信楽焼(しがらきやき)

シンプルで美しい佇まいの美術品のような地肌の美しい「信楽焼き」の登場。お正月のおせちからの取り皿に最適です。
陶器と磁器の間に位置付けられて使い易くて、磁器のような冷たさでもなく陶器のようにほっこりしすぎていない、侘び寂びがあります。室町・桃山時代からの伝統です。

信楽焼 (しがらきやき)
信楽焼き(滋賀県甲賀市) の特徴は、素朴さを活かして、日本的な風情を表現するとことに有ります。このため無釉の焼締めが得意で、土の中にある鉄分が赤く発色する火色、自然釉、松灰に長石をほんの少しを加えたビードロ釉薬などが特色です。焼締めは陶磁器の分類上では拓器(せっき・半磁器、焼締めと呼ばれ、陶器と磁器の中間の要素を持つ)であり、古墳時代の須恵器(焼締め)を基に発展してきた技術です。一般的に陶器は素地に吸水性があるので日常生活での用途が限定されるため、釉薬をかけることが一般的です。焼き締めも広義には陶器の一種ですが、高温で焼成する為、硬質で吸水性が少なく仕上がるため施釉しません。このことから、自ずと土その物の特徴を生かした素朴で味わい深い出来上がりとなります。上は信楽六寸織部皿(約18cm)、下、信楽六寸白皿 食卓で最も使い易い寸法。それぞれ ¥3,200-

下は信楽五寸(約15cm)鉢織部、信楽五寸鉢白 それぞれ ¥ 2,400-

美しいものが美しい
MWL STORE

紅茶インストラクター

私どもMWL STOREのメンバーが紅茶インストラクターの資格試験に晴れて合格致しました。(資格交付は来年4月)これにて私どもは3名のスタッフにて、日本茶インストラクター、紅茶インストラクター、そして私が持つ、日本茶アドバイザーと中国茶アドバイザー(中国茶の販売はいたしませんが)、という小さなお店にしては、ハイスペックな店頭になっていると思います。これも初期から真剣にお茶を学び続けていくという基本理念に基づいています。お茶のあるライフスタイルの提案と正しい知識でお茶のご案内を心がけてまいります。まだまだ勉強を続けてまいります。

いくつになっても学び続ける。
MWL STORE

Happy Holiday With yumiko iihoshi porcelain x KIMURA GLASS

お皿のリムの立ち上がりの角度の違いや、
お皿の大きさの少しの違いだけで、
盛り付けたお料理がぐっと映えたり、
またキチンと収まったり、
随分と違って見えます。
またお皿の色とお料理との組み合わせで、
全く違う雰囲気のテーブルになります。
そのお皿の特徴を出すために、
高台もない直線のみの、
いたってシンプルな6つの形状で表現しました。
-yumiko iihoshi porcelain

木村硝子店の定番グラス、コンパクトシリーズの形状からイメージされた本シリーズは、薄く均一な厚みと、リムの立ち上がりのみで表現されたシンプルなもの。シリーズ名のdishes(ディシィーズ)には“皿”という意味だけでなく、“料理”というキーワードも含んでいます。盛り付けた料理が映えるように設計されたプレートとボウルは、いろいろなお料理や使い方で楽しんでいただけるものになっています。

フチ部分は釉薬がかかっておらず、白いラインがデザインのアクセントに。無釉ではありますが、最後に磨きをかけているので、すべすべと手触りもよく、きめ細かいため汚れもつきにくくなっています。またお皿の汚れが気になる場合は、漂白していただくことできれいな状態へ戻ります。

高台のないフラットな形状のため、重ねたときも高さがでず、すっきりと収まります。ボウルの大小は大きな方はざっくりとサラダを盛っても映えます。どさっとパスタを入れて取り分けるスタイルにも。小さいサイズは小鉢使いでも良いですし、取り皿としても。電子レンジ・食洗機も対応です。オーブンはNGなのでご注意ください。

PHOTOS:KIMURA GLASS

MAY LOVE SHINE THIS MERRY CHRISTMAS.
MWL STORE

リセンヌ小路のMWL STOREでございます。

横浜・石川町駅前のリセンヌ小路のMWL STOREでございます。
本日、「揺らぎのガラス」安土草多さんの個展はつつがなく盛況のうちに終了いたしました。草多さんに在廊していただき、沸いた初日から始まり、色んな地域・地方のたくさんのお客様のご来場をいただきましたことに感謝と御礼申し上げます。私たちにとって学びの多い三週間となりました。これらをまた次に生かさせていただくことをお約束して、御礼の言葉とさせていただきます。いつも本当にありがとうございます。

