Posted on 1月 25, 2020

スウィート・キャロライン

Posted in Liberal Arts

全豪オープン。これはパパに抱き上げられている昨日の写真。ずっとパパがコーチとしてテニスの世界転戦サーキットの苦楽を共にしてきました。その愛情に応えてきて、とても素直に育ったスウィート・キャロライン。キャロライン・ウォズニャッキさんが昨日の敗戦をもって引退をする。美しいというよりも可愛いというのがぴったりな人、デンマーク人です。僕がキャロラインを意識するようになったのは、全米オープンの一週前に行われる、東海岸ニューヘブン、つまりアイビーリーグのエール大学がある、エール大学のテニスコートで毎年行われるコネティカットオープンで、なんと2008年から2011年までの4年を連続優勝した。私のテニス熱の絶頂期で毎週のテニスの試合をずーっと見ていた頃で、この子の強さを毎年すごいなって思って見ていました。特にニューヘブンという街が好きだったから余計に記憶に残っています。何年目かわからないけれど優勝後のインタビューが始まる頃に大会関係者がアメリカ人にとって心の詩「スウィート・キャロライン」をバックでかけ流し出して、知っていた歌だけに、またキャロラインが本当にスウィート・キャロラインそのままに可愛かった頃なのです、もちろん今もですが、それから彼女が優勝すると必ずスウィート・キャロラインがかかっていましたね。そんな自分にとってのテニス集中していた頃の4年連続優勝していたキャロラインです。その子が引退するのですね、感無量です。人柄の良さが業界でも評判です、是非ウィメンズテニス界のこれからにアドバイスをたくさんしてテニスに関係していただきたいものです。出来ることはたくさんあります。パパの影響が大きすぎるし、パパのことが大好きなキャロラインです。