投稿日: 7月 01, 2022

おろし器でトマトをいただく。

カテゴリー: アルチザンな人たち

先日来インスタなどでご紹介中のおろし器でトマトをすりおろす、これが簡単です。大きめのトマトをすりおろしていきます。そうするとトマトの皮が残ってぶらぶらしますが、その皮も含めてトマトを斜めにしながらすりこみます、あっという間にできます。皮だけがのこる食感が嫌ならばすったあととりだせばいいです。とにかく丸ごとが一瞬です。機械でやるとピンク色ですが、このおろし器だと赤です。とまと本来の色、つまり残っているということ、本来の味が。ま、やり方はどのようにでも、簡単ですから、これっと言ったこともなく、いい感じにすりおろせばそれでおいしい、おろし器だと洗うの簡単ですよ、機械は大変ですからね、この簡単な朝には、おろし器が重宝しますよ。エネルギー節約。人も電気も。

初回はすでにおろし器は完売していまして、入荷を待っています。早ければ今週、遅くとも来週後半には店頭にきます。

われながらいいものを再発見したと思っています。店頭なら詳しくご説明できます。

いろんなレシピがありますので、素材のね、またご紹介していきます。

選ぶ理由は、まずお作りになられている会社のご姿勢、今回はそこから入って、そして製品、製品の素晴らしさ、そして製品デザインを含めて、パッケージデザインを含めて梱包・環境対応とかの素晴らしさ、そしてレシピを含めての使用に関する情報の多さ、そしてすり鉢とおろし器のみを専用生産をされているといういさぎよさ。ないですね、島根県!しまねっこ。

草ちゃんのガラス、氷を浮かべるとトマトがいい感じに冷えて、粗挽きの胡椒とオリーブオイル 濃度の水分も氷が溶けて行くプロセスで調整されるようにも感じています。おいしいナチュラル MWL STORE

投稿日: 7月 01, 2022

プラスティック・ラブ

カテゴリー: Liberal Arts

先日のNHK-FM達郎三昧ですが、今週土曜日までなんども聴けます。ありがたいです。車で移動の時は携帯をつないでアプリから聞き逃しの音楽というジャンルから放送を選んで聴きます。この381分と42秒あたりからはシティポップの話が始まります。ゲストは竹内まりやさんで、元々は40年前にまりやさんが書き下ろした楽曲です。アレンジなどは達郎さん。達郎さんは自身のコンサートでもこの曲をよくやります、ここでは最初にまりやさんのプラスティック・ラブ、そしてすぐに続けて達郎さん自身自身のライブで歌うプラスティック・ラブが聴けます。これがとてもいいですんよ、NHKならではです。