Posted on 9月 26, 2020

SIR TERENCE CONRAN

Posted in リスペクト

コンランさんを想い出す。

僕の持っている膨大な資料の中からコンランさんの一コマを。。。

2012年の1月の、わざわざこれのために行ったロンドン。すでにこの時にテムズ川沿いの、今のデザインミュージアムでない前のデザインミュージアムがあった、その当時のものです。僕は彼の仕事の中でも特にhabitatの仕事が好きだった、今のhabitatとはかなり違う。なんとも言いようがないが膨大すぎて、この展示から想像してもらうしかないが、とにかく素晴らしかった、その仕事がありHealsやThe Conran Shopで華開くことになるのだが。。。

情報に無料なものはないと最近思う。

初代デザインミュージアムにて。
コンラン時代のハビタ
バーレー
コンラン・レストランのそれぞれの椅子、あらゆるものが完璧だ。
彼が持っていた六つの顔
アントレプレナーつまり起業家、この形容が一番ふさわしいように思う、何もなかったものから生んだ人、ゼロから1を生める、数少ない人、この後はスティーヴ・ジョブスになる。その後はまだいない。
人間の一番の幸福、それは食べることである。と私は思う。一番最後まで残る欲だ。
利益を生んで循環するためにはメーカーになることだ、利(理)は素(元)にあり。
これも大事、偉大な教育者であるということ、ただそばにいるだけで。
小売であること、最も学べるからだ、マーケットから顧客から。
そして一番大事なのがデザインが優れているということだ。だからデザインミュージアムを建てた。全てはデザインから始まる。

Posted on 9月 25, 2020

井ノ倉さんのお抹茶がスタート。

Posted in アルチザンな人たち, リスペクト

ティーファーム井ノ倉さんのお抹茶の生産がスタートしました。光栄にもMWLでもお取り扱いさせていただくことになりました。さすがの味に仕上がっています。美味しい、体にも良い、お抹茶。

奈良・月ヶ瀬で十三代も続く。伝統と革新を実践されている、進化する老舗。
なんと美しい缶、その名も「深碧」ぺきとはみどりを言い表します。しんぺき
本日夕方から店頭に並びます。ティーファーム井ノ倉さん渾身の一作。品種:さえみどり 容量:30g 価格:3000円(税別)
写真は全てティファーム井ノ倉さんのインスタグラムからの引用

MWL としてもお抹茶のお取り扱いは初めてです。それが井ノ倉さまのスタートと重なったのはとても喜ばしいことでございます。お抹茶の文化や催事・WSなど含めて、これからはさらに「日本の茶文化」をご紹介してまいります。MWL STORE 店主敬白

Posted on 9月 23, 2020

Miles in Paris 1989

Posted in リスペクト

冒頭の曲は「ヒューマン・ネイチャー」マイケル・ジャクソンのスリラーというアルバムの中の名曲です。それをマイルスが曲を気に入り、この80年代後半以降、晩年のマイルスのコンサートにおける定番の曲でした。自らも天才ながらも優れた才能を認めるということもマイルスはいつも先取だった。それにしてもこの服のセンスはどうだ、かっこ良すぎるよねぇ。マイルスはやっぱり最高です。彼は特にパリが好きだった、若い頃から新しいことをする場所にパリを選んでいた。このステージデザインや構成もかっこいいですよね。こんなライブを見てみたいなこの時代に戻ってね、パリで。

Posted on 9月 22, 2020

森 正洋展 ご来場御礼。

Posted in お知らせ, リスペクト, 和魂洋才, 私が選ぶスタンダード, 街物語, 開物成務

いつも大変ありがとうございます。この現況下、足元の悪い時期にたくさんの方々のご来場を賜りまして、誠にありがとうございます。お陰さまをもちまして、今年も森 正洋展をつつがなく終了させていただきました。ひとえにご来場のお客さまに御礼申し上げます。

MWL STORE 店主敬白

Posted on 9月 21, 2020

Sir Terence Conran

Posted in リスペクト

セント・マーチンズのテキスタイル科を卒業しています。彼のテキスタイルのセンスの良さの由縁です。habitat と Heals そしてThe Conran Shopをも創業させている。60年代を席巻したマリークワントという化粧品の初期デザインは彼の手による。64年にはhabitatを創業する、IKEAのカウンターカルチャー的、家具インテリア製品のアフォーダブルでハイデザインのSPAという事業モデル、これは一見シンプルには見えるが、それを指摘するのは、見る側の無知であり、その優れたデザイン性と価格のこなれ具合は他にないビジネスモデルであった。少なくともその真っ只中にいた私はそう思っていた。その証拠にその後の今もhabitatは残っている(今はイギリスの4大スーパーの一つセインズベリーの傘下にある)、そして家具インテリアのハイブランドセレクトショップ、Heals も立ち上げた。今もグループとして成功しているのはレストラン事業へ出たこと、彼がロンドンの食を、それ以前までのライフスタイルを、変えさせたと言って過言でない。

やさしい容貌からはテディ・ベアーやパディントンとも呼ばれたが、どっこい、晩年まで生粋のパワービジネスマンであった。
コンランさん、マーガレット ・ハウエルさん 、ポール・スミスさん。この3名の方々が英国デザインとライフスタイル、そしてとりわけ何もデザインの思想などほぼ無かったに等しい、当時日本に与えた影響は大きく、他のどの国の個人においても、これほど影響力の大きい人たちはいない。立憲君主国家の模範として日本が尊敬をし続ける英国との深い絆の証ですね。

