三つの要素

スクリーンショット 2016-08-24 3.17.20

選んだ商品の中には、少なくともこの三つの要素が含まれていることを前提としています、可能な限り三つの要素、どうしてもアートまでも行かないがデザインだ、というモノを選んでいる場合もあります。私たちが選ぶ理由は最終的にはお使いいただく、最終の受け取り手としての使用者の立場、目線に同じています。それを代弁し目利きする目を大事にしたいと思っているからです、それは私たちも一使用者であるからです、自分たちが、いいな、使えるな、と思うものだけを品揃えとしています。もちろん上から目線ではないことは言うまでもありません。作り手の意思に共感できるものを、大事に使用者に届ける役目であることを。

 

– WHO WE ARE –

スクリーンショット 2016-08-24 3.16.50

私たちが提案する価値、その目的はシンプルな言葉に代表されます。     The Good Life この言葉に込める意味は、ほんとうに好きなものは多くない、せいぜい一つとか二つじゃないのか、ということ。作り手の意識がどれほどまでに高まっているものなのかを問いたいと思うし、それをお聞きしに産地に、向かう、少なくとも国内は必ず、そして作り手の言葉を深く聞く、そこから始まっているから、多くはないと申し上げるのです。モノが溢れれば溢れるほど、そういう風に思ってしまうのです。

 

美しいものが美しい。

スクリーンショット 2016-08-18 2.08.01PHOTO:松本民藝館にて

私どもが何を基準にした目線を持ち合わせているか、と申しますと、丸山太郎さんのこの言葉、松本民藝館で見たものですが、この言葉がすっと体に入ってきました。限られたスペースの店舗に商品を選ぶ時の一つの基準がここにありました。やはり、私も「美しいものが美しい」と思うのです。美に国境はありませんから。

器とお茶のお店を始めました。

img224

img225

Unknown

「器とお茶のお店」を始めたわけですが、何からそうなったかと言いましたら、それは色々なコトがあります。ありますが、その中でも決定的に影響を受けていますのは、このお二人の方、民藝の食器を創った人ではありません。鳥取の吉田璋也さんはデザインの美しさを求めてこの世界に入られています。松本の丸山太郎さんは作家でありました。松本の老舗雑貨商「ちきりや」の長男、あととりだった、ただのあととりではなかったのですが。このお二人のセンスの良さといいますか、編集力の素晴らしさが単に物や作品だけではない、この世界の魅力を教えてくれたのでした。選択と編集の妙だと思っております。これが決定的でして、民藝だけにこだわらない、素晴らしく素敵なものを世界から、現在の視点でまとめてみよう、内装も、凡ゆる物の一点一点を、、、そう考えての始まりでした、まだまだ、まだまだヨチヨチ歩き、いや歩けてもいないのかも知れませんが、日々学んで行こうと思うのです。