投稿日: 1月 16, 2022

天吉

カテゴリー: リスペクト
お店を閉めて、今年初めての関内・天吉さんへ、アニキからお年賀いただきました。すごいね150年、尊敬ですいつもね。文明開化、開国開港の時代から、老舗:関内・天吉 ありがとうございます!
かわいいね、海老天の刺繍、洒落てる。

投稿日: 1月 15, 2022

轆轤(ロクロ)による手造り急須技法

カテゴリー: アルチザンな人たち, リスペクト, 常滑急須展

常滑市のホームページにによりますと、無形文化財の指定者は10人、そのうちのお一人「清水北條」さん。北條陶房の当主です。常滑市による指定理由の紹介文によりますと「清水源二氏(北條)の「ロクロによる手造り急須技法」は、父・啓三より受け継がれた技術で、ロクロに大きな粘土塊を乗せて連続的に胴や口、手を造る中途挽きの技法である。清水は田土を水簸して良質な朱泥土の精製や各種陶土の混練、高度な焼成技法によって、土本来の豊かな表現を引き出すために独自の研究を重ねている。まさに常滑焼の伝統として将来に受け継がれていくべき技法である。」清水小北條さんのお父上です。

北條 朱泥 南蛮急須 木箱入り 容量:170cc ¥66,000-(税込)
北條 南蛮急須 木箱入り 容量:230cc ¥55,000 (税込)

レジェンドアイテム急須

投稿日: 1月 15, 2022

村越風月

カテゴリー: Liberal Arts, アルチザンな人たち, リスペクト, 常滑急須展

鉄分の多い朱泥土を使い、ロクロ挽きの味わいを残した作風が特徴の村越風月さん。常山さんに師事した直系の人。常滑本来の美しさ、「朱泥」の魅力を今に表現する。日本のしかも常滑の急須らしい急須の佇まいや素材感、詳細に宿る美しさがある。風月さんの朱泥は特に美しい。凛とした佇まい。常滑急須の模範であり、これは一個は手に入るタイミングで持っておきたいものです。今なら手に取ってみることができます。

① 村越風月 陶製茶こし急須 容量:朱泥 250cc 筋引き ¥15,400-(税込)
② 村越風月 陶製茶こし急須 容量:朱泥 250cc 筋引き ¥15,400-(税込)

レジェンドアイテム急須

投稿日: 1月 14, 2022

灘の生一本

カテゴリー: リスペクト

わが故郷の酒である。最古の日本酒銘柄「剣菱」500年の歴史がある。名だたるスコッチの蒸留所ですら1700年代後期である。日本の優れているところは長く続く老舗が存在し続けることにある、製法もそのままに、歴史がある国でも事業としてこういうものが数百年も続く、しかも業界の中心にいて、モダニズムを生きるブランドは少ない、そこに学びがある。龍馬さんも呑んだ「剣菱」であります。こういうニュースで時代対応をする老舗を知ることができます。

美しいデザイン、いいラベルデザイン 剣と菱が効いている

日本の伝統工芸は世界に通用しうる。うわべのかっこよさだけにとらわれていては本質を見逃すことになる。

投稿日: 1月 12, 2022

emma

カテゴリー: リスペクト
何がすごいかって、このヒッティングしたあとのその瞬間からのフォロースルーです。速い!大地をしっかりと踏みしめながらの体重移動と廻りきる体の柔軟性。すごい。ゴルフも一緒ですよ。テニスが百倍キツイけど。もっとも学生時代はセルフでかついでしかも走って、30分で18ホール廻れって言われましたけど、お前たちただでやってんだからって、肩で息しながら次のフエアウエィを打つんですよ、打ったらまた走る、早歩きなのはグリーンぐらい、終われば次のホールまでまた走る、楽しいのは2ホールぐらいまでで4人が皆もう黙ってただ走る、それでも80ぐらいは出るのが学生ゴルフでした。バッグもハーフじゃなくてフルでしたし、当時にそんな軽いバッグなんてないですからね。神戸には山ほどゴルフ場あるんで、こちらの千葉ですかね。

投稿日: 1月 07, 2022

David Bowie & The Snowman

カテゴリー: リスペクト

原作がレイモンド・ブリッグスということもあるが、この優しい絵のタッチが好きだった。日本ではソニーが版権をもっていて、まだソニーの持ち物だった。いい時代のソニープラザで関連ものを売っていた。このビデオなどと共にたくさん買いました。スノーマンが一番だった自分には。イントロで物語の始まりを開くのはデヴィッド・ボウィだった彼もまたイギリス人、このように育ったたのだった。日本にもいい昔話は各地にあるのですけどね。スノーマンと少年が空を飛ぶシーンでこのビデオクリップ短編映画で唯一出てくる言葉、ボーイソプラノの歌がとてもいいです。イギリスものはいいなぁ、プーやパディントンもそうでしょ、ルーツがあるディズニーなどにつながる。

投稿日: 1月 07, 2022

屈折する星屑

カテゴリー: リスペクト

初日。想像どおり年配の人も多かった。あぁこの人の青春だったのだとか。よく来られましたねとか。僭越ながらどうしても思ってしまう。若い人も多く、顔にフェイスアートしてる人も、寛斎風の衣装を着てる人も、何割かはあきらかにミュージシャンでしょ?と思われる方も、服装でわかります。終われば、みんな満足なドヤ顔していた、2時間とは思えない速さで終わった。ファンにとっては素晴らしいものでした。やはりビデオで見ていたのとは全然違う。お勧めはしませんけど、ファンでなければ難しいジャンルだし、音楽は世代を超えれない、と思っているので、やっぱり僕の時代のロックスターだから。センスのいいひとです、センスのいい時代を駆け抜けた人。ボウィと京都に乾杯。

投稿日: 12月 24, 2021

Happy Holiday

カテゴリー: おいしい, アルチザンな人たち, リスペクト, 和魂洋才, 街物語

元町のフランス料理:ラ・バンリュー斎藤シェフのクリスマス・丸ごとチキンをお願いしていました。 大きくて身もしっかりで、何よりおいしかったー。生クランベリーでダルメインのジャムを合わせたソースをつくりました。ゲランドの塩を横におきながらいただくとこれまたチキンが美味しくなること。パンはハマブレさんのバゲット、これまたリアルに美味しくて、いつもながらね。

鍋は俊介しゃんの鍋、火通りが速い。美味しくできます。かっこいいしね。入ってきてもすぐ完売の鍋でござる。
そしてシメのエメさんのケーキ、なんか特別においしく感じたのだけれど、新鮮だからなぁいつも。石川町、元町界隈で美味しさが集まる集まる。MY HOME TOWN ありがとうございます。

投稿日: 12月 06, 2021

三浦大根

カテゴリー: リスペクト

今や、こだわりのある八百屋さん以外ではあまり見かけなくなりました。ほぼ青首大根一色。そうなると、食べたくなるのが人情でございます。いただきました。ありがとうございます。早速、ふろふき大根にします。

 

今や希少で貴重なり。
いい形で、うっとりしますな。

投稿日: 10月 27, 2021

上野の双子

カテゴリー: リスペクト
お母さんのシンシンと双子たち
男の子のシャオシャオ
女の子のレイレイ

あの小さい、小さい時からよくぞここまで、もう怖くて見れなかったぐらい、職員の方々の日々にねぎらいですね。一安心ですね。神戸のタンタンもまだいてくれてます。