Posted on 9月 12, 2020

「アップルシュトゥルーデル」つくりました。

Posted in リスペクト, 野村紘子先生のレセピで作る
テニスのティエム選手の母国オーストリアで親しまれているシュトゥルーデル。タップリのリンゴはブラムリー・アップルとスライスアーモンドとラム酒につけたレーズン。りんごの酸っぱいがめちゃくちゃおいしい。さすが野村先生。ウィーンはスィーツの宝庫ですね。音楽とスィーツの国。
お皿は出雲の出西窯 私物

野村紘子先生のレセピで作る⑨

Posted on 9月 10, 2020

平形めし茶碗展・好評開催中。

Posted in リスペクト, 私が選ぶスタンダード

とても美しいピンクから始まる、この美しいピンクをあの時代によく出せたもの、今の時代にこそふさわしい先進性のあるデザイン、模様は今も一つ一つの手作り、転写にせずその工程を残す、森デザインの素晴らしさ。グッドデザイン賞の常連、森正洋の世界。うちに何個あってもいいですよね、デザイン違いを集めていきましょう、今年はこれって。(まだありますので順次追加のアップをしてまいります、ここにあるのは全て店頭在庫あります。)

Posted on 9月 09, 2020

生き抜くためのヒントは現場

Posted in リスペクト

章男さんの年頭所感。この頃はまだコロナが今のここまでの状態になるとは想像もできない頃だったはず、なのにそれを見越したような危機感がコロナ時代の対応にマッチしているから不思議だ。そして超巨大企業であるにもかかわらず家族の視点というのをとても大事にしている。この富士の工場の一社員さんとのやりとりはとても心を打つ、このコロナの時代に、時代を生き抜くヒントはいつも現場にあるというのはここにあると思うのです。意思さえあればできる。本当に苦しい時代の中、なんとしても生き抜くのだ。この言葉が年初にすでにあったのだから。この超巨大なトヨタにさえ。

あのアメリカでのリコール公聴会で矢面に立ち続けた章男社長、現法の社長に任せることも出来たかも知れない、しかし、この問題の対応を間違えば、アメリカ市場を全て失うという危機感がすぐに頭に浮かんだに違いない。矢面に立ち続けた姿がとても印象的だった。経営者としてそこが素晴らしい。あの時から私の見る目が変わったターニングポイントだった。

コネクティッドシティの例ははいろんな企業に存在する。未来につなげる何かを生み出さねばならないのです。

年間に3000台売る販売店の人たちを表彰、紹介した。どこでもやるのでしょうが、それを称える言葉の一つ一つが素晴らしい。響くのです。単に販売表彰じゃなくて心がある。

Posted on 9月 05, 2020

デザインモリコネクション展 開催中

Posted in リスペクト, 私が選ぶスタンダード

黒に生かされる、モダニズムジャポネ。お茶碗の中側の装飾を意識することなどはあまりないと思う。食べれればいいという、あるいはあまりに日常なので意識していない、来なかった。でも、お茶碗を意識すると、ご飯の美味しさが変わる。お米の銘柄と産地を選ぶように、味覚と視覚の関係というのでしょうか。器の中でも最も大事な主食の器ですから。まずここ、スタンダードじゃないですか。

いろんな文献で森正洋を解釈しても、到達するのはモダンであったということ、和の要素にどれだけそれをバランスさせるかが到達点であったように思う。だからグッドデザイン賞の選定メンバーも選ぶのだろう。ロングライフデザインとよく言うけど、まずはデザインの良さから始まりますから。その基礎となる学びがやはり盤石だったから、生まれたデザインということ。

Posted on 9月 04, 2020

CERAMIC STANDARD

Posted in リスペクト, 私が選ぶスタンダード

このセラミックスタンダードの発行に際して、私が本自体の草案の制作を行いました。本の発行は2005年でしたが、私の頭の中には2003年頃からあり、2004年には誰にその本をデザインしてもらうかの選定に入り、当時類まれな紙媒体を作っていた伊藤くんにお願いしたのでした。当然のことながら発行する部数の大部分を引き取るという前提で、それによって、こちらの意思と思いの強い本の具現がなされるわけで。価格や発行部数を決定していきました。半年に一度のオールリセットボタンが入る、服の業界で本を発行しそれをシーズン超えてキャリーし売り続けるのは大変なことではありましたが。当時はまだ森正洋の本というか作品紹介は、堅い種類の図録とか目録、研究資料がほとんどで、もっと普通に、一般の消費者、特に若い世代、当時の次世代が手にとって、素敵だな、かっこいいなと思えるような本が無くて。それが欲しく作りたかったのです。何よりもそれに値する森正洋の全容だと思っていたからです。本当の素晴らしさとスゴさの理解がもっと進むとね。そして服を含めた新しい生活のスタンダードなスタイルがここにあると思っての発行だったわけです、スタンダード。もう学術的に素晴らしいという紹介のものはありましたから。。。そういう意味で森正洋を研究した、最初の素晴らしいデザイン本だと思っています今も。私がやりたい、いいなぁと思う表現は全て入っています。この後になって森正洋本は色々と出てきてはいます。ただしこの本はすでに絶版本です。amazonの古本であります。もう2度とは作れないだろう。この本が発行された年の秋に森先生は逝去されました、忘れもしない虎ノ門の居酒屋で飲んでいた時、20時45分頃に携帯に入電があったのを。でも発行時に先生にお見せして、とても、とても、喜んでいただいたことが、僕の最高の喜びです。