Posted on 9月 22, 2020

森 正洋展 ご来場御礼。

Posted in お知らせ, リスペクト, 和魂洋才, 私が選ぶスタンダード, 街物語, 開物成務

いつも大変ありがとうございます。この現況下、足元の悪い時期にたくさんの方々のご来場を賜りまして、誠にありがとうございます。お陰さまをもちまして、今年も森 正洋展をつつがなく終了させていただきました。ひとえにご来場のお客さまに御礼申し上げます。

MWL STORE 店主敬白

Posted on 3月 24, 2020

私たちの仕事。

Posted in Philosophy, 和魂洋才, 開物成務
私たちの仕事は、衣・食・住に興味を持つことから始まりました。何でもないことの中に日常があるし、その中に日常の美がある。
日常生活の延長線上にあるのが、当たり前の生き様や生活感、生活の中にこそ幸せはある、そこに人生の美しさが出る。その答えは日常の作り方にある。
日常をかけがえのない舞台に変える。そのような考えで、店の品揃えや、ワークショップ、お客さまとの会話を楽しんでいます。。

MWL STOREが考え続けていること。

Posted on 3月 22, 2019

Professional

Posted in Liberal Arts, 和魂洋才

日本のスポーツ選手で以前にも以後にもこれ以上の人は出てこないでしょう。そういう意味で真のプロフェッショナルという言葉がふさわしい。練習の虫。才能がある人はある程度のところへ行くと練習をしなくなる。それでも通用するからだ、イチローは違った、最高位に達しても練習を自分に課し続けた、引退会見でも明日も練習していますよと言っていました。それをプロフェッショナルって言いますよね、仕事や事業家と同じですよ、練習し続けるものだけがプロフェッショナルに、成功に、到達できる。いやイチローにはなれないな誰も。

オリックスブルーウエーブに在籍していた時代、神戸だったものだからよくイチローを見に行った。もともと阪急ブレーブスのファンで西宮球場の時代からよく行っていました。宝塚にはタイガースファンも多いですが、ブレーブスファンも多くいましたから、なにせ地元ですから、今津線に乗ってトコトコとね。イチローがブルーウェーブに入ってからは、やはりその類いまれな才能と華のあるスター性を見たくて通っていたものでした。体型が変わらない、スポーツ選手に最も重要なこと、練習していますよ、を示しているからですね。それを維持してきた、素晴らしいですね。

Posted on 1月 01, 2019

2019年・新年のご挨拶。

Posted in A) My City by The Bay YOKOHAMA, A) お店はここにあります。, THE 神奈川, 和魂洋才, 新年のご挨拶。, 開物成務

とても清々しい朝を迎えた2019年・元旦でございます。

早いもので三年目を迎えさせていただきました。去年の後半はいくつもの新しいことにチャレンジし、結果を出すことも出来ました。
私たちはそれを「何よりも」「とても」嬉しく思っています。

一年目よりも二年目、二年目よりも三年目
だんだんといろんな結果が伴ってくることの嬉しさを実感しています。

三年目にふさわしいチャレンジを続けてまいりますので。
今年もみなさまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

MWL STORE

Posted on 9月 24, 2018

最近の三冊

Posted in Liberal Arts, 和魂洋才, 開物成務

生まれは開港記念館のあたり、 日本大通りのあのレンガの時計塔の辺りという、生粋の横浜人。茶を商いとする人間がしかも横浜でこの人の内容を知らずしては、、、という気持ちで読む。東京藝大設立に大きな貢献のあった人物と言われている。

京都の中華の特殊性、京都で食べるべきは中華なり。かなりオモロイ本です。

Posted on 9月 22, 2018

イサム ノグチ

Posted in Liberal Arts, 和魂洋才

最も好きな芸術家としてランクされます。
初台のオペラシティで24日までとのこと、慌てて行って来ました。
最晩年の作品であるモエレ沼公園やブラック・マントラのイサムの中でのそれまでとの繋がりが彼の生涯全体の俯瞰の中でなんとなく感じることができました。とてもいいものでした。
(撮影許可が出ているもののみを撮影)