そして、この土日の二日間の新港埠頭のMARINE & WALKでのクリスマス・マーケット催事への出店は、私たちにとって次の新しい時代につながるきっかけを感じる沢山の方達との接点を持つことができました。これまた感謝と御礼を申し上げます。次につながる学びを私自身が現場で直にお客さまを体と目で感じることが出来たことが最大の収穫でございました。厳しい寒さの埠頭の風の中のご来場に御礼申し上げます。

横浜は世界に例を見ないくらいに、海と街が近接した大きな港町、その美しさは何処よりも格別なものがあり、身近なものであります。これからが本当の中区ベイエリアの発展が始まります。美しい横浜にお越しください。

MY HOME TOWN
YOKOHAMA
MWL STORE

埠頭を渡る風を見たのは、クリスマスが似合う街。

横浜で一番横浜らしい商業施設、新港埠頭のMARINE & WALK 本気のロン・ハーマン、良識のマーガレット・ハウエルが出店し、世界のファッションをリードするCOS(COLLECTION OF STYLE)が初期から出店していて、今後の横浜埠頭の発展展開を考えるとそのファッションをリードする唯一の施設だと僕は感じています。横浜の豊かな新しいを埠頭から、これからの老舗の生まれるところ。地元を愛し、地元を育てる、それには行くことが一番です。今日も埠頭は素敵です。

フロマージュ・コンフィチュールの取り扱いを始めました、Happyな味が広がります。完全なる手作りを厳選素材で、無添加のチーズ・スプレッド。幸せな味が明日へと向かわせてくれます。クラッカー、ブレッド、サラダにも、お料理にも、六つのお味をご用意しています、用途は色々。

ハッピー・クリスマス ヨコハマ
MWL STORE

マリン&ウォーク クリスマスマーケット

いよいよ、明日と明後日です、MARINE & WALK でのクリスマスマーケットのイベント。12時から18時までです。これは11月のイメージ、こんな感じのテーブルぐらいのサイズで出ています。石川町ストアにまだない、初お目見えの商品もありますからね。明日はマーガレット・ハウエルさんの前あたりに居ります。

うめはん

昨日関西に用事がありまして、休みを利用して行って来ました。
そしてお約束の一枚を。
5時半に羽田着いた、夜があけたところをパチ。

そして「うめはん」に。
うめはんのこの時期は神。

上から下までを行くのですが、まずはマイセンティールームでお茶、このティーポット。。。ここ大好き。マイセンのホワイトとジノリの皆川さんのと、昔からある野いちごのシリーズは好きですね、白磁では。

神戸のBRETONNE、伊勢丹にもあるのですが、パワーが違う。神戸はフィナンシェ始まりのスイーツ、大阪の粉もん、京都の和菓子、と圧倒する食文化の三都物語。神戸スィーツはすごいな。

イイホシさんのクリスマス催事in うめはん

伊丹から最終便で帰りました、飛行機遅れて遅れて、着いたら羽田に10時過ぎ。雨の羽田はロマンチック。

舞い落ちてきた雪の華が〜 窓の外ずっと、降りやむことを知らずに 僕らの街をそめる。
この街に降り積もってく〜真っ白な雪の華、、、
ことし最初の雪の華、、、

新港埠頭にあるMARINE & WALK のクリスマスマーケットに出展します。

小さなブースでの催しです、ミナトヨコハマの絶景ポイントのMARINE & WALKにちょこっと出展します。
12月8日(土)9日(日) 12時から18時までです。
寒いんでめずらしく男の僕一人のブースです。茶器、お茶など & 食べ物の新作を販売します。とはいえ、マリンウオークは開業した頃から、横浜でも大好きなモール、なぜって海っぺりが暗くなってから横浜らしいから。マーガレット・ハウエルにロン・ハーマンとお店も素敵で今の時代の横浜に相応しいから、スティーヴン・アランが無くなったのは本当に惜しかった、これからなのに。

http://www.marineandwalk-events.jp/xmas-market-2018/

新しい時代へ
MWL STORE