Posted on 1月 10, 2021

わたしが「ミセス」にこだわる理由。

Posted in Liberal Arts

私が雑誌・ミセスにこだわる理由は、母から受け継いだこれだ。母はミセスが好きだった、その記憶がおぼろげにある、これがあった時代には全く意識はしていなかっただろう、ただ大事なところに大切に置かれていて、全集とかと言ってズラっと並んでいたのはこれだけだったのでやけに記憶が残っていて、そんなに大切なのかと思っていた。ずっと後になって内容を見て、その発見の数々にとてもとても驚いたのだった。

自分には今も続く、この本の影響は大きいのだ。誰にも言いたくもないものだったが、ミセスが休刊となると話が別の次元にいった。
白洲正子のほんとうをご存知だろうか?
コーヒーでなくて、紅茶なのはここから。
今となっては、もう誰も知らない江島 任

文化服装学院出版局の偉大すぎる功績のそのうちのたった一つ。服装は文化なのだ。装苑がんばって、そう装苑となると今度は姉が出てくる。。。

服は文化を作る、これからも。服だけを追いかけても文化じゃない、それを中心とした周りのものが服を生かしてくれる、そして初めて文化になるというものだ。

Posted on 1月 10, 2021

For overseas customers

Posted in Information

Thank you for visiting our website.
Currently our online shop does not accept the order from overseas customers, we only take the order in Japan.
Please accept our apologies for any inconvenience.
However we are preparing to be able to sell overseas our products around spring to summer this year. When it is ready we will post on the SNS.
please follow our SNS / Instagram and kindly keep checking it.

Thank you
MWL STORE
City of Yokohama , Japan

 

Posted on 1月 10, 2021

春・陶泉窯のお雛さま。

Posted in お取り扱い商品, アルチザンな人たち

五条坂の雛祭り3段飾り、今でも五条坂で焼き上げて、一枚一枚を手で絵描きされています。玄関とかの上り口にこれがあってもいいものですね。ご予約にてお受けしております。スタッフにご相談下さい。

飾っても、箸置きとして使ってもよし。
木箱入りで収納もちゃんと出来ます。ずっと持ち続けるものですね。
ミニセット。自分達用に2月、3月に使います。歳時記をとても大事にする京都ならでは、日本人の心、こんな時だから余計に気にかかりますね。ご予約での販売になります、スタッフにご相談ください。

Posted on 1月 10, 2021

招き

Posted in アルチザンな人たち

今年の招き猫ちゃん達、早々と全員が嫁いで行きました。ありがとうございます。また来年です。

京の工芸の里、花背で創り出す希少な招き猫。この子たちサイズも大きいんですけどね。厳選されたうちの子でしたからね、いなくなるとお店も寂しいものです。。。月見るうさこ二匹さんはまだ残ってはります。残り福、なのかなぁ。。同じく花背から来ています。離世とも言います、さすが工芸の里、浮世離れという意味ですかね。(うさこももらわれて行きました1/10)

この子たち2色もこの日にすべてもらわれて行きました。ねこちゃんがよくもらわれる日でした。