Posted on 1月 08, 2021

常滑の優れたクリエイティブ

Posted in Liberal Arts

先週ほぼ売れてしまった、常滑の優れたクリエイティブが産地の方々のご協力により追加入荷しています。ありがとうございます。常滑の一線でご活躍の若い人たちに共通して言えることは、しっかりと学んだ基礎があるということ。私はその教育の現場から、優れた師匠の方々たち、そしてそれを育てようとして奔走する、卸問屋さま、また街の協会関係者の方々を現地・常滑でつぶさに見るにつけ、新しいクリエイティブを生む気概が常滑にはあると思うのです。そう常滑愛が。これを大消費地にある私たちが、気持ちをもってご紹介し販売にあたることがそれぞれの役割だと思っています。そうして初めて、「幸せな作品」が「感動する受け取り手」にお届けすることができうると。

一ツ松綾乃
一ツ松綾乃
浜坂尚子
浜坂尚子
浜坂尚子
浜坂尚子
浜坂尚子

Made With Love

Posted on 1月 08, 2021

日本初の常設都市型ロープウエイ

Posted in Liberal Arts

みなとみらいの真ん中を通り、とても景色の美しいであろう海の上を行くロープウエイがこの3月に開業予定で、工事も着々と進んでいるようです。桜木町の駅前からワールドポーターズまで行くみたいです。そこからハンマーヘッド、マリン&ウォーク、煉瓦倉庫街もより近く感じるものになる、待ちのぞまれていたものですね。これでまたみなとみらい地区の観光としての魅力は増します。

馬車道あたりから見た感じ。

Posted on 1月 08, 2021

電通はシニア社員の個人事業主化で企業自体の生きる道を探る。

Posted in Liberal Arts

面白く興味深い記事があったので、私感を含めてご紹介しときます。40歳を超えるともう将来のシニア対象なのだ。シニアの概念も大きく変えなければならないってこと。電通シニア社員の個人事業主化 これは何も個人を守るためだけではない、企業にとっては負担を大きく軽減しながら、とても優秀な人材の知見、知財をつないでおけるということ。ここだ、当然のことながら全ての人が成功し続けるというわけではないのだろうが、さすがに二十年いてそれなりな地位にいた優秀な社員の中にはこのように独立しても、また大きなリターンをその企業にもたらす人も多いだろう、そして個人には生涯現役それにつくことができうる可能性もある。またそれによってそれら全ての取り組みもトータルで見た時に余りあるものを企業側にもたらし報われる可能性が高いように思う。そういう視点で見ること、人を選抜することで、今後10年で企業の成熟をどう生き抜いて行くかの企業自体の道筋もできる。というかもうそれしかないだろう、今の企業の負担を減らすには、二十年などすぐにやってくるから。優秀なシニアに自ら働いてもらい、さらに新しい事業に繋ぐことは難しくはない。なぜなら、その個人がすでに優秀だからだ、そこでふるいにかけられている。優秀な新しいと優れた旧いをミックスすることによって、知見はさらに生かされて成功の確率は高くなる。とは言えまあまずは試して見ることでしょう。この直面している時代だからこそ大事で、この嵐はなかなか終わらないと見る、しばらく続くと考えることが正当となった。今のうちに手を打つべきかなり上位なことではないだろうか。正社員が中核となって動かすという会社の在り方自体を変えて行かなければならない時代がやってきたとも言える。