Posted on 9月 14, 2020

味な店

Posted in Liberal Arts

平野紗季子さんとおっしゃる文筆家がおられる。類稀なる視点を持っておられます。私が惹かれたのは、この以前の2018年4月のポパイの付録、おまけであります。特にこの「はじめ」という書き出しの部分が今にしみる。この最後のくだり「会いたい人には会えるうちに、食べたいものは食べたいときに、さあどうぞ、おはやめに、お召し上がりください。だって、いつもは、いつまでもじゃないんだから。」スバラシイ、文章じゃあございませんか。

この付録に引っかかったのはこの最後のところ、ロイヤルホストの話であります。我が意を得たり。私はロイヤルホスト好きであります。ここにもありますように、一見ただの外食チェーンにしか見えないのですが、全然違うのです、それは食好きが行けば分かります、変なバイアスを取りのぞいて店に行って、スタッフの対応から出てきた料理の温度まで含めて、そして店を出る時の価格と照らし合わせてみて、というところであります。これを書き出すと果てしなく終わらないからやめとく。とにかく、すごいのだ。そんなロイヤルの関内駅の近くの店が閉店した(閉店したというのは全く持っての私の誤情報でした、すみません!閉店時間が早くて勘違いをしておりました。この場を借りてお詫び訂正いたします。しっかり調べて書きます!9/24 早速次回の催事の打ち合わせで行ってまいりました、秋のメニューが素晴らしいです)この時節柄長く行けてはいなかった、けれど、うちの店が遅くなって、家で作る時間でもないなぁと、そして次の催事の打ち合わせをしたりする時の夕食はロイヤルだった。また長くなりそうだからやめとく。ロイヤルはすごい会社、福岡出身で飛行機の機内食提供の大手でもある、衛生管理の最高レベルを求められる、そしてビジネスやファーストクラスのグルメ需要にも対応する内容の提供もする。さらにコムデギャルソンのカフェの「ローズベーカリー」これはロイヤルの運営だ。これらのことなど後で知ったことであり、それが故のロイヤルホスト好きではない、「レベルの高い食を大衆に届ける」という使命が好きということに、店頭、ロイヤルホストの店頭で感じたからだった。とにかく福岡の食へのこだわりの思想を提供している企業だと感じている。それの関内の店がなくなった。なんということだろう。外食やバー・レストラン・割烹へは行かなきゃならない、定期的に、あの店はどうしているか、それが気になるなら行って欲しいし、来て欲しい。

毎年春になれば東京企画が誌上におどる、東京・首都圏にくる地方からの新社会人や学生の人への応援企画で東京や首都圏を紹介する、とは言えほとんどが東京、後は横浜や川崎だ。でもそれでいい、そういう人たちが横浜に来るまでには何年も要する、東京の魅力を知り尽くすまでにね。
いや、平野さんの才能にびっくり、素晴らしいなぁ、素敵です。本文記事はどれも素晴らしいですよ、この冊子は手に入らないのかもしれないけど。
この裏表紙の宣伝は多分無理やり取りに行ったんじゃないかなぁ、いやもちろんそれがいいんですよ、そうとしか思えないんだけど。この二つの伝説のメニューも平野さんの指定だろう。私ならミックスグリルというところですが。。。まあ、さすがポパイです。これも素晴らしい。

「再現性の低い物語のある店」にこだわる。私はこの言葉が好きだ、自分もそれにこだわる。チェーン店なのだけれどロイヤルもそうなのだよ。チェーン店であるか否かは関係ないのだよ。

Posted on 9月 14, 2020

吉祥寺へ

Posted in Liberal Arts

マーガレットさんのカフェ&ショップへ遊びに行ってきました。

ローストビーフのサンドイッチが美味しくて、ボリュームもしっかりありましたよ。
デザートのスポンジケーキ、これも大きさもしっかりあって美味しくて。
ウィメンズの服と家具と家庭用品とそして一階がカフェと、言うことなし。ゆったりとした気分になれます。
いい場所にあるのですよ、また来たいです。