲のドラマ(作:源孝志、京都人の密かな愉しみ、の)で売茶翁(ばいちゃおう)が出てくる場面があり、そればかりが気になってしまった。実在した人なのだ。時事を話ししながら茶を売るのだ、しかもおもてで外だ。しつらえのぜいを凝らした茶室じゃなく、その都度自然の中にそれを求めて。そこだな今、面白いと思ったのは、これは今もできる、というか、今だからこそいいなと。茶だ。

乾燥させた小甘藻(こあまも)を巻き付けて焼成して作るのだ。藻に含まれる塩分が作用した部分が赤褐色に発色する、そしてなんと藻は金色になるのだ。常滑の伝統的な手法であるが特に谷川さんはそれまでの常滑の歴史的過去、現在を含めて一番お上手な人だ、芸術性がとても高い。

金色だ金色、不思議だねぇ。なぜ自然なものの燃焼が金になる?僕が藻掛けにこだわる理由はそこですね。本当に谷川さんはすごい。価格を見て驚いて欲しいな。

MWLが厳選する谷川仁のオンラインショップ

Posted on 1月 22, 2021

奇跡のレッスン・ジャン ポール・エヴァン

Posted in アルチザンな人たち

BS1 NHK 奇跡のレッスン ジャン=ポール・エヴァンさんのレッスンの再放送があり、初回はちょうど一年前でした。それがとても良いのです。パティシエを目指す高校生たちにエヴァンさんが特別にレッスンしているわけですが。「チョコレート使いの神」からの直伝レッスンは、多分何十年も経ってから、思い出して、やはりあの夢中で過ごした素晴らしかった日々として、高校生たち、ご自分たちに記憶されるでしょう。そんなチャンスは人生に2度とはないし、パティシエを目指す人たちだから、ひょっとしたら、この原体験を元に、大成功を収める人がいるかもしれない、日本の有名なパティシエになる人が出てくるかもしれない。それをこの時の事がターニングポイントだったと言えるようになるのかも知れません。それぐらいに内容は良かった。エヴァンさんの人柄から出る、一つ一つの言葉はクリエイター、全てのクリエイターにとっても珠玉の言葉でした。見ていてそう思いましたね。エヴァンさん自身も高校生たちの直向(ひたむ)きな純粋さに涙する場面が何度かありましたから。このレッスンは参加した高校生の彼ら自身が見て、そして何十年も経ってから思い起こして、貴重なものになるように思いました。エヴァンさんが言った一つ一つの言葉を何十年もかけて噛みしめるというか、そういうこと。人を感動させるのも人なのです。エヴァンさんのチョコレートが無性に食べたくなり。横浜には常設の売り場は無いのです(どうして!)今は三越伊勢丹がないからですね、クイーンズはあっても。。。でもバレンタインの催事ではブースが出るみたいです、横浜駅のどこかに、そこで買おう、しばらく東京に行くことも難しいようですから。現物見て買いたいタチなのです。

Posted on 1月 20, 2021

ヤンセン三好史織さんの作品

Posted in アルチザンな人たち

オンラインストアに、釉薬の魔術師と言われるヤンセンさんの作品をアップしました。印象派のような表情、あるいは春の西陣の着物のような表情を見せる陶器。基礎がしっかりした作品をどうぞご覧くださいませ。

ヤンセン三好史織の美しい釉薬作品オンラインショップへ

Posted on 1月 14, 2021

神奈川のアルチザンな人達

Posted in THE 神奈川, アルチザンな人たち

神奈川でモノ作りをされているウルクストさんが10周年を迎えられています。私どものオープン時よりご一緒させていただいています。10年、一区切りですね。そして旦那さまはFLANGE plywood として素敵な住宅用の注文家具やお店の什器などをここ神奈川でゼロから製作されています。素敵な私たちの地元のアルチザンなご夫婦です。10周年おめでとうございます。

新しいご家族のネコちゃんが、、、またお会いできる時が楽しみです。
10周年の記念のお買い上げプレゼントのバッグが素敵です。
旦那さまのFLANGE plywood さんの作品、素敵です。

Made With Love 

Posted on 1月 10, 2021

春・陶泉窯のお雛さま。

Posted in お取り扱い商品, アルチザンな人たち

五条坂の雛祭り3段飾り、今でも五条坂で焼き上げて、一枚一枚を手で絵描きされています。玄関とかの上り口にこれがあってもいいものですね。ご予約にてお受けしております。スタッフにご相談下さい。

飾っても、箸置きとして使ってもよし。
木箱入りで収納もちゃんと出来ます。ずっと持ち続けるものですね。
ミニセット。自分達用に2月、3月に使います。歳時記をとても大事にする京都ならでは、日本人の心、こんな時だから余計に気にかかりますね。ご予約での販売になります、スタッフにご相談ください。

Posted on 1月 10, 2021

招き

Posted in アルチザンな人たち

今年の招き猫ちゃん達、早々と全員が嫁いで行きました。ありがとうございます。また来年です。

京の工芸の里、花背で創り出す希少な招き猫。この子たちサイズも大きいんですけどね。厳選されたうちの子でしたからね、いなくなるとお店も寂しいものです。。。月見るうさこ二匹さんはまだ残ってはります。残り福、なのかなぁ。。同じく花背から来ています。離世とも言います、さすが工芸の里、浮世離れという意味ですかね。(うさこももらわれて行きました1/10)

この子たち2色もこの日にすべてもらわれて行きました。ねこちゃんがよくもらわれる日でした。

Posted on 1月 09, 2021

Mujina craft 尾池豪さんの個展に関してのご案内。

Posted in THE 神奈川, アルチザンな人たち

当初1月22日からの開催を予定しておりましたが、昨今の事情に鑑み。作家の尾池さまとご相談の上、延期させていただくこととさせていただきました。緊急事態宣言明けの最初の企画展とさせていただく考えでいます。日程に関しては諸般の状況を見ながら改めまして、ご案内をさせていただく考えでいます。今回も作品数は多く、写真のように大変意欲的な新作も、ご用意いただいておりますので、どうぞ、お楽しみにお待ちくださいますようお願い申し上げます。

MWL STORE 店主敬白

神奈川県でものづくり(工芸・家具、パティスリー、お花、和食、レストラン、バッグ)をするアルチザンな方々と、気持ちは一緒にいます。Made With Love